Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco インターフェイス カード

ルータのインターフェイスとモジュールの問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2006 年 12 月 7 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ルータのインターフェイスとモジュールのトラブルシューティングに役立つ情報を提供しています。 このドキュメントでは、さらに問題の原因も取り上げており、問題をトラブルシュートし、判別して、これを解決する基本的な手順についても説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は 2600、2800、3600、3700、3800、7200 シリーズのルータに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメント内で使用されているデバイスはすべて、クリアな設定(デフォルト)から作業を始めています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

シスコのルータの大多数はモジュラ型アクセス デバイスで、多様なネットワーク モジュールを接続する多くのスロットが備わっています。 ルータ モジュールに共通する問題には、次のようなものがあります。

  • モジュールが認識されない。

  • ルータがクラッシュする。

  • ルータがブートしない。

  • ルータがハングする。

このドキュメントでは、モジュールの問題をトラブルシュートし、判別して、さらに切り分けを行う基本的な手順を紹介しています。 さらに、よくある問題とそのソリューションも示されています。

基本的なトラブルシューティングの手順

モジュールが認識されない

ルータのインターフェイスとモジュールに関するよくある問題の 1 つは、ルータで認識されないという問題です。 次の簡単な手順が、モジュールの問題の判別と解決に有効です。

  • ネットワークデバイスのためのハードウェア情報を確認するために、EXEC か特権EXECモードで show diag コマンドを使用して下さい。

    Router# show diag
    3725 Backplane EEPROM:
    	PCB Serial Number        : JAE0821JA9S
    	Processor type           : 61 
    	Top Assy. Part Number    : 800-16147-02
    	Board Revision           : D0
    	Fab Part Number          : 28-4226-06
    	Deviation Number         : 65535-65535
    	Manufacturing Test Data  : FF FF FF FF FF FF FF FF 
    	RMA Number               : 255-255-255-255
    	RMA Test History         : FF
    	RMA History              : FF
    	Chassis Serial Number    : JMX0836L10L
    	Chassis MAC Address      : 0011.218d.dd30
    	MAC Address block size   : 48
    	Field Diagnostics Data   : FF FF FF FF FF FF FF FF 
    	Hardware Revision        : 0.1
    	Number of Slots          : 2
    	EEPROM format version 4
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x00: 04 FF C1 8B 4A 41 45 30 38 32 31 4A 41 39 53 09
    	  0x10: 61 40 02 59 C0 46 03 20 00 3F 13 02 42 44 30 85
    	  0x20: 1C 10 82 06 80 FF FF FF FF C4 08 FF FF FF FF FF
    	  0x30: FF FF FF 81 FF FF FF FF 03 FF 04 FF C2 8B 4A 4D
    	  0x40: 58 30 38 33 36 4C 31 30 4C C3 06 00 11 21 8D DD
    	  0x50: 30 43 00 30 C5 08 FF FF FF FF FF FF FF FF 41 00
    	  0x60: 01 01 02 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    Slot 0:
    	C3725 Mother board 2FE(TX)-3W Port adapter, 4 ports
    	Port adapter is analyzed 
    	Port adapter insertion time unknown
    	EEPROM contents at hardware discovery:
    	PCB Serial Number        : JAE0821JA9S
    	Processor type           : 61 
    	Top Assy. Part Number    : 800-16147-02
    	Board Revision           : D0
    	Fab Part Number          : 28-4226-06
    	Deviation Number         : 65535-65535
    	Manufacturing Test Data  : FF FF FF FF FF FF FF FF 
    	RMA Number               : 255-255-255-255
    	RMA Test History         : FF
    	RMA History              : FF
    	Chassis Serial Number    : JMX0836L10L
    	Chassis MAC Address      : 0011.218d.dd30
    	MAC Address block size   : 48
    	Field Diagnostics Data   : FF FF FF FF FF FF FF FF 
    	Hardware Revision        : 0.1
    	Number of Slots          : 2
    	Product (FRU) Number     : C3725-2FE
    	EEPROM format version 4
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x00: 04 FF C1 8B 4A 41 45 30 38 32 31 4A 41 39 53 09
