コラボレーション : Cisco Agent Desktop

Cisco Agent Desktop の手動アンインストール

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境で Cisco Agent Desktop(CAD)を手動でアンインストールする手順について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco IPCC Express

  • CAD

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express バージョン 4.0(x)

  • Cisco Agent Desktop バージョン 6.1(x)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Agent Desktop の手動アンインストール

手動で CAD コンポーネントを取除くためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows タスク バーから、Start > Settings > Control Panel の順に選択 して下さい。

    コントロール パネルは現われます。

  2. ダブルクリック追加/除去 プログラム

    追加は/Properties ダイアログボックスを現われます取除きます。

  3. この順序で Cisco デスクトップアプリケーションを取除くことを推奨します:

    1. デスクトップ管理者、デスクトップ エージェントおよびデスクトップ スーパバイザのようなユーザアプリケ− ション、(矢印 A を、B、の F 1)参照して下さい。

    2. デスクトップ Recording Server、デスクトップ サーバおよびデスクトップ VoIP サーバのようなサーバ、(矢印 D を、E、の G 1)参照して下さい。

    3. デスクトップ ベース(の矢印 C を 1)参照して下さい。

    図 1: 追加/除去 プログラム

    cad-uninstall-1.gif

    注: アプリケーションを取除くことの過程において、システムはシステムをリブートするためにプロンプト表示するかもしれません。 Cisco すべてのデスクトップ ファイルを完全に取除くためにシステムをリブートすることを推奨します。

  4. > Add を Start > Control Panel の順に選択 して下さい/Windows Add/Remove Programs ダイアログボックスにアクセスするためにプログラムを取除いて下さい

    コンピュータでインストールされるプログラムのリストの Cisco デスクトップアプリケーション名前を検索す場合それらを(バージョン番号なしで) HKEY_ LOCAL_MACHINE \システム\ CurrentControlSet の下で\サービス登録位置捜して下さいおよび削除して下さい。

  5. これらのレジストリキーを削除して下さい:

    • HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェアの下で、このキーを削除して下さい:

      Spanlink
    • HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ ODBC \ ODBC.INI の下で、これらのキーを削除して下さい:

      FCRasSvrDB
      FCVoIP
      FCVoIP_sub_1
      FCVoIP_sub_2
      FCVoIP_sub_3
      FCVoIP_sub_4
      SYNC_SERVER_A
      SYNC_SERVER_B
    • HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion の下で\これらのキーをアンインストールして下さい、削除して下さい:

      {1F99B160-BDCE-11D5-84FE-0001031A6A35} (base)
      {2A879B13-E744-11D4-849E-0001031A6A35} (footprint)
      {2DF142C0-11F6-11D4-8770-00105AA752A8} (dir serv)
      {3AFB74C0-527B-11D4-8776-00105AA752A8} (enterprise)
      {3E2F65E8-7773-11D4-8466-0001031C0C0B} (chat)
      {3F2EEAA1-1F49-11D4-8770-00105AA752A8} (voip)
      {4FE45CA0-9E24-11D5-84F4-0001031A6A35} (rascal)
      {536A8CD0-F07E-11D4-849F-0001031A6A35} (telecaster)
      {671EAD40-79FA-11D5-84E8-0001031A6A35} (serv create)
      {7816039C-78FE-11D4-8466-0001031C0C0B} (admin)
      {AEF488C0-5B62-11D5-84E0-0001031A6A35} (doc)
      {B2C70A61-0941-11D4-8770-00105AA752A8} (agent)
      {BF7D7545-3373-11D5-84D1-0001031A6A35} (supervisor)
      {FD3E6760-4B71-11D4-8773-00105AA752A8} (media term)
    • HKEY_LOCAL_MACHINE \システム\ CurrentControlSet \サービスの下で、これらのキーを削除して下さい:

      FastCall Chat Server
      RASCALServer
      Spanlink
      Spanlink FastCall Enterprise Server
      splkldap
      splkldapmon
      SyncServer
      TAIServer
      VoIPMonitorServer
    • デスクトップ サーバがインストール済み自分自身でボックス(共存)、これらのキーを削除して下さい:

      MSSQLServer
      SQLServerAgent
      Tomcat
  6. C:\Program Files\Cisco\common フォルダでは、CADDSKIMgr.cfg および CADIMgr.cfg のようなサフィックス Mgr.cfg のすべてのファイルを、開いて下さい(図の矢印 B を 2)参照して下さい

    図 2: \プログラム ファイル\ Cisco \公有地

    cad-uninstall-2.gif

    たとえば、CADIMgr.cfg でこれらを完了して下さい:

    図 3: CADIMgr.cfg

    cad-uninstall-3.gif

  7. これらのフォルダおよびコンテンツを削除して下さい:

    • C:\Program Files\Cisco\Desktop

    • C:\Program Files\Cisco\IM

    • C:\Program Files\Spanlink

    • C:\Program Files\Cisco\Desktop _Cfg

    • C:\Program Files\Cisco\AudioFiles

  8. C:\Program Files\Installshield インストール情報 フォルダの下で、これらのフォルダを削除して下さい:

    {1F99B160-BDCE-11D5-84FE-0001031A6A35} (base)
    {2A879B13-E744-11D4-849E-0001031A6A35} (footprint)
    {2DF142C0-11F6-11D4-8770-00105AA752A8} (dir serv)
    {3AFB74C0-527B-11D4-8776-00105AA752A8} (enterprise)
    {3E2F65E8-7773-11D4-8466-0001031C0C0B} (chat)
    {3F2EEAA1-1F49-11D4-8770-00105AA752A8} (voip)
    {4FE45CA0-9E24-11D5-84F4-0001031A6A35} (rascal)
    {536A8CD0-F07E-11D4-849F-0001031A6A35} (telecaster)
    {671EAD40-79FA-11D5-84E8-0001031A6A35} (serv create)
    {7816039C-78FE-11D4-8466-0001031C0C0B} (admin)
    {AEF488C0-5B62-11D5-84E0-0001031A6A35} (doc)
    {B2C70A61-0941-11D4-8770-00105AA752A8} (agent)
    {BF7D7545-3373-11D5-84D1-0001031A6A35} (supervisor)
    {FD3E6760-4B71-11D4-8773-00105AA752A8} (media term)
  9. Cisco デスクトップアプリケーションを再インストールするように試みる前にコンピュータをリブートして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71466