コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

一般的なライセンスに関する質問への回答

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 5 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Call Studio, Universal Edition と Cisco Unified Call Services, Universal Edition の一般的なライセンスに関する質問に回答しています。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Studio、ユニバーサル版および Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)に基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

一般的な質問に対する回答

自動的にソフトウェアをアクティブにすることを試みましたが失敗しました。 この場合何か。

Cisco Unified Call Studio、ユニバーサル版および Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)の組み込み自動アクティベーション メカニズムが、正常にソフトウェアをアクティブにしなければ、Webサイトのソフトウェアをアクティブにすることができます。 2 つの状況はよくあります:

  • 旅する場合の、たとえばアクティブになることを試みる時特定のコンピューターのインターネットアクセス無し、か多分アクセス無し。

  • 厳密な社内ネットワーク ポリシーある特定のインターネット トラフィックを防ぐ。

  1. 手動でアクティブになるため、アクセス CustomerCare

  2. サイドバーの手動アクティベーション リンクをクリックして下さい。 このアクティベーション ページは方法に関するステップバイステップの説明がソフトウェアのためのライセンスを生成する含まれています。 選択するどうにかマシンにそれからこのライセンスを転送できます: ネットワーク ドライブ、取り外し可能なメディア、先祖など

  3. ソフトウェアのアクティベーションに関する詳細については、どのように Cisco Unified Call Studio のライセンス交付 および ソフトウェア作業参照して下さい。

  4. ソフトウェアのアクティベーションに関する詳細については、Cisco Unified コール サービス 3.6 をはじめてアクティブにする方法を参照するかまたはライセンスをアップデートするために再稼働します

1 台のマシンから別のものにライセンスを移動できますか。

ソフトウェアはマシンによって認可され、ライセンスは非移動可能です。 ソフトウェアを永久に使用するように意図するマシンでソフトウェアをインストールすることを確かめて下さい。

マシンは不完全ことができましたり、廃止に単にです、またはもう使用しないなります。 そのような場合、別のマシンにライセンスを移動するのを助けることができる顧客担当者に連絡して下さい。 オリジナル マシンからのソフトウェアをアンインストールし、別のマシンにそれを移動すると宣言する Cisco とのファイル書類事務に招待することができます。 Cisco がマシンは無効になったことを確認できるようにそれから古いマシンのソフトウェアを再稼働することを頼むことができます。

「ライセンス アクティブ化」はどういうことを意味しますか。

顧客担当者がライセンスを(たとえば、有効期限を拡張するか、または新しい 機能のためのサポートを追加するため)アップデートする時はいつでも、これらの変更を利用するためにソフトウェアを再稼働して下さい。 アクティブ化はシート(Cisco Unified Call Studio のために)またはセッションを消費しません(Cisco Unified コール サービスのために)。 それはただライセンス サーバからのライセンスの最新情報をアクセス しました。

これに対する 1 例外は Cisco Unified コール サービス ユーザーがインストールの最大セッションを増加したいと思うときあります。 ライセンスにそれでも追加未請求セッションがある場合、ユーザは前のアクティベーションで規定 されたよりインストールを再稼働し、より多くのセッションを規定できます。 この場合、セッションの違いだけ自由な合計から引かれます。 この状況についての詳細については、Cisco Unified コール サービス 3.6 をはじめてアクティブにする方法を参照するかまたはライセンスをアップデートするために再稼働します

Cisco Unified Call Studio 5.0 および 5.1 ライセンス間のあらゆる違いがありますか。

違いがありません。 Cisco Unified Call Studio 5 インストールキーは 5.1 と使用することができます; それらは同じです。

Cisco Unified コール サービス認可がはたらく仕組み

Cisco Unified コールは最大同時に行われるセッション保守しますように自動両方サポートおよび手動アクティベーション(または短いのためのセッション)によってちょうど Cisco Unified Call Studio がが、シートによって認可されなさいよりもむしろ、Cisco Unified コール サービスを認可されます。 これは 100 セッションをサポートするライセンスを所有するとき、の 100 セッションに合計する)他およびこれらのセットアップことができることを意味します(ある:

  • 100 セッションの 1 サーバ

  • 10 セッションの 1 サーバ、および 90 セッションの別のサーバ

  • 10 セッションの 10 のサーバ、それぞれ

  • ライセンスから要求されることを残る 50 セッションおよび 50 セッションの 1 サーバ、(たとえば、未来の展開のために)

ライセンスのセッションを開拓するために Cisco Unified コール サービス インストールを無効にすることができますか。

いいえ一度、ずっと Cisco Unified コール サービス インストール アクティブになっています、他のインストールが使用することができるように要求した、セッションは戻すことができませんセッションを「所有し」。 もしライセンスがセッションを使い果たせば、別のサーバをアクティブにする必要があったらライセンスに追加される追加セッションを持つために顧客担当者に連絡して下さい。

Cisco Unified コール サービスはまたは」浮かぶスタジオ オファーは「認可しますか。

いいえ、従来の浮遊ライセンス現時点で利用可能ではないです。 Cisco は他の適用範囲が広い認可配置を提供します。 詳細については顧客担当者に連絡して下さい。


関連情報


Document ID: 71150