    	  0x10: 61 40 02 59 C0 46 03 20 00 3F 13 02 42 44 30 85
    	  0x20: 1C 10 82 06 80 FF FF FF FF C4 08 FF FF FF FF FF
    	  0x30: FF FF FF 81 FF FF FF FF 03 FF 04 FF C2 8B 4A 4D
    	  0x40: 58 30 38 33 36 4C 31 30 4C C3 06 00 11 21 8D DD
    	  0x50: 30 43 00 30 C5 08 FF FF FF FF FF FF FF FF 41 00
    	  0x60: 01 01 02 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    	WIC Slot 1:
    	Unknown WAN daughter card
    	WIC module not supported/disabled in this slot
    	Hardware Revision        : 3.0
    	Part Number              : 73-5797-03
    	Board Revision           : A0
    	Deviation Number         : 0-0
    	Fab Version              : 02
    	PCB Serial Number        : FOC07160WZ2
    	RMA Test History         : 00
    	RMA Number               : 0-0-0-0
    	RMA History              : 00
    	Top Assy. Part Number    : 800-09311-03
    	Connector Type           : 01
    	Chassis MAC Address      : 0004.dd0d.798c
    	MAC Address block size   : 1
    	Product (FRU) Number     : PA-A2-4T1C-T3ATM=
    	EEPROM format version 4
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x00: 04 FF 40 00 39 41 03 00 82 49 16 A5 03 42 41 30
    	  0x10: 80 00 00 00 00 02 02 C1 8B 46 4F 43 30 37 31 36
    	  0x20: 30 57 5A 32 03 00 81 00 00 00 00 04 00 C0 46 03
    	  0x30: 20 00 24 5F 03 05 01 C3 06 00 04 DD 0D 79 8C 43
    	  0x40: 00 01 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x50: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x60: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    	WIC Slot 2:
    	T1 (2 port) Multi-Flex Trunk (Drop&Insert) WAN daughter card
    	Hardware revision 1.0         	Board revision B0
    	Serial number     22688207  	Part number    800-04614-02
    	FRU Part Number     VWIC-2MFT-T1-DI=  
    	Test history      0x0         	RMA number     00-00-00
    	Connector type    PCI
    	EEPROM format version 1
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x20: 01 24 01 00 01 5A 31 CF 50 12 06 02 00 00 00 00
    	  0x30: 58 00 00 00 01 01 18 00 FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    Slot 1:
    	High Density Voice Port adapter
    	Port adapter is disabled 
    	Port adapter insertion time unknown
    	EEPROM contents at hardware discovery:
    	Hardware Revision        : 1.1
    	Top Assy. Part Number    : 800-03567-01
    	Board Revision           : G0
    	Deviation Number         : 0-31106
    	Fab Version              : 02
    	PCB Serial Number        : JAB0613089J
    	RMA Test History         : 00
    	RMA Number               : 0-0-0-0
    	RMA History              : 00
    	Product (FRU) Number     : NM-HDV=
    	EEPROM format version 4
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x00: 04 FF 40 00 CC 41 01 01 C0 46 03 20 00 0D EF 01
    	  0x10: 42 47 30 80 00 00 79 82 02 02 C1 8B 4A 41 42 30
    	  0x20: 36 31 33 30 38 39 4A 03 00 81 00 00 00 00 04 00
    	  0x30: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x40: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x50: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x60: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    	HDV SIMMs: Product (FRU) Number: PVDM-12=
    	 SIMM slot 0: Empty.
    	 SIMM slot 1: Empty.
    	 SIMM slot 2: Empty.
    	 SIMM slot 3: Empty.
    	 SIMM slot 4: Empty.
    
