セキュリティ : Cisco Security Manager

Cisco Security Manager 起動時の DLL エラーの解決

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Security Manager を起動すると表示される DLL のエラーについて説明します。 Cisco Security Manager は、Windows 2000 サーバ、Windows 2000 Advanced サーバ、Windows 2000 Professional サーバ、および Windows 2003 サーバを含む Windows 2000 プラットフォームにインストールされます。

中央の Cisco Security Manager はファイアウォール、VPN および侵入防御システム(IPS) デバイスのためのデバイスコンフィギュレーションおよびセキュリティポリシーのすべての側面を提供します。 それはまた Quality of Service (QoS)ルーティングおよび簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)のようなセキュリティと厳しく、関連していない詳細設定をサポートします。

Cisco Security Manager はまたモニタリングおよび軽減のための Ciscoセキュリティ モニタリング、分析および応答システム(Mars)を含む Ciscoセキュリティ 管理スイートの一部です。 この製品の機能および強調表示するについて学ぶために Cisco Security Manager 製品を Services ページ参照すれば。 またサーバアプリケーションをインストールし、アップグレードし、ダウングレード、アンインストールし、再インストールする方法についての情報に関しては Cisco Security Manager 3.0.1 のためのインストレーションガイドサーバアプリケーション章をアップグレードし、ダウングレード、アンインストールし、再インストールすることをインストールし、参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Windows 2000 プラットフォームの何れかにインストールされる Cisco Security Manager 3.0.1 に基づいています。

システム要件に関する詳細については Cisco Security Manager 3.0.1 のためのインストレーションガイド必要条件および依存関係 セクションを参照して下さい。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

いくつかの Windows 2000 プラットフォームの何れかの Cisco Security Manager 3.0.1 をリストされ、ここに記述されている起動させる場合の表示できる DLL エラー:

  • このアプリケーションは開始しませんでした WINMM.dll が見つけられなかったので。 アプリケーションの再インストールはこの問題を解決するかもしれません。

    dll-errors-csm-1.gif

  • このアプリケーションは開始しませんでした WS2_32.dll が見つけられなかったので。 アプリケーションの再インストールはこの問題を解決するかもしれません。

    dll-errors-csm-2.gif

  • このアプリケーションは開始しませんでした ODBC32.DLL が見つけられなかったので。 アプリケーションの再インストールはこの問題を解決するかもしれません。

    dll-errors-csm-3.gif

注: Cisco Security Manager を再インストールする前にインストールのための準備チェックリストを通過して下さい。

原因

これらの DLL エラーは Cisco Security Manager がオペレーティング システムより別のドライブでインストールされている場合現われることができます。

解決策

この問題を訂正するためにこれらのソリューションの 1 つを試して下さい:

  • casusers に必要な DLL にアクセスする権限があるようにマシンのローカル管理者グループに casusers グループを追加して下さい。 これを達成するために > ローカルユーザ Start > Programs > Administrative Tools > Computer Management の順に選択 し、> Groups をグループ化しcausers を右クリックし、グループに『Add』 を選択 します。

  • オペレーティング システムがインストールされている Windows マシンの論理ドライブの Cisco Security Manager をアンインストールし、次に再インストールして下さい。

クライアント システムまたはサーバの Ciscoセキュリティ マネージャ関連のソフトウェアアプリケーションをインストールするか、アンインストールするか、または再インストールするとき Cisco セキュリティ エージェントの独立型を含んで発生するかもしれない問題を解決するのを助けることができる Cisco Security Manager 3.0.1 のためのインストレーションガイドトラブルシューティングについて記述されている個所を詳細については参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 72132