ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド - Cisco DSL ルータ: PPPoE クライアントとして動作する PC

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この実装では、シスコのデジタル加入者線(DSL)のルータは付加価値サービスを提供できず、イーサネット ブリッジへの非対称デジタル加入者線(ADSL)として機能します。 したがって、LAN 上でインターネットへのアクセスを必要とする各 PC で Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)クライアント ソフトウェアをロードする必要があります。

ヒント: Ciscoデバイスの設定についてよくわからないし、ステップバイステップ設定に続くことを望んだ場合 PPPoE クライアントとして機能する PC のステップバイステップ設定を参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

実行する作業

  • ATM 相手先固定接続(PVC)およびカプセル化で Cisco DSL ルータの ATMインターフェイス(ADSLインターフェイス)を設定して下さい。

  • Cisco DSL ルータのブリッジを設定して下さい。

  • Cisco DSL ルータの IP ルーティングをディセーブルにして下さい。

  • 各 PPPoE クライアント PC で PPPoE クライアント ソフトウェアをロードして下さい。

  • ソフトウェアベンダーまたはインターネットサービスプロバイダー (ISP)からの手順ごとの各 PPPoE クライアントを設定して下さい; たとえば、ドメイン名、ユーザ名およびパスワード)。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

設定

ヒント: Ciscoデバイスの設定についてよくわからないし、ステップバイステップ設定に続くことを望んだ場合 PPPoE クライアントとして機能する PC のステップバイステップ設定を参照して下さい。

このドキュメントでは次の設定を使用しています。

PPPoE クライアントとして機能する PC の Cisco DSL ルータ

!--- Comments contain explanations and additional information.


service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
!
no ip routing
!
interface ethernet0
 no shut
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 bridge-group 1
!
interface atm0
 no shut
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 no atm ilmi-keepalive
 pvc <vpi/vci>
  encapsulation aal5snap
 
!--- Common PVC values supported by ISPs are 0/35 or 8/35.
 !--- Confirm your PVC values with your ISP.

 !
 bridge-group 1
!
bridge 1 protocol ieee
!
end

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ADSLサービスがきちんとはたらかない場合、PPPoE PCクライアントのトラブルシューティングを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71121