スイッチ : Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチ

Catalyst 500 シリーズ スイッチのトラブルシューティング

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法で情報を Cisco Catalyst 500 シリーズ スイッチのよくある 問題を解決する提供したものです。 この資料の目標は Cisco テクニカル サポートに連絡する前にいくつかのよくある 問題を特定および解決するのを、またトラブルシューティングを行うのを助けることです。 適切なトラブルシューティング プロセスに従って特定の診断データを収集できれば、問題の解決に必要な情報が失われることはありません。 また、問題の範囲を限定することで、ソリューションの位置づけが楽になるため、貴重な時間を節約できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Catalyst Express スイッチは 250 人までの従業員をビジネスにネットワーキングに与えます。 これらのスイッチはデータ、音声およびモバイルネットワーク デマンドをサポートするためにネットワークサービスを提供します。 サービスはデータおよび音声トラフィックのための伝送品質および信頼性を確認します。 彼らはまたネットワーク攻撃から保護するためにセキュリティを提供します。 スイッチを単にインストールし、それがそれ以上の管理 介入なしで操作するように許すできます。 また設定し、カスタマイズし、監視し、スイッチの使用を最適化するために switch —解決するのに組み込み ソフトウェア 機能を—ツール迅速かつ簡単に利用できます。

Smartport 役割のための Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチを、VLAN は、EtherChannel 設定し、VLAN 間ルーティングを Cisco Catalyst Express 500 シリーズと行うために Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ 設定例を切り替えましたり、示します。

Catalyst Express 500 トラブルシューティング

このセクションはまた Cisco Catalyst Express に直面される推奨 処置問題を解決するためによくある 問題を 500 のスイッチ持って来。

アクセス可能ではない GUI を切り替えればデバイスマネージャは応答するために非常に遅いですまたは CPU使用率が高い状態

スイッチにおいての最も頻繁に発生問題はデバイスマネージャ(スイッチ GUI)が応答するために非常に遅いまたは完全に unaccessible ことです。 GUI のパフォーマンスはスイッチの CPU サイクルが IP ARP インスペクション プロセスによって利用されると同時に減速しがちです。

IP ARP インスペクション プロセスをディセーブルにし、このパフォーマンス上の問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CE500_New.zip をダウンロードし、直接 Cisco Catalyst Express 500 スイッチに接続される PC/laptop に CE500_New.html ファイルを抽出して下さい。

  2. CE500_New.html ファイルを実行して下さい。

    /image/gif/paws/71441/cexp500-ts_3.gif

  3. Cisco Catalyst Express 500 スイッチの IP アドレスを入力し、『SUBMIT』 をクリック して下さい。

  4. スイッチのユーザ名 および パスワードのためにプロンプト表示されます(もし設定するなら)。

  5. スクリプトはスイッチの IP ARP インスペクションをディセーブルにします。

Windows Vista ホストでスイッチを設定することが不可能

Microsoft Windows Vista OS を実行するホストを接続するとき、IP デフォルト ゲートウェイがによってならないし、こうして CE500 スイッチと通信することができません。

この問題は Windows Vista と Windows XP サービスパック 2 (SP2)間の設計の違いが理由で発生します。 具体的には、Windows XP SP2 で、DHCP ディスカバリ パケットのブロードキャスト フラグは 0 に設定 されます(ディセーブルにされる)。 Windows Vista では、DHCP ディスカバリ パケットのブロードキャスト フラグは無効ではないです。 従って、いくつかの Microsoft 以外 DHCP のサーバは DHCP ディスカバリ パケットを処理できません。

回避策として、Cisco IOS にアップグレードできますか。 Cisco ダウンロード登録ユーザのみ)からダウンロードすることができるソフトウェア リリース 12.2(25)SEG2 または それ 以降。

Windows Vista をある特定のルータまたは詳細については Microsoft 以外 DHCP のサーバ Microsoft ある特定の KB 技術情報からの IP アドレスを得ることができません参照して下さい。