    Slot 2:
    	4 PORT Voice PM for MARs Port adapter
    	Port adapter is analyzed 
    	Port adapter insertion time unknown
    	EEPROM contents at hardware discovery:
    	Hardware revision 1.1         	Board revision B0
    	Serial number     10379472  	Part number    800-02491-02
    	FRU Part Number     NM-2V=            
    	Test history      0x0         	RMA number     00-00-00
    	EEPROM format version 1
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x00: 01 65 01 01 00 9E 60 D0 50 09 BB 02 00 00 00 00
    	  0x10: 58 00 00 00 98 09 13 17 FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x20: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    	  0x30: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    	VIC Slot 0:
    	FXS Voice daughter card (2 port)
    	Hardware revision 1.1         	Board revision F0
    	Serial number     16172601  	Part number    800-02493-01
    	FRU Part Number     VIC-2FXS=         
    	Test history      0x0         	RMA number     00-00-00
    	Connector type    Wan Module
    	EEPROM format version 1
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x20: 01 0E 01 01 00 F6 C6 39 50 09 BD 01 00 00 00 00
    	  0x30: 78 0E F2 00 99 10 11 01 FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    	VIC Slot 1:
    	FXO Voice daughter card (2 port)
    	Hardware revision 1.1         	Board revision K0
    	Serial number     27584010  	Part number    800-02495-01
    	FRU Part Number     VIC-2FXO=         
    	Test history      0x0         	RMA number     00-00-00
    	Connector type    Wan Module
    	EEPROM format version 1
    	EEPROM contents (hex):
    	  0x20: 01 0D 01 01 01 A4 E6 0A 50 09 BF 01 00 00 00 00
    	  0x30: A0 00 00 00 02 05 09 01 FF FF FF FF FF FF FF FF
    
    
    
    
  • そのモジュールの情報が show diag コマンドで表示されない場合は、そのハードウェアをいったん取り外してから、再度、取り付けてください。 そのモジュールを別のスロットに取り付けてもかまいません。 いくつかのモジュールはホットスワップ対応ではないです; モジュールをインストールした後ルータをリロードして下さい。

  • show diag コマンドではモジュールのハードウェア情報が表示されるのに、show run や show IP interface brief の出力にはそのモジュールのインターフェイスが表示されない場合は、そのハードウェアのインストール マニュアルを調べてください。 一部のモジュールでは、インストール後にルータの設定が必要です。

  • show diag 出力では、Slot0 の WIC 0 の下でエラーメッセージに注意して下さい。 それはこのスロットでサポートされない/ディセーブルにされる「未知 WAN ドータ カード」「WIC モジュールとして表示する」。 これは非互換ハードウェアの問題である可能性があります。 モジュールがルータによってサポートされることをルータおよびサポートされたモジュール セクションを確認して下さい; またそのモジュールがあるようにサポートされた IOSバージョンを確認して下さい。

注: ルータをコールド リブートする際には、20 秒以上待ってからデバイスの電源投入を行うことを推奨します。

ルータとサポート対象モジュール

次のリンク先に、ルータでサポートされる関連インターフェイスとモジュールが示されています。 関連インターフェイスとモジュールのデータ シートには、サポート対象の IOS バージョンも記述されています。

高度統合 モジュール

シスコのモジュラ型アクセス ルータには、3 タイプの異なった AIM が使用できます。 これらの AIM モジュールは Cisco 音声及びセキュリティソリューションの幅広いポ-トフォリオを補い、企業およびサービスプロバイダーがルータの ATM、セキュリティおよび音声ソリューションを設定することを可能にします。

  • AIM-ATM と呼ばれる:ATM AIM: AIM-ATM により、WAN に asynchronous transfer mode(ATM)サービスが提供されます。

  • AIM-VOICE-30 と呼ばれる音声 AIM: AIM-VOICE-30 により digital signal processor(DSP)サービスが提供され、最大で 30 のミディアム コンプレキシティの音声チャネルか、最大で 16 のハイ コンプレキシティの音声チャネルをサポートできます。

  • AIM-ATM-VOICE-30 と呼ばれる音声と ATM の AIM: AIM-ATM-VOICE-30 では、1 つの AIM モジュールに AIM-ATM モジュールの機能と AIM-VOICE-30 モジュールの機能が統合されています。

  • AIM-CUE と呼ばれるボイス メール AIM: AIM-CUE では、ユーザに Cisco Unity Express ボイス メールボックスを提供しています。

  • AIM-VPN/SSL-2 または AIM-VPN/SSL-3 と呼ばれる VPN と SSL の AIM: AIM-VPN/SSL では、IP Security(IPSec)と Secure Sockets Layer(SSL)の両方による Web と VPN の展開でのバーチャル プライベート ネットワーク用に、シスコのサービス統合型ルータ プラットフォームが最適化されます。

このセクションでは、音声モジュールとインターフェイス カードに関する共通の問題をいくつか取り上げています。 問題をルータのモジュールと回線に切り分ける上での重要な手順の 1 つが、ループバック テストの実行です。 ループバック テストで回線をテストするには、『T1/56K 回線のループバック テスト』をお読みください。

