ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド - PPPoE クライアントとして動作する Cisco DSL ルータの PPPoE 実装オプション

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2006 年 4 月 22 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、PPPoE クライアントとして動作する Cisco DSL ルータの Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)の実装オプションについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

インプリメンテーション オプション

Asymetric デジタル加入者線(ADSL)サービスにこれらの PPPoE インプリメンテーション オプションの 1 つを選択して下さい。 どちらの実装オプションにも、Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)オーバーロード、NAT プール、スタティック NAT、および Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)サーバの設定例が示されています。

ISP が提供する PPPoE サービスの種類を記述する実装を選択して下さい。

このコンフィギュレーション ガイドのメイン ページに戻って下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 71117