マルチキャストソースアドレス 0100.0ccd.cdcd と生成される ARP要求

この問題は Catalyst Express によって一般にそれらが Hot Standby Router Protocol (HSRP)を設定するネットワークで使用されるとき 500 のスイッチあります。 HSRP スイッチオーバが行われるとき、スイッチはゲートウェイの MAC アドレスとして 0100.0ccd.cdcd と PC クライアントを間違え、PC クライアントはゲートウェイに達できません。 問題は Cisco バグ ID CSCsd16871登録ユーザのみ)で文書化されています。 最新の Cisco IOS にスイッチをアップグレードして下さいか。 不具合によって変化しないソフトウェア リリースこの問題を解決するため。

Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチで動作する Cisco IOS ソフトウェア リリースをアップグレードする方法に関する詳細については Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ ソフトウェア イメージ アップグレード 設定例を参照して下さい。

通知は警戒した LED を回しません

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(25)FY を実行する Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチではあらゆる重大度の問題の状態がスイッチに発生する時はいつでも、アラート LED は光ります。 しかし Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(25)SEG およびそれ以降から、スイッチの重大度 5 (通知)条件はもはやスイッチ フロントパネルの警戒した LED を回しません。 重大度 5 状態はアラート ログおよび Diagnostics レポートにリストされ続けます。

Cisco Catalyst Express と利用可能 な異なる重大度は 500 のスイッチ次のとおりです:

  • 緊急事態(0) —スイッチは使用不可能です。

  • アラート(1) —スイッチは即時処置を必要とします。

  • 重要な(2) —スイッチにクリティカル条件があります。

  • エラー(3) —スイッチにエラー状態があります

  • (4)に警告します—スイッチに警告 の 条件があります。

  • 通知(5) —スイッチは正常に動作しますが、注意すべき状態があります。

チェックをモニタリングアラート ログ セクション- Catalyst Express のためのユーザガイド 500 のスイッチ、警戒したログ詳細については 12.2(25)FY 参照して下さい。

Cisco Unified CallManager は Cisco 音声 VLAN で設定することができません

Cisco Unified CallManager および他の音声関連サーバは Cisco 音声 VLAN の一部として設定できません。 設定は GUI によって拒否され、このエラーメッセージは表示されます:

Error:
Only ports applied with the IP Phone+Desktop port 
role can be members of the Cisco-Voice VLAN

この問題は Cisco バグ ID CSCsc83027登録ユーザのみ)で文書化されています。 この不具合の影響を受けない最新版の Cisco IOS ソフトウェア リリースにアップグレードすることで、この問題は解決されます。

Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチで動作する Cisco IOS ソフトウェア リリースをアップグレードする方法に関する詳細については Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ ソフトウェア イメージ アップグレード 設定例を参照して下さい。

まだこの問題から影響を受けする Cisco IOS ソフトウェア リリースに関しては Cisco はネットワークの VoIP を設定するためのこの設計回避策を推奨します。

  1. 新しい VLAN を作成して下さい。 たとえば、VLANx

  2. VLANx VLAN に Cisco Unified CallManager および他の音声関連サーバを割り当てて下さい。 ポートは信頼される Smartport サーバ ロールのおよびサーバタイプである場合もあります。 これは音声トラフィックのために設定されるそれらとスイッチを使用します同じ QoS 設定を確認します。

  3. Cisco 音声 VLAN に IP Phone+Desktop Smartport ロールによって IP 電話を割り当てて下さい。

  4. VLANx と Cisco 音声 VLAN 間の VLAN 間ルーティングを行うためにスイッチにルータを接続して下さい。

VLAN を、Smartport 役割を設定するために VLAN 間ルーティングを Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチによって設定するために作成する、方法の情報に関しては Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ 設定例を参照して下さい。

Catalyst Express につながれるアクセス ポイントにおいてのローミング問題 500 のスイッチ

無線クライアントが 1 つのアクセス ポイントから別のアクセス ポイントへのローミングし、両方とも Catalyst Express 500 スイッチに接続されるとき、接続を緩めます。 Cisco Catalyst Express 500 スイッチ アラート ログはこのエラーメッセージを表示する:

/image/gif/paws/71441/cexp500-ts_1.gif

Smartport 各ロールにポートと関連付けることができる MACアドレス数の最大数があります。 アクセス ポイント Smartport ロールに関しては、数は 30 に制限されます。 アクセス ポイント間の無線クライアントのローミングを解決するために切り替えるように Smartport ロールを変更して下さい。

/image/gif/paws/71441/cexp500-ts_2.gif

VLAN を、Smartport 役割を設定するために VLAN 間ルーティングを Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチによって設定するために作成する、方法の情報に関しては Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ 設定例を参照して下さい。

