音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity がサブスクライバのメールボックスにボイスメール メッセージを配信できない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は加入者のメールボックスに音声メール メッセージを提供することができない Cisco Unity サーバで問題を解決する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity バージョン 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Error:800404DC

この問題のシナリオ例は 2 つの Cisco Unity 4.0 サーバが同じサービス・アカウントと同じドメインで Exchange 2003 年と(UnityDirSvc および UnityMsgStoreSvc)動作するときあります。 サーバの 1 つはドメインコントローラ(DC)であり、2 人のサブスクライバはアクティブ ディレクトリ(ユーザ A および B)ユーザで作成されます。 1 人のサブスクライバは各 Cisco Unity サーバでインポートされます。 プライマリ 位置は両方のサーバで設定 され、検索スコープはダイヤル ドメインに設定 されます。 各サブスクライバ電話は割り当てられます。 ユーザ A 電話 ユーザ B はユーザ B メールボックスに音声メール メッセージを、メッセージ渡されません残し、時。 その代りそれは UnityMTA \壊れるフォルダに移動され、イベントログにこのエラーメッセージが現れます:

Message from an unidentified caller <xxxxxxxxxx> to
	 recipient <alias> could not be delivered [Error:800404DC]. It was moved
	 to the failed directory

この問題は Cisco Unity メッセージング リポジトリ(UMR)アカウントにすべてのサブスクライバのための Send As/Receive As 権限がないと発生します。 結合される Cisco Unity サーバすべてのために 2つ以上のコンテナーからユーザをインポートすることを計画すれば各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ記憶装置サービス・アカウント(UnityMsgStoreSvc)はユーザがフォレストの各 Cisco Unity サーバでインポートされる、または識別されたサブスクライバ メッセージングは Cisco Unity サーバの間ではたらかないかもしれません各コンテナーの権限として送信を許可する必要があります。 たとえば、CiscoUnityServer1 が Container1 および Container2 からユーザをインポートすれば、そして CiscoUnityServer2 が Container3 および Container4 からユーザをインポートすれば、各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ記憶装置サービス・アカウントはすべての 4 つのコンテナーのための権限として送信がなければなりません。

注: 壊れるフォルダに壊れた音声メールメッセージがある場合、Cisco Unity は失敗通知メッセージについてプロンプト表示します。 それはそれが原因 Exchange である場合もありますまたは Cisco Unity はダウンしています。 すべてがアップすれば、壊れるフォルダからのメッセージはインボックスに移動する必要があります。 メッセージがそこにそれでもある場合、まだ壊れるフォルダにであるこれらのメッセージが交付できないし、破損しますことは可能性のあるです。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. すべての Cisco Unity サーバの Cisco Unityサブスクライバが含まれている容器/OU を選択する間、Permissions ウィザードを実行して下さい。 この選択はどこにのために/インポート Cisco Unityサブスクライバ作成したいと思うか Permissions ウィザードがプロンプト表示するときなされます。 設定に加えて権利、Permissions ウィザード メッセージング アカウントのための Send As/Receive As 許可を有効に するべきですディレクトリ サービス アカウントのための追加して下さい/また修正する。 この場合、AvUMRSyncSvr サービスを再開して下さい。

    注:  AvUMRSyncSv サービスを再開する前に壊れる messsages を送信 するためにそれぞれサブスクライバに回復 し、UnityMTA から音声メール メッセージを移動する必要がありましたり\フォルダ UnityMTA フォルダに失敗しました

  2. Cisco Unityサブスクライバのためのコンテナーとして Cisco Unity のインストール時に規定 した Active Directory Users and Computers コンテナーで存在 する Unity_<ServerName> ことを確認して下さい。 実行された Permissions ウィザードによって V つはその容器を Cisco Unity アカウントにその容器上の正しい権利および許可があることを確認するために Permissions ウィザードを指し。 Unity_<ServerName> アカウントが詳細についてはアクティブ ディレクトリにあることを確認します参照して下さい。

  3. AD の権限をリセットする場合、これはまた問題を解決できます。 適切な権限を設定 する方法に関する詳細についてはサブスクライバをインポートするために使用されるアクティブ ディレクトリ コンテナーの権限の設定を参照して下さい。

何人かのサブスクライバに音声メール メッセージを提供することが不可能な Cisco Unity

いくつかの Cisco Unityサブスクライバは Cisco Unity からメッセージを受け取れません。 影響を受けたサブスクライバのためのメッセージを残す試みが試みられるとき、Exchange NDR 5.1.1 メッセージは示すメッセージを残すように試みるユーザに示されます:

The e-mail account does not exist at the organization this message 
was sent to.  Check the e-mail address, or contact the recipient directly
to find out the correct address

解決策

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、C:\CommServer\TechTools に行って下さい。 adsiedit.msc を右クリックし、『Open』 を選択 して下さい

    注: ADSIEdit ツールが開くことができない場合 Cisco Unity サーバにインストールされていなかったことは可能性のあるです。 Cisco Unity バージョン 3.1 および それ 以降に関しては、ADSIEdit ユーティリティは仮定するフォルダ C:\CommServer\TechTools の下の Cisco Unity システムに C で Cisco Unity をインストールしたことを含まれています、: 駆動して下さい。 ADSIEdit.dll をインストールするためにコマンド プロンプトで C:\winnt\system32\regsvr32 c:\commserver\techtools\adsiedit.dll コマンドを入力して下さい: DllRegiserServerin c:\commserver\techtools\adsiedit.dll を成功した読むレスポンス ウィンドウは現われます

  2. ADSIEdit ツールにアクセスするために有効なユーザ名およびパスワードを入力して下さい。

  3. 問題に直面しているユーザの居場所を見つけるためにフォルダを開いて下さい。 ユーザはおそらく Domain NC [...] >...> CN=Users の場所にあると思われます。 ユーザのリストが右のペインで表示するようにそのフォルダをクリックして下さい。

  4. 問題がある右クリックし、『Properties』 を選択 して下さいユーザを。

  5. 特性が表示するために『Optional』 を選択 する選り抜きAttributes タブ選り抜きでは表示するべきプロパティは legacyExchangeDN を選択します。

  6. Value フィールドで完全なストリングをコピーして下さい。 Notepad ファイルまたは別の HTMLエディタのこのストリングを貼り付け、ユーザ ID が @domain 情報が含まれていないことを確かめて下さい。 それが場合、@domain 情報を、アトリビュートを編集し、次に Set ボタンをクリックして下さい編集されたストリングを貼り付けるためにストリングから削除するために。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 72239