音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

MS06-019 または MS07-026 をインストールした後、Eunity for Exchange が一部のサブスクライバにメッセージを配信できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次のいずれかの Microsoft のセキュリティ アップデートをインストールした後に、Cisco Unity においてボイス メッセージを配信できない問題の回避策について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は 4.1(1) による Cisco Unity 4.0(1)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

後インストールした Microsoft セキュリティ更新プログラム MS06-019 を- Microsoft Exchange の脆弱性はサブスクライバにこれらの文leavingcisco.com すべてが本当のとき- Microsoft Exchange の脆弱性リモートleavingcisco.com コード 実行を許可する可能性があります Cisco Unity 音声 メッセージを提供できませんリモート コード 実行MS07-026 を可能にする可能性があります:

  • Cisco Unity サーバで Cisco Unity バージョン 4.0(1) 〜 4.1(1) が稼働している。

    注: この前後のバージョンは該当しません。

  • 該当する登録者の Exchange メールボックスが、Exchange 2003 あるいは Exchange 2000 のいずれかでホーミングされている。

  • 影響を受けたサブスクライバと関連付けられるアクティブ ディレクトリ アカウントは一人以上の管理グループに属します。 たとえば、企業 Admin、スキーマ Admin、ドメイン Admin、または管理者。

  • インストールに許可を与える最後の実行であり、によってサービス・アカウント バージョン 2.1.0.25 より古い 2004 年 9月 8 日日付を記入される Permissions ウィザード(9/8/04)。

    注: Cisco Unity サーバに現在インストールされている Permissions Wizard は、必ずしも、許可の設定に使用されたバージョンであるわけではありません。 Cisco Unity がアップグレードされる際に、新規バージョンの Permissions Wizard が自動的にインストールされます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 適当な Permissions ウィザードの最新バージョンをダウンロードして下さい:

  2. 既存のインストール、ディレクトリ サービスおよびメッセージ記憶装置サービス・アカウントの Permissions ウィザードを実行して下さい。 詳細については Permissions ウィザード ヘルプを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70490