音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Domino Unified Communications Services(DUCS)の問題の診断

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Domino Unified Communications Services(DUCS)の問題を診断する方法について説明します。 またこのドキュメントでは、通知に関する問題、(DUC)クラッシュ/ハング、およびパフォーマンスの問題についても説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.x

  • Cisco Unity 5.x

  • Cisco Unity 7.x

  • Cisco Unity 8.x

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の診断

既に有効に されなくて DUCS における問題を診断するために、DUC トレースを有効に し、コンソール ロギングを有効に する必要があります。 次に、問題となる問題が起こるとき Domino サーバがに開始したときに時間に及びなさい console.log /log.nsf ファイルを集めて下さい。 クラッシュを診断する場合、ハングし、パフォーマンス上の問題、またメモ システム診断(NSD)を送信 する必要があります。 NSD はサーバ クラッシュの場合に自動的に生成される生成 し、Domino インストール ディレクトリのデータ\ IBM_TECHNICAL_SUPPORT ディレクトリで保存されますログファイルを。

注: ユーザの Cisco Unity ストア音声 メッセージは Domino サーバのファイル データベースを郵送します。 Domino が 1つ以上のサーバで(決して Cisco Unity サーバで)インストールされていれば、すべてのサブスクライバは他のサーバの Domino メールボックスを持たなければなりません。 各 Domino サーバは Cisco Unityサブスクライバを収容するインストールしました Cisco のための IBM Lotus Domino Unified Communication がなければなりません。

Console.log /Log.nsf 詳細な情報をつけて下さい

notes.ini ファイルの UCLogLevel を最初に設定 することを確かめて下さい。

0 - No logging (This is the same as having no UCLogLevel entry)
1 - Minimal logging - only Fatal and Error events are logged
2 - Normal logging - Fatal, Error and Warning events are logged
3 - Informational logging - Fatal, Error, Warning and Informational events are logged.
4 - Verbose logging - Fatal, Error, Warning, Informational and Verbose events are logged.

デフォルトは 1 ですが、4 つは問題を診断するために推奨されます。

DUC トレースをつけて下さい

DUC トレースはコード パスが DUC 行くことを見ることを可能にします。 DUC トレースはソースコードを持っていることなしで理解しにくいです。 ただし、作成される通知のような機能の基本的なフローを、表示できます。 あるかもしれないエラーメッセージを捜して下さい。

これらの notes.ini 変数を設定 して下さい:

trace_uc_all=1
trace_uc_dir=<output files dir> (W32 only)

Domino サーバは ini 変数の変更のために起こるために再起動する必要があります。 ファイルを集めたいと思うときテスト ユーザの名前/ファイル名を書き留め、Domino サーバを停止して下さい。

.out ファイルを集めて下さい

集まるべきどんな .out ファイルそれらをすべて送信 しなさいかの確実ではない場合。 ただし集める .out ファイルが時間の正しいスパンからあることを、確認して下さい。

いくつかの生成されるかもしれない問題のタイプ/ファイル名例はここにあります:

  • ユーザ(送信 ucadminp 出力 ファイル)を有効または無効にするエラー

  • MWI はメッセージ デリバリー(ルータ、ucevent、csumhlr、ucxmlextend)の間につきません

  • MWI はメッセージで開いた消えません(サーバ、ucevent、csumhlr、ucxmlextend)

  • サーバ クラッシュ/ハング(すべての出力 ファイルを送信 して下さい)

クラッシュ/ハングしましたり/パフォーマンス上の問題のための NSD は

NSDs はメモ/Domino プロセスのメモリで見つけられるコンテンツのスナップショットを奪取 します。 NSDs はプロセスによりクラッシュかハングに引き起こしたものを示すことができます。 クラッシュの場合に、パフォーマンス上の問題のために NSDs が自動的に起動 する必要がありますがまたは、手動操作の介入必要となりますハングします。

NSD 分析

多くの場合、サーバ クラッシュを解決するために踏まれる第一歩はサーバをクラッシュしたプロセスを判別することです。 Domino 6 およびそれ以降では、NSD ファイルは開始するべき適切な場所である場合もあります。 NSD はすべてのスレッドのための呼び出し履歴のようなサーバの状態についてのすべての現在の情報を、メモリ情報、等与えます。 クラッシュの場合に、NSD ログファイルは Domino サーバによって自動的に生成され、データ\ IBM_TECHNICAL_SUPPORT ディレクトリで保存されます。 NSD ログに NSD が生成された時間を示すタイムスタンプとのファイル名があります。 たとえば、Nsd_W32I_KIRANTP_2006_01_17@17_17_18.log はこの NSD が 2006 年 1月 17 日作成されたことを示します。 NSD は動作するときコール スタックをダンプするために、各プロセスおよびスレッドに接続します。 これはサーバまたはワークステーション クラッシュの原因を判別するのを助けることができます。

