音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

IP Phone が TFTP から IP Phone ロードをダウンロードできない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager のアップグレード後に、一部の IP フォンは TFTP から新しい IP フォン用ロード ファイルをダウンロードせず、Cisco CallManager に登録されません。 このドキュメントでは、この問題について説明し、解決策を提供します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.x 以降

  • Cisco 7900 IP Phone

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco CallManager のアップグレード後、IP フォンの一部は完全にはブートしません。 「Configuring CM List」や「Upgrading Software」など、ブート プロセスのさまざまな状態で停止します。 また、これらの IP フォンは Cisco CallManager に登録されず、「.cnf.xml files cannot be located」エラー メッセージが表示されます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager の Administration ページを開きます。

  2. [Service] > [Service Parameters] の順に選択します。

    ip-phone-wrongversion-error-msg-1.gif

  3. CallManager サーバを選択し、サービスに [Cisco Tftp] を選択します。

    ip-phone-wrongversion-error-msg-2.gif

  4. [Advanced] をクリックします。

    ip-phone-wrongversion-error-msg-3.gif

  5. [Clusterwide Parameters (parameters that apply to all servers)] で次のパラメータを設定します。

    1. [Build CNF Files*] の値を [Build All] に設定します。

      注: [Build CNF Files] サービス パラメータに [Build All] を設定すると、TFTP サーバはすべてのデバイスに対して .cnf.xml と .cnf の両方の形式のコンフィギュレーション ファイルを作成します。 このサービス パラメータに [BuildNone] を設定すると、TFTP サーバはすべてのデバイスに対して .cnf.xml ファイルのみを作成します。 このパラメータがデフォルト値の [BuildSelective] に設定されていると、TFTP サーバはすべてのデバイスの .cnf.xml ファイルを作成します。 さらに、.cnf.xml をサポートしていないデバイスの選択リストに対してのみ .cnf ファイルを作成します。

    2. [Enable Caching of Constant and Bin Files at Startup] パラメータに [False] を設定します。

    3. [Enable Caching of Configuration Files] パラメータに [False] を設定します。

      /image/gif/paws/70570/ip-phone-wrongversion-error-msg-4.gif

      注: デフォルトでは、[Enable Caching of Configuration Files] は [True] に設定されています。 このパラメータが [True] に設定されていると、すべての CNF ファイルおよび XML ファイルはメモリにのみに作成されて保持されます。 このパラメータが [False] に設定されていると、TFTP はすべての CNF ファイルおよび XML ファイルをパス C:\Program Files\Cisco\TFTPPath に書き込みます。 ネットワークに多数のデバイスがある場合は、これらのファイルをディスクへ書き込むのに時間がかかることがあります。 そのため、[Enable Caching of Configuration Files] パラメータに [False] を設定すると、TFTP サーバのパフォーマンスが低下します。

  6. Cisco TFTP サービスを再起動します。 次の手順を実行します。

    1. [Application] > [Cisco CallManager Serviceability] > [Tools] > [Control Center] の順に選択します。

      ip-phone-wrongversion-error-msg-5.gif

    2. Cisco CallManager サーバをクリックし、[Cisco TFTP] を選択し、[Restart] をクリックします。

      /image/gif/paws/70570/ip-phone-wrongversion-error-msg-6.gif

      注: これで C:\Program Files\Cisco\TFTPPath にデバイスのコンフィギュレーション ファイルができます。

  7. 影響を受ける Cisco IP フォンを再起動します。

  8. [Enable Caching of Constant and Bin Files at Startup] パラメータと [Enable Caching of Configuration Files] パラメータの値を [True] に戻します。

    注: Cisco IP フォンが登録できない原因となる問題はいくつかあります。 これらの問題の詳細については、『Cisco IP Phone(7910、7940、7960、12 SP、および30 VIP)を Cisco CallManager 3.x および 4.0 に登録する際の問題のトラブルシューティング』を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70570