注: AIM-ATM では、最小限の IOS 機能セットとして IOS Plus が必要です。 『AIM-ATM、AIM-VOICE-30、AIM-ATM-VOICE-30 モジュール』で要件とサポートを参照してください。

注: コンパクト フラッシュをインストールできるのは、AIM-VPN モジュールだけで、AIM-ATM カードにはインストールできません。

AIM スロットのクロック ソースの問題

Cisco 2691、3660、3700、3800 の各ルータには AIM スロットが 2 つあります。 IMA グループを 2 つ作成する場合、ハードウェア上の制限により、2 つの異なったクロック ソースは使用できません。 ハードウェアの設計上、AIM スロットは両方とも同じクロック ドメインに属しています。 この例はポート 0/2/0 および 0/2/1 が IMAグループ 0 で設定される、ポート 0/3/0 および 0/3/1 は IMAグループ 1.で設定されますことを示したもので。 またクロックの内部でソースをたどるために IMAグループ 0 (AIM slot0)のポートが設定されるおよび IMAグループ 1 のポートわかりますことが(行からクロックのソースをたどるために AIM スロットは 1)設定されます。 ハードウェア上の制限のため、インターフェイス ATM0/IMA1 は起動状態にはなりません。

Router# configure terminal
Router(config)# controller T1 0/2/0
Router(config-controller)# mode atm aim 0
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal

Router(config)# controller T1 0/2/1
Router(config-controller)# mode atm aim 0
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal

Router(config)# controller T1 0/3/0
Router(config-controller)# mode atm aim 1
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source line primary

Router(config)# controller T1 0/3/1
Router(config-controller)# mode atm aim 1
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source line primary
Router# show ima int br
Interface ATM0/IMA1 is down
        Group index is 11
        Ne state is insufficientLinks, failure status is insufficientLinksNe
    IMA Group Current Configuration:
        Tx/Rx minimum required links 1/1
        Maximum allowed diff delay is 25ms, Tx frame length 128
        Ne Tx clock mode CTC, configured timing reference link ATM0/0
        Test pattern procedure is disabled
    IMA Group Total Counters (time elapsed 0 seconds):
        0 Tx cells, 0 Rx cells
        4 Ne Failures, 6 Fe Failures, 1735406 Unavail Secs
    IMA link Information:
        Link     Physical Status        NearEnd Rx Status      
        ----     ---------------        -----------------      
        ATM0/3/0 up                     active                 
        ATM0/3/1 up                     active

この問題を解決するために、1 ソースからクロックを得るためにルータを設定して下さい。 サービス プロバイダーでクロッキングが供給されている場合は、すべてのポートが回線からのクロックをソースとするように設定します。 ATM ポイントツーポイントの場合は、サービス プロバイダーで供給されるクロッキングはありません。 この場合は、一端では内部クロックをソースとするように設定し、他端では回線からのクロックをソースとするように設定します。

Router(config)# controller T1 0/2/0
Router(config-controller)# mode atm aim 0
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal
!
Router(config)# controller T1 0/2/1
Router(config-controller)# mode atm aim 0
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal
!
Router(config)# controller T1 0/3/0
Router(config-controller)# mode atm aim 1
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal
!
Router(config)# controller T1 0/3/1
Router(config-controller)# mode atm aim 1
Router(config-controller)# framing esf
Router(config-controller)# linecode b8zs
Router(config-controller)# clock source internal

AIM-VPN/SSL が認識されない

AIM-VPN/SSL モジュールがインストールされたシスコのルータでも、暗号化は AIM ではなくメイン プロセッサで実行できます。 これにより、ルータで CPU 使用率が高くなる可能性があります。 この理由には、ハードウェアとソフトウェアの非互換問題、不適切に取り付けられた AIM、故障 AIM、バックプレーンでのハードウェア障害が考えられます。

show crypto engine config コマンドの出力は、この問題の原因判別に有効です。

これは不正確な Cisco IOS が付いている show crypto engine config コマンド出力の例ですか。 インストールされるソフトウェア:

Router#show crypto engine config

crypto engine name: unknown
crypto engine type: software
serial number: 59E1C9F9
crypto engine state: installed
crypto engine in slot: N/A

次は、取り付けが不十分な AIM の例(設定の 16 進数の値がすべて 0 になっています)です。

Router#show crypto engine config

crypto engine name: Virtual Private Network (VPN) Module
crypto engine type: hardware

