音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager での混雑状態の ISDN B チャネルの設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ISDN PRI ユーザが発信コールで断続的な速いビシーを経験した場合は、トラブルシューティングの目的で B チャネルを正常にビジーアウト(正常なアウトオブサービス)できます。 この資料に Media Gateway Control Protocol (MGCP)によって制御される T1 または E1 音声ポートのための Cisco Unified CallManager からの busy-out B チャネルにどのように記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.3 に基づいていますが、4.x および 5.x プラットフォームで確認されました。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified CallManager の Busy-Out B チャネル

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

トラブルシューティングを行うのに Cisco Unified CallManager からの busy-out B チャネル段階的にできます。 これは Cisco Unified CallManager 管理者 Webページで設定することができます。 次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified CallManager 管理者 Webページに行って下さい。

  2. [Service] > [Service Parameters] の順に選択します。

  3. サーバをドロップダウン ボックスから選択し、ドロップダウン ボックスから『Cisco CallManager』 を選択 して下さい。

  4. 高度 な サービス パラメータすべてを表示するために『Advanced』 を選択 して下さい。

  5. の下クラスタ 広い パラメータデバイス- PRI および MGCP ゲートウェイ)見出しは、変更 B チャネル メンテナンス ステータス 1 と呼ばれるパラメータの値を入力します(ステータス 2-5 のための同じようなタイトルの 4 つの他のパラメータと)。

    このパラメータは Cisco Unified CallManager がトラブルシューティングのためのリアルタイムの PRI インターフェイスのための個々の B チャネル メンテナンス ステータスを変更するようにします。 このパラメータのための入力 形式はデバイス名 = B チャネル メンテナンス ステータスです。 デバイス名はゲートウェイコンフィギュレーション Webページの上のゲートウェイ名前を完全に一致する必要があります。 たとえば、S0/DS1-0@SDA123456789ABC = 0000 1111 0000 0000 0000 0001 (T1 のための 24 ビット。 チャネル番号は 1 から 24 から左から右へ始まります。 最後の 1 つは影響を受けていない D チャネルを規定 します。 この例では、5th-8th B チャネルはアウト オブ サービスです。) 手動入力間違いを避けるために CallManagerゲートウェイ 設定 ページからこのサービスパラメータにデバイス名をコピー アンド ペーストして下さい。 = 必須およびユニーク デバイス名および B チャネル メンテナンス Status フィールドを区別するためにです。 x がこれらの 1 つである場合もあるところ、B チャネル メンテナンス ステータス = xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx:

    • 0 —稼働中。

    • 1 —段階的 Out Of Service。 アクティブ コール端の後でチャンネルステータスをそのチャネルで存在 する アクティブ コール変更して下さい。

    • 2 —説得力がある Out Of Service。 アクティブ コールを中断 し、ステータスをそのチャネルで存在 する アクティブ コールすぐに変更して下さい。

    システムは無効として他のどの値も扱い、値は実施されません。 x の総数が T1 のための 24 または E1 のための 32 であることを確かめて下さい。 エラーとして扱われる他の無効 な 長さまたはミスマッチ(E1 のための 24) gets およびそのデバイスのために奪取 される操作 gets 無し。

    /image/gif/paws/71647/busy-out-c-chan-ccm-1.gif

    これらの高度 な サービス パラメータを設定する方法の詳細な説明を見つけるために始動にサービスパラメータを状況依存 の ヘルプ選択して下さい。

  6. Cisco Unified CallManager の PRI ゲートウェイコンフィギュレーションを選択し、これらのタスクを完了して下さい:

    • 禁じます PRI 初期化で再起動をチェックを外して下さい。

    • イネーブル ステータス ポーリングをチェックして下さい。

    • 変更が実施されることができるようにゲートウェイを再起動して下さい。

      /image/gif/paws/71647/busy-out-c-chan-ccm-2.gif

注: H.323 に関してはおよび SIP ゲートウェイ、あなた音声ゲートウェイからの CAS または CCS(PRI)トランクのための busy-out B チャネルはまたできます。 詳細については AS5400 ゲートウェイ 設定例の音声 および データコールの TDM スイッチングTroubleshoot セクションを参照して下さい。

注: Cisco バグ ID CSCdx92111登録ユーザのみ)によって文書化されていますように busy-out 5 つ以上のゲートウェイできません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71647