NSD ファイルの中心はスタック トレース セクションです。 このセクションは現在のステートにそれを置くために横断される既存のプロセスの各スレッドのコード パスの内訳を提供します。 これはハングを検査するか、またはサーバの状況をクラッシュして有用です。 また、NSD ファイルの検査によって、コア ファイルを Domino データディレクトリで生成されて検索停止し、コアを置き去りにしたプロセスによってなされた呼び出しの最終的なスタックをトレースするためにベース レベル 分析を行うことができます。 Domino のような複雑な製品では、2 つの異なるサーバーの操作の同じ型のスタック トレースは異なる結果を生むことができます。

NSD ファイルでは、壊れるプロセスの実行可能モジュールを識別するために「致命的」、「パニック」、または「セグメンテーション」のためのワード検索を行うことができます。 プロセスを見つけることによって、それに表示先行したでき、うまく行けばクラッシュがどのように発生したか判別しますものが。 「パニック」か「致命的」ない場合、時々コアダンプは機能で「セグメンテーション エラー」への参照を紹介しています。 破損していたどういうわけかアクセスし、「重大エラー」か「パニック」を呼出さないでクラッシュを示しますこれはことを共用メモリ セグメントにために試みられるプロセス。

これはサーバプロセスがクラッシュに関連する NSD ファイルからのサンプル抜粋です:

--------------------------------------------
### FATAL THREAD 39/83 [ nSERVER:07c0: 2764] ### FP=0743f548,
	 PC=60197cf3, SP=0743ebd0, stksize=2424 Exception code: c0000005
	 (ACCESS_VIOLATION) ############################################################
	 @[ 1] 0x60197cf3 nnotes._Panic@4+483 (7430016,496dae76,0,496dace8) @[ 2]
	 0x600018a4 nnotes._OSBBlockAddr@8+148 (1153f38,2000000,743f608,1) @[ 3]
	 0x6000bd92 nnotes._CollectionNavigate@24+610 (0,743fc74,f,0) @[ 4] 0x600626cc
	 nnotes._ReadEntries@68+2860 (4c5440e8,4cfb8dba,800f,1) @[ 5] 0x600b9f6f
	 nnotes._NIFReadEntriesExt@72+351 (0,4cfb8dba,800f,1) @[ 6] 0x10032d40
	 nserverl._ServerReadEntries@8+1424 (0,8d0c0035,4b64b5bc,4ae46dd6) @[ 7]
	 0x100191fc nserverl._DbServer@8+2284 (41b0383,cb740064,0,23696f8) @[ 8]
	 0x1002b8c8 nserverl._WorkThreadTask@8+1576 (4711d68,0,3,563fb10) @[ 9]
	 0x100016cb nserverl._Scheduler@4+763 (0,563fb10,0,10ec334) @[10] 0x6011e5e4
	 nnotes._ThreadWrapper@4+212 (0,10ec334,563fb10,0) [11] 0x77e887dd
	 KERNEL32.GetModuleFileNameA+465
  -------------------------------------------

壊れるプロセスが判別されたら、方法に特定処理しなさいこと解決する焦点を合わせることができます。

NSD を手動でのためにハングしますパフォーマンス上の問題実行すれば

NSD ヘルプにアクセスするために、nsd を–ヘルプ入力して下さい。 これは一般的な使用です:

nsd -ini <notes_ini_file> -log <nsd_output_name> -dumpandkill

送信 する前に NSD が呼び出し履歴、メモリ情報および notes.ini 情報が含まれていることを確かめて下さい。

DUCS クライアントにおける問題を診断して下さい

トレースはレジストリ 設定を持つプレイヤーで設定することができます。 次の手順を実行します。

  1. HKEY_CURRENT_USER/Software/Lotus/DUCS キーに行って下さい。

  2. Edit > New > DWORD Value の順に選択 して下さい。

  3. DebugFlags の名前を割り当てそして fff に値を設定 して下さい。

出力 ファイルは LotusUC.csv と呼ばれ、それは Lotus データディレクトリにあります。

プレイヤーがクラッシュする場合、NSD は動作する必要があります。 プレイヤーがハングする場合、NSD はまだ手動で呼び出すことができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71316