Configuration: 0x000000000000000000000000
: 0x000000000000000000000000
: 0x000000000000000000000000
: 0x000000000000000000000000
CryptIC Version: 000.000
CGX Version: 000.000
CGX Reserved: 0x0000
PCDB info: 0x0000 0x0000 0x0000
Serial Number: 0x0000000000
: 0x0000000000
DSP firmware version: 000.000
DSP Bootstrap Version: 000.000
DSP Bootstrap Info: 0x0000

Compression: No
3 DES: Yes
Privileged Mode: 0x0000
Maximum buffer length: 4096
Maximum DH index: 0470
Maximum SA index: 0940
Maximum Flow index: 1880
Maximum RSA key size: 0000

次の段階的な手順は問題の解決に有効です。

  • Cisco IOS ソフトウェア バージョンが AIM と 互換性があることを確認するために Software Advisor 登録ユーザのみ)のハードウェア登録ユーザのみ)セクションのためのソフトウェアサポートを参照して下さい。 さらに、Data Encryption Standard(DES)あるいは Triple Data Encryption Standard(3DES)イメージがロードされているかどうかを調べます。 イメージ名には、DES の場合は「56i」、3DES の場合は「k9」のいずれかが含まれます。 これは DES イメージの例です; c2600-js56i-mz.121-5.T9.bin は DES イメージです。

  • AIM 取り付けなおします。 完全なインストール指示に関しては、AIM インストール クイックスタートガイドを参照して下さい: Cisco 2600, 3600 および 3700 シリーズ

  • カードが今正しく検出することを確認するために、show crypto engine config コマンドを発行して下さい。 crypto engine type 行でハードウェアを読み取り、設定フィールドに有効な 16 進数の数値が入ります。 AIM に関するコマンド出力例を次に示します。

    router#show crypto engine config
    
    crypto engine name: Virtual Private Network (VPN) Module
    crypto engine type
    : hardware
    
    Configuration: 0x000109010F00F00784000000
    : 0xA2112AB1AB68BA9C3992D377
    : 0x295801AF4A12EFD108000300
    : 0x00000000D78312B12546464B
    CryptIC Version: 001.000
    CGX Version: 001.009
    CGX Reserved: 0x000F
    PCDB info: 0x07F0 0x0084 0x0000
    Serial Number: 0x11A2B12A68AB9CBA9239
    : 0x77D35829AF01124AD1EF
    DSP firmware version: 000.008
    DSP Bootstrap Version: 000.003
    DSP Bootstrap Info: 0x0000
    Compression: No
    3 DES: Yes
    Privileged Mode: 0x0000
    Maximum buffer length: 4096
    Maximum DH index: 0470
    Maximum SA index: 0940
    Maximum Flow index: 1880
    Maximum RSA key size: 0000
    
    Crypto Adjacency Counts:
    Lock Count: 0
    Unlock Count: 0
  • Configuration フィールドの数値が 0 のままである場合は、AIM かマザーボードのいずれかが故障しているので、交換する必要があります。

IMA 最小リンクが機能していない

T1 ポートを IMA グループにグループ化してあると、ポートのいずれか 1 つがダウンすると、ATM0/IMA0 インターフェイス全体がダウンします。 ima active-minimum-links X コマンドでルータを設定することもできます。この場合 X は T1 ポートの数を表し、X 件のリンクがダウンした場合にのみ ATM0/IMA0 インターフェイスがダウンします。 たとえば、ima active-minimum-links 3 と設定してあると、T1 ポートが 3 つダウンすると、ATM0/IMA0 インターフェイスがダウンします。 12.3 のメインライン ソフトウェアが稼働するシスコのルータでは、一部のサードパーティ製の ATM スイッチとの間で相互運用性の問題が発生する可能性があります。 この場合、ima active-minimum-links 3 と設定してあっても、3 つの T1 ポートの 1 つでもダウンすると、ATM0/IMA0 インターフェイスがダウンします。 この問題は不具合 CSCeg09359登録ユーザのみ)で不具合で述べられるリリースに Cisco IOS をアップグレードする場合文書化されています、解決されます。

