ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド - PPPoE の実装オプション

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)の実装オプションについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

インプリメンテーション オプション

Digital Subscriber Line (dsl)サービスにこれらの PPPoE 実装の 1 つを選択して下さい。

  • PPPoE オプション 1 は Cisco DSL ルータ PPPoE クライアントです。 (推奨)は Cisco IOS に PPPoE クライアント機能もたらされましたか。 ソフトウェア リリース 12.1(3)XG。 この機能は LAN の各 PC で PPPoE クライアント ソフトウェアをロードする必要はないことを PPPoE クライアント 機能性を意味する Cisco DSL ルータに移動される提供します。 この機能はまた複数のPC クライアントが Cisco DSL ルータのイーサネットインターフェイスに接続されることを可能にし、Cisco DSL ルータと ISP ゲートウェイルータ間の単一 PPPoEセッションを共有します。

    この実装はネットワーク アドレス変換(NAT) 過負荷、NATプール、スタティック NAT および動的ホスト制御プロトコル(DHCP)サーバのための設定例が含まれています。

    Cisco DSL ルータで Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)xg またはそれ以降が PPPoE クライアント機能をサポートするために必要となります。

  • PPPoE オプション 2 は PC PPPoE クライアントです。 このオプションは Windows PPP over Ethernet (WINPoET)アプリケーションのような PPPoE クライアント ソフトウェアがローカルLAN の各 PC でインストールされるように要求します。


関連情報


Document ID: 71120