音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity データベースを縮小するための設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity Data Store には複数のデータベースと対応するトランザクション ログ ファイルが含まれています。 Cisco Unity データベース、およびレポートのデータベース、およびそれらのログファイルは、Cisco Unity で最も速くデータが増大する、データ保存ファイルです。

この資料はこれらのデータベースのためのトランザクションログファイルが 1 GB に育ち、ドライブ領域を一杯にした状況の Cisco Unity データベース(UnityDB/ReportDB)を縮めるのに使用できる情報を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity バージョン 4.0 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Unity ユーザは Cisco Unity バージョン 4.0 を使用するとき音声メールを取得できないし、データベース UnityDB/ReportDB のためのログファイルが完全であるエラーメッセージは受け取られます。 この問題はログファイル UnityDB_log が切捨てることができないので Cisco Unity データベースがドライブ領域を一杯にした Cisco Unity が開始しないと起こり。 この問題に関する詳細については Cisco バグ ID CSCeh01218登録ユーザのみ)および CSCdv11908登録ユーザのみ)を参照して下さい。

注: 内部 SCSI、Fibre Channel、または IDE ドライブ以外の物理ドライブはサポートされません。 外部 USB ドライブまたは他の同じようなデバイスの使用は Cisco Unity と併用するためのサポートされません。

注: より大きくなるログファイルを避けるために Exchange をログオンする循環を設定できます。 循環 ロギングが有効に なるとき、データベースに託される古いトランザクションは新しいトランザクションと上書きされます。 これはログファイルの合計サイズが 30 MB に 25 を越えて育つことを防ぎます。 詳細については円ログオン Exchange をこの設定がネットワークのために適切だったかどうか確認するために参照すれば。

Cisco Unity データベースを縮めて下さい

注: データベースを縮める前に、幾日の自動記録器データファイルのためのどんな値一掃間隔がに設定 されるか Unity System Administrator におよび System > Configuration > Settings ページの下で、チェックします行って下さい。 デフォルトは 7 日です。 これが実際に使用中サーバである場合、この値を下げる必要があります。

Cisco Unity データベースがドライブ領域を育て、一杯にするとき、問題を解決するためにデータベースを縮めることができます。 Microsoft Knowledge Base 記事 873235 はleavingcisco.com このプロシージャを文書。

このセクション輪郭 Cisco Unity データベースを縮める方法を。

UnityDB トランザクションログを縮めるために、コマンド プロンプトでこれらのコマンドを入力して下さい:

C:\>osql -E
  1>use unitydb
  1>go
  1>backup log unitydb with no_log
  2>go
  1>dbcc shrinkdatabase(unitydb)
  2>go
  1>exit

ReportDB トランザクションログを縮めるために、コマンド プロンプトでこれらのコマンドを入力して下さい:

C:\>osql -E
  1>use ReportDB
  1>go
  1>backup log ReportDB with no_log
  2>go
  1>dbcc shrinkdatabase(ReportDB)
  2>go
  1>exit

注: Cisco Unity SQL データベースが増加し、ハード ドライブの領域がより多くの領域との別のドライブに SQL データベースを移動するには余りにも限られていれば、またできます。 別の位置にデータベースおよびトランザクションログファイルを移動する方法の情報に関してはデータ ストア データベースおよびトランザクションログファイルの移動を参照して下さい。

注: UnityDB を縮めた後でさえも外部 の 発信者から音声メール メッセージが Outlook/IP 電話に提供されなかったら、問題を解決するために AvUMRSyncSvr サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71554