IMA インターフェイスがフラッピングする

2600/3600/3700 ルータにインストールされた ATM Advanced Integration Module(AIM)のモジュールでは、適切に動作するために特定のクロッキング設定が必要です。 これが適切に設定されていないと、T1/E1 コントローラと IMA(Inverse Multiplexing; 逆多重化)リンクでエラーが発生し、さらにグループで連続的にフラッピングが発生します。

通常は次のように、インターフェイスと Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定回線)でプラッピングが発生したことが表示されます。

%ATM-5-UPDOWN: Interface ATM0/IMA0.1, Changing autovc 1/90 to PVC deactivated.
%ATM-5-UPDOWN: Interface ATM0/IMA0.1, Changing autovc 1/90 to PVC activated.

show controllers T1 コマンドか show controllers E1 コマンドを発行すると、Slip Secs を報告するエラーを確認できます。

show controllers E1 コマンドの出力例を次に示します。

E1 0/1 is up.
  Applique type is Channelized E1 - balanced
  No alarms detected.
  alarm-trigger is not set
  Version info Firmware: 20020812, FPGA: 11
  Framing is CRC4, Line Code is HDB3, Clock Source is Line.
  Data in current interval (363 seconds elapsed):
     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
     85 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
     85 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
  Total Data (last 88 15 minute intervals):
     1 Line Code Violations, 2536 Path Code Violations,
     18319 Slip Secs, 86 Fr Loss Secs, 1 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
     18319 Errored Secs, 1 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 87 Unavail Secs

この問題を解決するために、インストールされている各 WIC および AIM モジュールのためのネットワーククロックソースおよび参加を設定して下さい。 パケットの音声とビデオは時間遅延に大きく影響されます。 不一致およびデータ スリップを防ぐために、ネットワーク クロックとして知られている単一 クロック ソースへのデータフローを同期して下さい。 ゲートウェイでネットワーク クロックが設定されると、ルータでは T1 か E1 のポートの 1 つで外部からのクロック供給を受けます。次に、このクロック シグナルがバックプレーンで他の WIC やネットワーク モジュール スロットの T1 や E1 のポートに渡されます。 ネットワーク クロッキングに参加するネットワーク モジュールとインターフェイス カードの名前を指定すると、ゲートウェイでのネットワーク クロックの使用が設定されます、次に、ネットワーク クロックのタイミング送出のソースとなるコントローラを選択します。

ネットワーク クロックでは、ソースからのタイミングは、コントローラ経由で AIM に供給されてから、参加するスロットすべてに送出されます。 Cisco 2600 シリーズのルータでは内部 AIM スロットが 1 つサポートされており、Cisco 3660 ルータでは内部 AIM スロットが 2 サポートされています。 AIM スロットはメインのシステム バスと、ネットワーク モジュール スロット間のセカンダリ時分割多重(TDM)バスの両方に接続されており、Cisco 2600 シリーズでは、WAN インターフェイス カード(WIC)スロットに接続されています。

たとえば、AIM-ATM モジュールが 1 つと、IMA に VWIC が 2 つ備わった 2600 シリーズのスイッチでは、次のように設定します。

network-clock-participate wic 0
network-clock-participate wic 1
network-clock-select 1 T1 0/0

2611、2621、2651 では AIM スロットが 1 つだけ備わっているため、network-clock-participate aim 0 は不要です。 2691、3600、3700 では、インストールされている各 AIM-ATM モジュールに対して network-clock-participate aim X コマンドも必要です。 詳細は、『Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3660 のための AIM-ATM、AIM-VOICE-30 および AIM-ATM-VOICE-30』を参照してください。

マルチフレックストランク 音声および WAN インターフェイス カード

VWIC-1MFT-T1、VWIC-2MFT-T1 ハードウェアのインストール

Cisco 1 ポート/2 ポート T1/E1 マルチフレックス音声/WAN インターフェイス カード(Multiflex VWIC)では、Cisco 2600、2800、3600、3700、3800 マルチサービス ルータで音声とデータのアプリケーションをサポートしています。 show running-configuration や show interfaces の出力での ATMx/y や Serial 0/0:0 のように、ルータのインターフェイスが表示されないという共通の問題があります。 This is normal behavior. ルータにこのカードをインストールすると、ルータのコンフォギュレーション ファイルに Controller T0、T1 などのインターフェイスが表示されます。 これらのインターフェイス カードは他の目的に使用できます。 これらのカードをそれぞれの用途に設定します。 VWIC カードはこの設定例と同じように使用できます。

