ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco DSL ルータの設定とトラブルシューティング ガイド - RFC1483 ブリッジングの実装

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、RFC 1483 ブリッジング実装について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

RFC1483 ブリッジング実装

Asymmetric Digital Subscriber Line (ADSL)サービスに実装を繋ぐこれらの RFC1483 の 1 つを選択して下さい。

  • Integrated Routing and Bridging (IRB) — (推奨)は IRB 機能 Cisco DSL ルータが ATMインターフェイス(ADSLインターフェイス)のトラフィックをブリッジし、次にイーサネットインターフェイスのそのトラフィックをルーティングするようにします。 有効に されて IRB が Cisco DSL ルータはネットワーク アドレス変換(NAT) 過負荷のような付加価値サービス、NATプール、スタティック NAT および動的ホスト制御プロトコル(DHCP)サーバを行うことができます。

  • 純粋なブリッジ—純粋なブリッジ 実装では、Cisco DSL ルータはイーサネットブリッジに簡単な ADSL として機能し、付加価値サービスを提供することができません。

Cisco DSL ルータ設定 および トラブルシューティングガイドのメイン ページに戻って下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 71096