Catalyst Express 500 スイッチをリロードした後デュプレックス問題

Cisco Catalyst Express のギガビットイーサネットポートは 500 のスイッチ行われた双方向設定を失い、半二重に戻ってリロードの後で落ちることができます。 これは切断された状態にリモートデバイスを残すことができます。 速度 100 およびデュプレックス完全に戻るポートを直接設定することは始動接続。 最初にオート速度および自動二重のためのポートを設定し、次に望ましい設定に再構成して下さい。 この問題は Cisco バグ ID CSCsd47062登録ユーザのみ)で文書化されています。 この不具合の影響を受けない最新版の Cisco IOS ソフトウェア リリースにアップグレードすることで、この問題は解決されます。

Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチで動作する Cisco IOS ソフトウェア リリースをアップグレードする方法に関する詳細については Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ ソフトウェア イメージ アップグレード 設定例を参照して下さい。

Catalyst Express 500 シリーズ スイッチをデフォルトの工場出荷時設定にリセット

Catalyst スイッチの設定を、工場出荷時の元のデフォルト値に戻すことが望ましい場合があります。 これは、スイッチに存在する不適切な設定を削除する場合に有効です。 および設定が非常に複雑に設定したら、または 1 つのネットワークから別のものにスイッチを移動したいと思うかまたはスイッチのためのパスワードを忘れていればなるかスイッチを、工場出荷時状態にスイッチをリセットし、新しいスイッチでそれを設定できます。 工場出荷時のデフォルト設定に Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチをリセットするステップバイステップ手順に関しては Catalyst Express 500 シリーズ スイッチ デフォルトファクトリ設定にリセットされて参照して下さい。

ポートのためのデバイスマネージャ ポート使用率グラフ 0%

Cisco Catalyst Express は 10% 以下 500 のスイッチ デバイスマネージャ 監視ツール トラフィック負荷を登録しません。 この場合、スイッチはおそらく最小 しきい値を見つけていません。

10% 以下のトラフィック レベルを監視するために提供される Cisco Network Assistant (チャンネル利用不可)ソフトウェアでメカニズムを使用する必要があります。 チャンネル利用不可 ソフトウェアはダウンロードからダウンロードのために自由-スイッチ及びハブ ソフトウェア登録ユーザのみ)です。

SFP ファイバ モジュールにおいての二重モード の ミスマッチ問題

これはない不具合 SFP ファイバ モジュールが付いている Catalyst Express 500 シリーズ スイッチとの予期された動作でありではない。 GLC-GE-100XX SFP モジュールは半二重としてデフォルトで起動します。 これによりこの二重モード の ミスマッチを引き起こします。

全二重に手動でこの問題を解決するために設定を変更できます。 Cisco Network Assistant (チャンネル利用不可)は全二重にこれらの SFP モジュールを設定 するためにだけ使用することができます。 Catalyst Express 500 の組み込みデバイスマネージャは不具合があり、全二重にそれを設定 するのに使用することができません。 チャンネル利用不可 ソフトウェアはソフトウェアダウンロード登録ユーザのみ)ページからダウンロードのために自由です。

このポートの 1つ以上の接続デバイスに拒否されるアクセス

Cisco Catalyst Express では 500 のスイッチに、smartport ロールの各型ポートに接続することができるホストの数の制約事項があります。 、何らかの理由で、このスレッシュホールド レベルが交差すれば、スイッチはこれと同じようなメッセージを表示する始めます:

2-Critical Port Fa7: Access denied to one or more 
connecting devices on this port. Maximum
allowed devices on this port are already connected, 
or an unauthorized device attempted to
connect on this secure port. Disconnect the device.

