コラボレーション : Cisco Media Blender

Collaboration Server と Media Blender 間の接続障害 - Vmoptions ファイル

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Media Blender が Cisco Collaboration Server との接続を確立できない理由の 1 つについて説明し、Cisco Unified Intelligent Contact Management(ICM)Enterprise 環境における解決方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise 版

  • Cisco Collaboration Server

  • Cisco Media Blender

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise 版 バージョン 5.x および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Collaboration Server はアプリケーションですウェッブ開始 要求を処理する機能をコンタクトセンターに与える。 Collaboration Server はコンタクトセンター エージェントが Web 上の顧客と情報を共有するようにします。 これには Webページ、フォームおよびアプリケーションが含まれています。 同時に、Collaboration Server は音声メッセージ交換かテキストチャットを行なうために何もよくある Webブラウザよりもっと使用しません。

Media Blender は Collaboration Server を混ぜられたコラボレーションおよびコールバックを提供するために使用します。 Media Blender はファイアウォールの外部に常駐する、とファイアウォールの中にある統一された ICM Peripheral Gateway (PG)提供します可能にするためにファイアウォール ゲートウェイ サービスを Collaboration Server 間の通信を。

トポロジ

マルチチャネル コンタクト センターの説明的な Collaboration Server および Media Blender は図 1.説明されます

図 1 —マルチチャネル コンタクト センターの Collaboration Server および Media Blender

connectionfailure-csmb1.gif

問題

Media Blender はポート 1099 の Remote Method Invocation (RMI)によって Collaboration Server によって接続するために設定されます(の矢印 A を 1)参照して下さい。 ただし、接続要求はファイアウォールによって確立しません。

解決策

Media Blender からのログでは、このエントリは識別されます:

06/30/2006 15:28:46.755 ERROR ERROR common.2 LegacyError
com.cisco.io.net.rmi.RmiDriver Authenticate "RmiDriver:
rmi://172.16.246.75:1099/CCS_CMB_Connection_CCS_BAPI"
"java.rmi.ConnectException: Connection refused to host: 192.168.9.180;
nested exception is: java.net.ConnectException: Connection timed out:
connect" - Legacy error: null

この Log エントリは確立されるソケット接続がないことを意味します。 これらは考えられる原因です:

  • サーバはファイアウォールの後ろにあります

  • サーバはダウンしています

  • サーバに複数の IP アドレスがあります

サーバがファイアウォールの後ろにある場合、これとして vmoptions ファイルで定義される外部に既知 IP アドレスを必要とします:

java.rmi.server.hostname=[externally_known_ipaddr]

従って、クライアントがネットワーク アドレス変換(NAT)によってサーバに接続するとき、RMI 接続はローカルアドレスの代りにクライアントにそれ自身を識別するために外部に既知 IP アドレスを使用します。

問題を解決するために Collaboration Server の vmoptions ファイルを変更する必要があります。 次の手順を実行します。

  1. vmoptions ファイルを見つけるために C:\Program Files\New アトランタ\ ServletExec ISAPI \ ServletExec に行って下さい。

  2. java.rmi.server.hostname を-行入力して下さい図の矢印 A を 2)参照して下さい

    図 2 — Vmoptions

    connectionfailure-csmb2.gif

  3. この変更が実施されることができるように Internet Information Services (IIS)および Collaboration Server の World Wide Web (WWW)を再起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70909