音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Active Directory からの Unity サブスクライバの削除

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ある Unity サーバから別の Unity サーバにサブスクライバをインポートするために Cisco Unity Administrator を使用すると失敗します。 これは、サブスクライバが削除されても、Active Directory(AD)から正常に削除されていないサブスクライバ プロパティが原因で発生します。 このドキュメントでは、AD からユーザを削除するために、Remove Subscriber Properties Tool(以前の名前は Bunny Killer)を使用する方法について説明します。

また Cisco Unity ツールから取除サブスクライバ Properties ツールの最新バージョンをダウンロードできます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unity 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity 管理者は AD の別の Cisco Unity サーバからそれらを削除した後新しい Cisco Unity サーバにユーザをインポートすることができません。

インポートする前にサブスクライバを取除いて下さい

Cisco Unityサブスクライバとして Cisco Unityサブスクライバをタグ付けするそれらのプロパティが間違えてそこにないようにサブスクライバをインポートするために、して下さい。 たとえば、Cisco Unity サーバが適切なアンインストールなしでネットワークから取除かれれば、このユーザはまだ Cisco Unityサブスクライバとしてタグ付けされ、Cisco Unity のそれに続くインストールはサブスクライバとしてそのユーザを再度インポートすることができません。

ユニティ サブスクライバの削除のための適切な順序はサブスクライバを最初に Cisco Unity から削除し、次にアクティブ ディレクトリからそれを削除することです。 サブスクライバがアクティブ ディレクトリからだけ削除される場合、Cisco Unity は同期をするが、アクティブ ディレクトリの取除かれたサブスクライバを作り直します。

使用はサブスクライバを取除くためにサブスクライバ Properties ツールを取除きます

取除サブスクライバ Properties ツールは AD アカウントからサブスクライバ プロパティをきちんと取除くことを可能にします。 これらのプロパティが取除かれれば、それらのユーザを再インポートするのに Cisco Unity Admin を使用できます。 Microsoft Exchange 2000 か 2003 年を使用する場合、それらのユーザに対して AD から取除サブスクライバ Properties ツールを実行できます。

このツールを実行するときサービス アカウントとして Cisco Unity サーバにログイン して下さい。 サブスクライバ プロパティを取除くためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ドメイン 管理権限があるユーザアカウントの Cisco Unity サーバにログオンして下さい。

  2. デスクトップ Cisco Unity サーバのツール ターミナルから取除サブスクライバ Properties ツールを起動させれば C:\CommServer\Utilities\RemoveSubscriberProperties\RemoveSubscriberProperties.exe から Cドライブで Cisco Unity をインストールしたと仮定する同じをすることができます。

  3. ユーザが、たとえば、C 見つけられるコンテナーを強調表示して下さい。

  4. 右のペインから、トラブル インポートがあることユーザを選択して下さい。 このユーザと関連付けられる LocationId を見るはずです。

  5. 右クリックして Remove Subscriber Properties を選択します。

  6. 削除を確認するために『Yes』 をクリック して下さい。

    今このサブスクライバに関連付けられる LocationId がないはずで、このサブスクライバは Cisco Unityサブスクライバにインポートされて現在利用できます。 それでも存在 する LocationId にそれから Cisco Unity サーバにログオンされるユーザ十分な特権がなければ。 異なるユーザーと、できればドメイン管理者試みて下さい。

    Cisco Unity データベースのユーザ向けの最後のログイン日付を識別するために、Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に進んで下さい。 それからサーバの下で > サーバの名前 > 最初にユーザがログオンした日付を表示するログオン参照して下さい、> ストレージ グループ > メールボックスストア

サブスクライバを取除くのに ADSIEdit を使用して下さい

取除サブスクライバ Properties ツールに問題があるときだけ ADSIEdit ユーティリティを使用できます。 ADSIEdit ユーティリティの使用についての Cisco Unity のサブスクライバを詳細についてはインポートし、作成することを参照して下さい。

Microsoft Exchange 5.5 を使用する場合ローモードのプロパティを取除いて下さい。 Cisco Unity のサブスクライバをこれを達成するためにインポートし、作成することExchange 5.5 セクションに接続される Cisco Unity バージョン 3.x および それ 以降を参照して下さい。

ユーザを Cisco Unity および AD から削除し、メールボックスを削除して下さい

ユーザを Cisco Unity および AD から削除し、最終的にメールボックスを削除するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity のサブスクライバを捜し、次に Cisco Unity からそれを削除するためにレッド X をクリックして下さい。

  2. Start > Programs > Microsoft Exchange > Active Directory Users and Computers の順に選択 して下さい。

  3. 削除したいと思う AD ユーザを見つけて下さい。

  4. 右クリックし、『Delete』 を選択 して下さい。 削除のためのマーク メールボックスは自動的にチェックされ、『Yes』 をクリック します。

  5. Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に選択 して下さい。

  6. 削除 存在のためにマークされるメールボックスがメールストアにナビゲート する。

  7. 指定メールストアのメールボックスを右クリックし、クリーンアップ エージェントを『Run』 をクリック して下さい。

  8. クリーンアップ エージェントが動作すれば、レッドのそのメールボックスを示します。

  9. 最終的には、レッドのメールボックスを右クリックし、すべてのメッセージが付いているメールボックスを削除するために『Purge』 をクリック して下さい。


関連情報


Document ID: 71777