ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド - IRB を使用した RFC1483 ブリッジングの実装オプション

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、IRB の実装オプションを使用した RFC 1483 ブリッジングについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

オプション

Asymmetric Digital Subscriber Line (ADSL)サービスに Integrated Routing and Bridging (IRB) インプリメンテーション オプションと繋ぐこれらの RFC1483 の 1 つを選択して下さい。 どちらの実装オプションにも、Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)オーバーロード、NAT プール、スタティック NAT、および Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)サーバの設定例が示されています。

このコンフィギュレーション および トラブルシューティング ガイドの前のセクションに- IRB Online 形式によって繋ぐ RFC1483 戻って下さい。

『Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド』のメイン ページに戻ります。


関連情報


Document ID: 71102