コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

組み込みの数学的要素に -0 または NaN という値が保存される理由

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 5 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、開発者は注意する必要のある組み込みの Math 要素のさまざまな戻り値について説明します。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)および Cisco Unified Call Studio に、ユニバーサル版基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

症状: 組み込み数値演算要素がランタイムに式を評価するのに使用されていますが結果として生じる値は -0 またはナンとして保存されます。

解決策: -0 という値に 0 に普通評価する式の負数によって達する場合があります。 これはエラー状態でし、あらゆるカスタム コードによって処理することができますまたはアプリケーションがこの値を解析するのに使用するデシジョン。

ナンの値は指定された式の評価に問題があったことを意味します。 たとえば、ゼロ除算はナンの値という結果に終ります。 音声 アプリケーションは組み込み数値演算要素を使用する時はいつでも、この値があるように確認する必要があり、コールフローが続くことができるようにそれを処理することはデシジョン要素からの math_error 終了状態の下で適切に、たとえば、終了します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71615