表は特定の smartport ロールのポートで見られる場合がある MACアドレス数の最大数をリストしたものです。

/image/gif/paws/71441/cexp500-ts_2.gif

どの不正 な デバイスでもポートに接続される場合、それらを切って下さい。 または、規定 された制限よりより多くのデバイスを持つポート必要 smartport ロールを適切に変更するため。

新しい smartport ロールはネットワークの必要条件に基づいていました果たす必要があります。 この表は最大 MAC アドレス問題を解決するために smartport ロールの変更に関する一般の推奨事項を示したものです:

Smartport 現在のロール Smartport 推奨されるロール
デスクトップ、ipphone、サーバ、ゲスト other
アクセス点 スイッチ

イベント 通知

イベント 通知は Cisco Catalyst 500 シリーズ スイッチの統合部分ではないです。 しかし Cisco Network Assistant の助けによって、ユーザは潜在的な問題がネットワークのデバイスによって起こるとき、またはコンフィギュレーション変更が必要となればとき Cisco Network Assistant の新しい バージョンがダウンロード可能なアラートを得ることができます。 ダイアログボックスは時間、説明および、該当する場合、推奨事項のようなイベントに関するすべての必要な情報を問題を解決する提供します。

Cisco Network Assistant ソフトウェアはダウンロードからダウンロードのために自由-スイッチおよびハブ ソフトウェア登録ユーザのみ)です。

スイッチポートの遅い スループット

スイッチポートの throughtput はスイッチのような特定の smartport ロールに、ルータ、サーバ設定されれば等より遅く、なることができます。 特定の smartport ロールが QoS やトランク の 設定をあらかじめ定義したので、スイッチポートのスループットを下げることができます。 これは他の smartport ロールでポートを設定することによって解決することができます。

この問題のためのもう一つのコモン コーズは IP ARP インスペクション プロセスです。 この問題はまたスイッチで実行する Cisco IOSソフトウェアが 12.2(25) SEG2 より古い場合 IP ARP インスペクション パッチを実行するとき解決することができます。 アクセス可能ではないスイッチ GUI かデバイスマネージャが IP ARP インスペクション パッチを実行するためのこの資料の対応するためにか CPU使用率が高い状態非常に遅いセクションことを参照して下さい。

ポートの小型帯

トランクインターフェイスの dot1q を使用するとき、Qタグを含む 61-64 バイトである有効な dot1q カプセル化されたパケットは CE500 によって小型帯としてこれらのパケットが正しく転送され、廃棄されないのに、数えられます。 ハードウェア ASIC がソフトウェアによって変更することができないので dot1q を取除かなければ、これはその性質に装飾的であり、この問題のための回避策がありません。

/image/gif/paws/71441/cexp500-ts_7.gif

スイッチのための RADIUS を設定することが不可能認証を包装しました

Cisco Catalyst Express 500 はスイッチ ベースの認証のための RADIUS をサポートしません。 しかし RADIUS は IEEE 801.1x ポート ベースの認証に使用することができます。 デバイスマネージャがこれらのコンフィギュレーションをサポートしないので Cisco Catalyst Express 500 の RADIUS 資格情報および IEEE 802.1x ポート ベースの認証を設定するために Cisco Network Assistant (チャンネル利用不可)を使用して下さい。

Catalyst Express 500 トラブルシューティングおよびデバッギングエイド

Cisco Catalyst Express 500 トラブルシューティングおよびデバッギングエイドはこれらの機能にスイッチの現在のステート 情報を与えることができる Cisco TAC によって開発される GUI ベース ツールです:

  • 実行コンフィギュレーション

  • 状態を切り替えて下さい

  • VLAN

  • セキュリティ

  • MACアドレステーブル

  • スパニング ツリー

  • ポート情報

  • 隣接デバイス

  • Log

  • 在庫品

  • IP プロトコル スタック

またこれらの機能を有効に するか、またはディセーブルにするためにこのトラブルシューティング 援助を使用できます:

注意 注意: Cisco TAC エンジニアの忠告でだけこれらの機能を有効または無効にして下さい。

  • DHCPスヌーピング[臨時]

  • Quality of Service

  • IP ARP インスペクション(遅い接続)

Catalyst Express 500 トラブルシューティングおよびデバッギングエイドを使用し始めるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco に Catalyst 500 シリーズスイッチ接続される PC/ラップトップに CE500_Aid.zip ファイルを直接ダウンロードして下さい。

  2. CE500_Aid.zip ファイルのコンテンツを得て下さい。 ZIP ファイルはこれらのファイルを備えるはずです:

    1. Cisco_Aid.hta

    2. Cisco_Logo.gif

  3. トラブルシューティング 援助を使用し始めるために Cisco_Aid.hta ファイルをダブルクリックして下さい。


関連情報


Document ID: 71441