ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス LAN(WLAN)

WAN リンクを介したワイヤレス パフォーマンス テスト

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このホワイト ペーパーでは、リモート オフィスのワイヤレス システムで WAN リンクによる制約を説明し、このような設定での 2 つの基本的なベンチマーク テスト(スループットとローミング遅延)を示します。

詳細な説明

ワイヤレス LAN (WLAN)はエンタープライズ アプリケーションで普及するようになりました。 株式会社が何人かユーザを処理し、セキュリティ、ロギングおよびソフトウェアアップグレードのような他の必要のために社内ネットワークを使用できるリモートでインストール済み Access Point (AP) ブランチ オフィスのための別途のワイヤレスソリューションをインストールしたいと思わない状況で普及するようになりました。 支店間のネットワークは WAN リンク上のセントラル オフィス ネットワークに接続されます。 フレーム リレー シリアル WAN リンクが使用される一般的なシナリオは、図 1.示されています

図 1: リモートブランチオフィスのために設定される典型的な WLAN

/image/gif/paws/70985/wan-links-perf-tests1.gif

性能 試験は最大キャパシティにロードされてとシステムがどのように動作するか示す属性の測定単位を含みます。 標準パフォーマンス手段は、スループットのような、ローミング遅延ワイヤレス機器のための各性能試験の中心におよびスケーリング、あります。 ただし、これらのパラメータは機器が展開されるトポロジーによって大きく影響することができます。 この資料は帯域幅が標準パフォーマンス手段に影響を与えるより重要なロールを担う 1 つのそのようなトポロジーに焦点を合わせます。

この白書はこれらを解決するのに使用される複数の重要な制約および手法を強調表示し WAN 上のテスト ワイヤレス パフォーマンスはコントローラ ベースのアーキテクチャでリンクします。

制約

このセクションはリモートオフィス トポロジーの主要な制約を強調表示します。

WAN リンク キャパシティ

AP はコントローラと通信するために helloパケット、別名ハートビートを、使用します。 このハートビートが失われるイベントでは、AP はコントローラを再発見します。 このプロセスの間に、存在 する クライアント全員は非認証されます。 これによりブランチ オフィスでワイヤレスサービスの中断を引き起こします。 従って、WAN リンクにテストの目標の 1 つはだけでなく、ハートビートを稼働した保存することですがまたシステムの全体的なパフォーマンスに対する効果を考慮に入れます。

デフォルト ハートビート間隔は 30 秒であり、手動で設定することができません。 コントローラからのハートビート 確認応答が抜けているとき、AP は 5 回まで 1秒 間隔でハートビートを送り直します。 確認応答が 5 つの再試行の後で受け取られない場合、AP は到達不能 コントローラを宣言し、新しいコントローラを捜します。

テストするこれで使用される手法の 1 つはトラフィックの優先順位付けです。 これはサービス中断を避けるためにハートビートを稼働した保存します。 AP はコントローラと通信するために 2 つの UDP ポートを使用します。 AP は管理パケットのために UDP ポート 12223 およびデータパケットのために 12222 を使用します。 ポート 12223 による通信が維持することができる場合 WAN リンクを渡る厳しいトラフィック負荷の下のコントローラと AP 機能間のリンク。 これは通常 WANクラウドを指す WAN ルータ ポートで設定されます。

ip cef
!
frame-relay switching
!
class-map match-all 1
match access-group 199
!
policy-map mypolicy
class 1
bandwidth 64
!
interface Serial0/0
ip address 150.1.0.2 255.255.255.0
encapsulation frame-relay
clock rate 512000
frame-relay interface-dlci 101
frame-relay intf-type dce
service-policy output mypolicy
!
access-list 199 permit udp any any eq 12223

セキュリティ

General Deployment では、Figure1 に示すように、認証はすべての認証サーバがホストされるセントラル オフィスで実行された。 リモートオフィスで保存されるローカル認証サーバはコストおよびメンテナンス観点から賢明ではないです。 コントローラが何らかの理由で得難くなる場合、トラフィックはローカルでブリッジすることができます。 ただし、ローカル認証サーバがないので、開いたおよび Wi-Fi Protected Access (WPA) 認証種別だけがローカルでサポートされます。 顧客のほとんどのため、WPA 形式 利用可能 な唯一の認証種別。 これはリモートオフィス ワイヤレス アプリケーションの設計の厳しい制約になります。

ベンチマークテスト

このセクションはシステムパフォーマンスのこれらの制約の効果を分析します。

スループット

先にこの資料で述べられるように、スループットは WAN リンクで利用可能 な 帯域幅、またトラフィックの優先順位付けによって大きく影響します。 512 キロビット/秒の WAN リンクの固定帯域幅は 64kbps のトラフィックの優先順位付け チャネルと利用できると仮定すれば、利用可能 な データ 帯域幅は 448 キロビット/秒です。 ただし、501 キロビット/秒までスループットを見るとき、64 キロビット/秒が専用チャネルの代りに優先であることを信じるかもしれません。

フレームサイズはこれに別のねじれを追加します。 この表から、WAN リンクの効果およびこれのようなトポロジーのフレームサイズはクリアです。 この表はまたセントラル オフィスで接続される AP との比較を示したものです。 また、スループットはリモートブランチオフィスのクライアントがセントラル オフィスの配線されたクライアントにデータを送信 することを試みるとき測定されます。

フレームサイズ(バイトで) AP のスループットはセントラル オフィス(ビット/秒。)で接続しました AP のスループットはリモートオフィス(ビット/秒。)で接続しました
128 5,130,240 356,352
256 9,279,920 403,456
512 16,101,376 471,040
1024 24,576,000 483,328
1280 27,361,280 501,760
1450 28,756,400 498,800

この表からわかるようにスループットはフレームサイズとフレームサイズが 1280 になり、次に 1450 バイトに戻って廃棄するまで増加します。 これはフレームサイズのためにコントローラ ベースのアーキテクチャの 1418 バイト以上行われるフラグメンテーションが原因です。

ローミング遅延

ローミング遅延の前の説明から、効果は理解されます。 この表は実際のデータを表示するものです。 AP がハブでスイッチに接続されたときにローミング遅延が大いにより少しだったことが観察されました。

認証 現在の WAN リンクか。 すべての Physical Disk インスタンスの Physical Disk オブジェクトに含まれる Avg. ローミング遅延(ミリ秒で)
オープン いいえ 36
オープン はい 74
802.1x(LEAP) いいえ 139
802.1x(LEAP) はい 230

結論

リモートブランチオフィス セットアップでは、帯域幅は WAN リンクによって担います機器のパフォーマンスのデシジョンの重大なロールを提供しました。 必要トラフィックの優先順位付けを行うだけでなく、ありますがスループットに対する効果およびローミングは問題です。 WAN リンクはその記録を実行された必要があります判別します。 これらのテストは標準記録テストとかなり異なります。 またローカル認証サーバがないので、WPA はそのようなアプリケーションに対する優先 する セキュリティ型です。 そのようなアプリケーションをテストするとき WAN リンク キャパシティおよびセキュリティ型は考慮されるべき重要な要因です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70985