  • それは他のシリアルインターフェイス カードのような標準 WAN Interface Card として使用することができます。

    Router# configure terminal
    Router(config)#controller T1 0/0
    Router(config-controller)# channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64  [64 | 56]
    
    *Oct 20 13:11:45.230: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/0:0, changed state to do
    wn
    *Oct 20 13:11:46.230: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/0:
    0, changed state to down
    
    Router(config-controller)# framing esf    {sf | esf} 
    Router(config-controller)# linecode b8sz  {ami | b8zs} 
    Router(config-controller)# clock source {line | internal}
    Router(config-controller)# no shutdown
    Router(config-controller)# end
    Router# write
    
    Router# configure terminal
    Router(config)# interface Serial0/0:0
    Router(config-if)# ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
    Router(config-if)# encapsulation hdlc [ppp | frame-relay]
    Router(config-if)# no shutdown
    Router(config-if)# end
    Router# write
  • ATM IMA グループの一部として使用可能です。 この場合、VWIC カードは AIM-ATM ハードウエアモジュールを使用します。

    Router(config)# controller T1 0/0
    Router(config-controller)# mode atm aim 0
    Router(config-controller)# framing esf
    Router(config-controller)# linecode b8zs
    !
    Router(config)# controller T1 0/1
    Router(config-controller)# mode atm aim 0
    Router(config-controller)# framing esf
    Router(config-controller)# linecode b8zs
    !
    Router(config)# interface ATM0/0
    Router(config-if)# ima-group 1
    !
    Router(config)#interface ATM0/1
    Router(config-if)# ima-group 1
    !
    Router(config)# interface ATM0/IMA1
    Router(config-if)# bandwidth 4500
    Router(config-if)# no ip address
    Router(config-if)# atm vc-per-vp 1024
    Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
    !
    Router(config)# interface ATM0/IMA1.100 point-to-point
    Router(config-if)# bandwidth 4500
    Router(config-if)# ip address 172.19.18.26 255.255.255.252
  • 音声インターフェイス カードとして使用可能です。 この場合、VWIC カードは高密度音声ネットワーク モジュール(NM-HDV)を使用します。 『.IP コミュニケーション高密度デジタル音声/ファックス ネットワーク モジュール』の設定例に注意してください。

VWIC2-1MFT-T1/E1、VWIC2-2MFT-T1/E1 ハードウェアのインストール

第 二 世代 1 および 2 ポート T1/E1 マルチフレックストランク 音声/WAN インターフェイス カードをインストールすれば、モジュールのハードウェア情報は show diag コマンドの出力で表示する。 モジュールのインターフェイスは show running-config または show ip interface brief コマンドの出力で表示する。 これらのモジュールでは、インストール後に追加の設定が必要です。 カードタイプ {t1 を発行する必要があります | カードを認識するためにルータを設定する e1} コマンド。 詳細は『第 2 世代の 1 ポート/2 ポート T1/E1 マルチフレックス トランク音声/WAN インターフェイス カード』の設定例を参照してください。

LCV と PCV のエラー

VWIC-2MFT および VWIC-1MFT を使用する場合、コントローラ インターフェイスに太字行とパス コード違反メッセージが表示されます。

Router# show controllers t1 
  T1 0/0/0 is up.
  Applique type is Channelized T1
  Cablelength is long gain36 0db
  Description: 
  No alarms detected.
  alarm-trigger is not set
  Version info Firmware: 20041023, FPGA: 16, spm_count = 0
  Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
  CRC Threshold is 320. Reported from firmware  is 320.
  Data in current interval (571 seconds elapsed):
     46797 Line Code Violations, 9926 Path Code Violations
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 228 Line Err Secs, 8 Degraded Mins
     136 Errored Secs, 108 Bursty Err Secs, 105 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs

次の手順が問題の解決に有効です。

  1. ルータモジュールと行間の問題を特定するためにループバック テストを実行して下さい。

  2. サービス プロバイダーに回線のテストを行わせます。

  3. IOSバージョンが現在の不具合 CSCsb00129登録ユーザのみ)を見つけないことを確認して下さい。

ネットワーク モジュール

NM-1T3/E3 インストールの問題(DS3 カード)

デフォルトでは、 T3 コントローラは show running-config の出力には表示されません。 show run や show interfaces の出力に表示されないカードを表示するには、show version か show diag を使用します。

