音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager 4.x: 未割り当てのディレクトリ番号の削除の設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager 4.x には、未割り当てのディレクトリ番号(DN)と呼ばれる新しい概念があります。 DN がデバイスから削除または更新されるか、電話機が削除されると、関連付けられた DN は、以前のバージョンと同様 Cisco CallManager データベースから削除されません。 これらは、未割り当ての DN として Cisco CallManager データベースに残ります。 [Route Plan Report(ルート プラン レポート)] メニュー オプションで電話機に関連付けられていない DN のリストを表示できます。 未割り当ての DN により、お客様は、デバイスには割り当てられていない DN のボイスメールまたは別の宛先に転送し続けることができます。 これは、従業員の異動または解雇時によく発生します。

注: 先の Cisco CallManager リリースではより 4.0 は、DN 自動的にデバイスが削除されたときに削除されました。 回線グループ サポートが Cisco CallManager リリース 4.x の機能であるので、未指定 DN を保存することは要件です。

この機能は新しい数をアドバタイズしないでいくつかのダイヤル プランを移行するか、または変更するとき助けることができます。 これは Route Plan レポートの未指定 DN オプションの使用の新しい番号への古い番号に向かうコールの転送によって実行されます。 この機能が注意深く使用されない場合、管理者が新しいまたは既存 の 電話 設定の古い DN を再使用することにする場合呼び出しを間違った宛先に転送します場合があります。 新しいまたは既存 の 電話 設定の古い DN を再使用するとき、その DN のためのパーティションが入るとすぐ、フィールドの他は削除された未指定 DN と同じ値と(再インポートされる)自動的に読み込まれます。 これは呼び出しを間違った宛先に転送しますかもしれません。 削除された DN 5 月原因の再利用が詳細については CallManager 4.x の呼び出しをなぜ Misrouted か参照して下さい。

DN が問題なしで再使用することができるようにこの資料に Cisco CallManagerデータベースから未指定 DN を削除する方法を記述されています。

注: オフピーク の 時間全体の未指定 DN をプロセッサ稼働率による問題を防ぐために削除することを忘れないでいて下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager 4.x 以降に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified CallManager 4.x の未指定 DN を削除して下さい

Cisco CallManagerデータベースから DN を削除するために Route Plan レポート ウィンドウを使用して下さい。 次の手順を実行します。

  1. Route Plan レポート ウィンドウを表示するために Route Plan > Route Plan Report の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/71440/ccm4x-unassigned-dns-1.gif

  2. 未指定 DN を検索ドロップダウン リストから選択し、すべての未指定 DN をリストするという Route Plan レポートを規定 するのに他のドロップダウン リスト ボックスを使用して下さい。

    ccm4x-unassigned-dns-2.gif

  3. これらは DN を削除する 3 つの方法です:

    • 削除したいと思う DN をクリックして下さい。 ディレクトリ番号 の 設定 ウィンドウが表示されるとき、『Delete』 をクリック して下さい。

      /image/gif/paws/71440/ccm4x-unassigned-dns-3.gif

    • 削除し、『Delete』 をクリック して Select ほしい DN の隣でチェックボックスをチェックして下さい。

      ccm4x-unassigned-dns-4.gif

    • すべてをすべてを削除するために見つけました項目を見つけられた未指定 DN 『Delete』 をクリック して下さい。

      ccm4x-unassigned-dns-5.gif

  4. 警告メッセージは DN を削除したいと思うことを確認します。 DN を削除するために『OK』 をクリック して下さい。 Delete 要求を取り消すために『Cancel』 をクリック して下さい。

ユーザがデバイスを削除することを試みる場合のエラー第 -2147219945 ディスプレイ

時々、デバイスを削除することは難しいと思いエラー第 -2147219945 エラーメッセージを受け取ります。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. SQL Enterprise Manager を使用してその SQL データベースを使用可能にして下さい。

  2. NumPlan 表を開き、この SQL クエリを行って下さい:

    |SELECT * FROM NumPlan WHERE (DN or Pattern_Number you want to delete_')|*

    これは 2 つのエントリを戻します。 これらのエントリの 1 つは削除する必要があります。

  3. これらのエントリの 1 つを削除できない場合 SQL は取除く必要がある DeviceNumPlan に依存関係があると言うエラーを返します。 依存関係を取除き、DeviceNumPlan 表に行き、この SQL クエリを行うため:

    SELECT * FROM DeviceNumPlanMap Where fkNumPlan = '{_pkid from 
    numplan table of entry you want to delete_}')

    DeviceNumPlan 表から依存したエントリを削除して下さい。

確認

未指定 DN が CallManager データベースから削除されるかどうか確認するために、Route Plan レポートに進み、DN がレポートに現われるかどうか確認して下さい。 DN が Route Plan レポートに現われない場合、データベースから取除かれました。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71440