音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity Administrator にアクセスできる登録者アカウントの作成

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity 管理者にアクセスするためか。、管理者はこれらのアカウントの 1 つを使用できます: Administration または Windows Domain のいずれかのアカウントを使用できます。

  1. Administration アカウント: これは、Cisco Unity を管理するために、インストール中に選択されたアカウントです。 Administration アカウントは、Cisco Unity Administrator にアクセスするサービス クラス(CoS)権限を持つ Cisco Unity サブスクライバ アカウントに自動的に関連付けられます。

  2. Cisco Unity Administrator にアクセスする CoS 権限を持つ Cisco Unity サブスクライバ アカウントに関連付けられた Windows Domain アカウント: このアカウントは、Cisco Unity Administrator にログインするために、 ドメイン管理者グループ(Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合)とローカル管理者グループ(Cisco Unity サーバがメンバー サーバの場合)のいずれかのメンバーである必要があります。 それ以外の場合は、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータから管理者が Cisco Unity Administrator にログインできるように、ローカルでログインできる権限がアカウントに必要です。

注: Cisco Unity を管理するために Cisco Unityサブスクライバ アカウントをとりわけ作成するまで、Microsoft Windows を使用して下さいか。 管理と関連付けられる資格情報は Cisco Unity 管理者にログオンするために説明します。

Administration アカウントの使用を制限できるように、管理者の代わりとなるサブスクライバを作成します。 これで、Administration アカウントが削除されるか破損している場合でも、Cisco Unity Administrator にアクセスするための追加アカウントが確実に使用できます。

前提条件

要件

この設定を行う前に、Cisco Unity 4.0 の管理および Microsoft Windows 2000 ドメインの管理に精通している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unity 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメント内で使用されているデバイスはすべて、クリアな設定(デフォルト)から作業を始めています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco Unity Administrator へのアクセスに使用される Cisco Unity サブスクライバ アカウントには、適切な CoS 特権が必要です。 Cos に加えて、Cisco Unity Administrator へのアクセスに使用されるサブスクライバ アカウントは、Windows Domain アカウントに関連付けられていることが必要です。 詳細については、「Cisco Unity Administrator へのアクセスに使用できるサブスクライバ アカウントの作成」を参照してください。

設定

サービス クラスのシステム アクセス設定

このセクションでは、[Cisco Unity Administrator] ページを使用するよう選択されたサブスクライバが、Windows Domain アカウントに関連付けられていることを前提としています。

Cos アクセス設定で、他のシステム管理者を含むサブスクライバが Cisco Unity Administrator で実行できるタスクが指定されます。 Cisco Unity へのアクセスは、複数の方法でカスタマイズできます。 たとえば、Cisco Unity Administrator へのアクセス、または Cos、サブスクライバ、または配布リストのページなど、Cisco Unity Administrator 内の特定のページへのアクセスを拒否できます。

Cisco Unity Administrator 内の特定のページへのアクセスを拒否すると、これらのページのリンクがサブスクライバには無効になります。 また、これらのページの読み取り、編集、追加、または削除の権限を指定したり、サブスクライバ アカウントのロック解除またはサブスクライバ パスワードの変更を目的としたサブスクライバ ページへのアクセスを許可したりできます。

注: Active Directory アカウントが無効なサブスクライバまたは Windows Domain アカウントのないサブスクライバは、アクセスのための適切な CoS 権限を持っていても、Cisco Unity Administrator にアクセスできません。 Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity Administrator を使用してサブスクライバを作成しており、このサブスクライバがすでに Exchange メールボックスを持っている場合は、Cisco Unity で、無効になっている Active Directory アカウントが有効になることも、サブスクライバの Windows Domain アカウントが新しく作成されることもありません。

GrantUnityAccess を使用して、サブスクライバ アカウントを Windows Domain アカウントに関連付けることができます。これで、管理者は Cisco Unity Administrator にアクセスできるようになります。 また、GrantUnityAccess を使用して、1 つ以上の Cisco Unity サーバ上で 1 つ以上の Windows Domain アカウントへのアクセス権を Cisco Unity Administrator に付与することもできます。それぞれのために、新しいユーザ アカウントを追加する必要はありません。 GrantUnityAccess に関する詳細については、「Unity サブスクライバに関連付けられない管理者アカウント」を参照してください。

CoS を使用して、コール ハンドラ、ディレクトリ ハンドラ、または規制テーブルに関連する管理タスクを実行できるように、サブスクライバの十分なシステム アクセスを許可できます。 完全なシステム アクセス権を持つサブスクライバとしてログインするために、通常、Cisco Unity のインストール時に選択された管理者は次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity Administrator にログインします。

  2. [Subscribers] をクリックし、管理者グループに追加する必要のあるサブスクライバを選択します。

    /image/gif/paws/70727/Unity_admin-01.gif

  3. [Class of service] ドロップダウン メニューから [Default Administrator] を選択し、[View] をクリックします。

    /image/gif/paws/70727/Unity_admin-02.gif

  4. [Class of Service] メニューで [System Access] をクリックします。

    /image/gif/paws/70727/Unity_admin-03.gif

  5. [Call handlers access] をオンにして、コール ハンドラを追加または削除し、サブスクライバが使用できるさまざまなアクセスのレベルを編集または作成します。

    /image/gif/paws/70727/Unity_admin-04.gif

特定のサブスクライバがパスワードをリセットできるように、サービス クラス(CoS)を作成し、パスワードをリセットするためのアクセス権を付与できます。 次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity Administrator にログインします。

  2. [Subscribers] > [Class of Service] に移動します。

  3. +(プラス)符号をクリックして、既存のユーザに基づいて新しい CoS を作成します。 デフォルトのサブスクライバを使用します(または、すでに会社で使用されているサブスクライバがいる場合は、それを使用します)。

  4. ページが表示されたら、[System Access] ページに移動して、次のチェックボックスをオンにします。

    • Cisco Unity Administrator Application Access

      注: このチェックボックスは、この CoS に割り当てられているサブスクライバに、Cisco Unity Administrator へのアクセスを付与する場合にオンにします。 この設定の下のチェックボックスを使用してアクセス レベルを表示できます。

    • Can Unlock Subscriber Accounts and Change Passwords

      注: このチェックボックスをオンにすると、この CoS に割り当てられたサブスクライバが、サブスクライバ ページの必要なフィールドを編集して、サブスクライバ アカウントのロックを解除し、サブスクライバ パスワードを変更できるようになります。 サブスクライバ ページの他のすべてのフィールドについては、読み取り専用アクセスが許可されます。 これは、[Cisco Unity Administrator Application Access] チェックボックスがオンでないか、[Subscribers] の [Read]、[Edit]、[Add]、または [Delete] チェックボックスがオンである場合は使用できません。

  5. [Save] をクリックします。

  6. 新しく作成されたこの CoS を使用して加入者を更新します。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70727