音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

1 人のアテンダント コンソール ユーザから別のアテンダント コンソール ユーザへの短縮ダイヤル コピーの設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

スピード ダイヤル エントリを使用すると、迅速なコールの発信、コールの転送、コンサルト(監視付き)転送、およびスピード ダイヤル エントリに関連付けられた個人との会議を開始できます。 スピード ダイヤル エントリには、ダイヤル グループに追加したユーザの名前、電話番号、およびメモが含まれます。

状況によっては、複数のアテンダント コンソール クライアントは同じ速度ダイヤル セットアップを使用したいと思うかもしれません。 この場合、1 人の既存のユーザから最初のユーザと同じ速度ダイヤルを使用したいと思う他のユーザに速度ダイヤルをコピーできます。 このように、各ユーザ向けの速度ダイヤルを手動で設定する必要がありません。 この資料は DC Directory を使用するとき異なるアテンダント コンソール ユーザの間の速度ダイヤルをコピーする方法を説明します。

前提条件

要件

この資料は DC Directory を実行すると仮定します。 アクティブ ディレクトリを実行する場合、1 人のユーザからこの資料に説明があるメソッドを使用している他のユーザに速度ダイヤルをコピーできません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.x および 4.x

  • Cisco CallManager アテンダント コンソール 1.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

1 人のアテンダント コンソール ユーザから別のものに速度ダイヤルをコピーして下さい

速度ダイヤルを 1 人のアテンダント コンソール ユーザから別のものにコピーするために、これらの手順を完了する必要があります:

  1. (ユーザが速度ダイヤル コピーされる必要がある最初のユーザから速度ダイヤルを user1 のような取得して下さい)。

  2. (ユーザが速度ダイヤル コピーされる必要がある第 2 ユーザに速度ダイヤルを user2 のようなコピーして下さい)。

最初のユーザから速度ダイヤルを取得して下さい

user1 から速度ダイヤルを取得するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > DC Directory 管理者 DC Directory Admin に入るために『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. 管理 フォルダでは、ディレクトリ > cisco.com > CCN > user_info を > < user1>_info 拡張して下さい。

  3. 強調表示 AttendantConsoleProfile/image/gif/paws/71317/copy-speed-dials-ac-1.gif

  4. 右ウィンドウ フレームのダブルクリック ACXmlData

  5. 記録された Name フィールドにそれでデータがあるかどうか参照して下さい。 これは暗号化された形式にある速度ダイヤルです。 ただし、他の随行人の記録された Name フィールドにそれをコピーできます。 コピー 操作を右クリックし、行って下さい。 /image/gif/paws/71317/copy-speed-dials-ac-2.gif

第 2 ユーザに速度ダイヤルをコピーして下さい

user2 に速度ダイヤルをコピーするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > DC Directory 管理者 DC Directory Admin に入るために『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. ディレクトリ > cisco.com > CCN > User_info > <user2>_info を拡張して下さい。

  3. AttendantConsoleProfile エントリを見つけて下さい。 右ウィンドウ フレームの ACXmlData をダブルクリックして下さい。

  4. 前の手順から ACXmlData フィールドにコピーされる速度ダイヤルを『Modify』 をクリック し、貼り付けて下さい。 [Apply]、次に [OK] をクリックします。 /image/gif/paws/71317/copy-speed-dials-ac-2.gif

これら二つの手順を完了した後、user1 から速度ダイヤルは user2 にコピーされます。

確認

、ログインおよび user2 速度ダイヤルが user1 から user2 へのコピーされるかどうかコンソール担当者 PC user1 に確かめるためにおよびそれら両方に速度ダイヤル ウィンドウで確認するために同じ速度ダイヤルがあります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 71317