Router-3745#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 3700 Software (C3745-IK9S-M), Version 12.3(12b), RELEASE SOFTWARE (fc2)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2005 by cisco Systems, Inc.
Compiled Thu 31-Mar-05 18:07 by jfeldhou
Image text-base: 0x60008AF4, data-base: 0x61E20000

ROM: System Bootstrap, Version 12.2(8r)T2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
ROM: 3700 Software (C3745-IK9S-M), Version 12.3(12b), RELEASE SOFTWARE (fc2)

D-R4745-9A uptime is 18 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "flash:c3745-ik9s-mz.123-12b.bin"


This product contains cryptographic features and is subject to United
States and local country laws governing import, export, transfer and
use. Delivery of Cisco cryptographic products does not imply
third-party authority to import, export, distribute or use encryption.
Importers, exporters, distributors and users are responsible for
compliance with U.S. and local country laws. By using this product you
agree to comply with applicable laws and regulations. If you are unable
to comply with U.S. and local laws, return this product immediately.

A summary of U.S. laws governing Cisco cryptographic products may be found at:
http://www.cisco.com/wwl/export/crypto/tool/stqrg.html

If you require further assistance please contact us by sending email to
export@cisco.com.

cisco 3745 (R7000) processor (revision 0.0) with 249856K/12288K bytes of memory.
Processor board ID
R7000 CPU at 350MHz, Implementation 39, Rev 3.3, 256KB L2, 2048KB L3 Cache
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
2 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 Subrate T3/E3 ports(s)
DRAM configuration is 64 bits wide with parity disabled.
151K bytes of non-volatile configuration memory.
62592K bytes of ATA System CompactFlash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102
Router-3745#show ip interface brief
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Prot
ocol
FastEthernet0/0            10.10.50.25     YES NVRAM  up                    up

FastEthernet0/1            unassigned      YES NVRAM  administratively down down

このカードを認識するにはルータの設定が必要です。 この設定例では NM-1T3/E3 カードの設定方法が示されています。 設定情報についての詳細は、ハードウェア インストール ガイドの『T3 用のカード タイプとコントローラの設定』を参照してください。

Router-3745(config)# card type t3 1
Router-3745(config)# exit
*Mar  1 00:24:20.031: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial1/0, changed state to down
*Mar  1 00:24:21.031: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial1/0,
 changed state to down
Router-3745# show ip interface brief
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Prot
ocol
FastEthernet0/0            10.10.50.25     YES NVRAM  up                    up

FastEthernet0/1            unassigned      YES NVRAM  administratively down down

Serial1/0                  unassigned      YES unset  down                  down

イーサネット スイッチング ネットワーク モジュール

インライン パワーの問題

新しい Cisco EtherSwitch サービス モジュール(NME-16ES-1G-P、NME-X-23ES-1G-P、NME-XD-24ES-1S-P、NME-XD-48ES-2S-P のみ)では、Cisco 2800 シリーズあるいは 3800 シリーズのサービス統合型ルータに挿入された場合、Cisco の先行標準と IEEE 802.3af の両方の Power over Ethernet(PoE)サポートを提供しています。 (これには、AC-IP 電源モジュールへのアップグレードが必要です。) 802.3af とは、イーサネット ポートへの電力供給に関する IEEE 標準です。 802.3af の Etherswitch モジュールが追加されてしまうと、PoE の設定はできなくなります。

これは、これらのルータでは PoE 機能の提供にはインライン パワー供給が必要なためです。 Cisco 2800 や 3800 シリーズでは、外部パワー供給オプションは使用できません。 PoE が必要な場合は、内部ルータ電源モジュールを PoE 機能を持つ新しい電源モジュールに交換できます。 PoE 対応の電源モジュールの例としては、PWR-2811-AC-IP=、PWR-2821-51-AC-IP=、PWR-3825-AC-IP=、PWR-3845-AC-IP= があります。 詳細な説明と要件については、『EtherSwitch ネットワーク モジュール』をお読みください。

このハードウェア インストール ガイドでは、Cisco 2800 および 3800 シリーズのルータでの電源モジュールの交換方法が示されています。

シリアル インターフェイスのトラブルシューティング

シリアル インターフェイスのトラブルシューティングに使用する参照リストを示します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71820