音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

プライマリおよびセカンダリ Unity サーバ間の Unity フェールオーバー データベースの同期の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity バージョン 4.0(3) を実行する Unity プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ間で Cisco Unity フェールオーバー データベースを同期化する方法について説明します。

フェールオーバーが起こるとき、行うプライマリ サーバからのセカンダリサーバへの SQL データベース(UnityDb)のデータへの変更を複製されます。

フェールオーバーの Cisco Unity 4.0(3) へのアップグレードの後でことが見られます:

  • 新しい サブスクライバは Cisco Unity にプライマリ サーバがセカンダリサーバにアクティブな複製されない間、付け加えました。

  • プライマリ サーバの SQL Enterprise Manager を開くとき、レプリケーション モニターがレッド「X」を示すことが分るかもしれません。

  • レプリケーション モニター > パブリッシャの下 > {PrimarySvr} > UnityDBPublication: UnityDB<SecondarySvr> のための最後の操作: UnityDb は保存された手順「sp_MSupd_ADDomain」を見つけることができませんでしたあります。

前提条件

要件

この設定を試みる前にフェールオーバーがプライマリおよびセカンダリサーバで設定されるようにして下さい。 プライマリのフェールオーバーおよび詳細についてはセカンダリサーバの設定を参照して下さい。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity バージョン 4.0(3)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

プライマリとセカンダリ ユニティサーバ間の Unity フェールオーバー データベースを同期して下さい

このセクションではプライマリとセカンダリサーバ間の Cisco Unity フェールオーバー データベースを同期する、方法の情報が表示されます。

手順説明

プライマリおよびセカンダリサーバのデータベースを同期するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. プライマリ サーバで、SQL サーバ Enterprise Manager を開くために Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-1.gif

  2. > {プライマリ サーバ} > 複製 > コンソールルート ウィンドウの左ペインの出版物 Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 して下さい。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-2.gif

  3. UnityDbPublication を右クリックして下さい: UnityDb は『Properties』 を選択 し。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-3.gif

  4. 多くのプロパティから….開始するダイアログボックスで『OK』 をクリック して下さい

    synch-unity-failover-db-prim-sec-4.gif

  5. サブスクリプション タブに行き、初期設定をやり直しますクリックして下さい。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-5.gif

  6. 現われるダイアログボックスで『Yes』 をクリック して下さい。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-6.gif

  7. [OK] をクリックします。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-7.gif

再初期化設定が開始したらこれらのステップを完了して下さい:

  1. レプリケーション モニター > パブリッシャを > {PrimarySvr} > UnityDbPublication 選択して下さい: UnityDb

    synch-unity-failover-db-prim-sec-8.gif

  2. スナップショットエージェントを右クリックし、『Start Agent』 を選択 して下さい。 スナップショットが動作した後、データベースの他は複製されて得る必要があります。

    synch-unity-failover-db-prim-sec-9.gif

確認

同期のステップをプライマリとセカンダリ ユニティサーバ セクション間の Unity フェールオーバー データベース完了した後、セカンダリ データベースはプライマリ サーバからのデータと取り替えられます。

非アクティブ サーバへの UnityDb への変更が複製されることを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. プライマリ サーバで、Windows Start メニューから Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

  2. コンソールルート ウィンドウの左ペインの複製 モニタ > Agents ノードを選択して下さい。

  3. スナップショットエージェントログ リーダー エージェントディストリビューション エージェントおよびキュー リーダー エージェントのエラーがあるかどうか点検して下さい。

    UnityDb が変更した時間に適用しない Ignore エラー。 複製はプライマリおよびセカンダリサーバときの動作している完了した、エージェントではないです非アクティブ、エージェントのステータスはアイドル状態または成功してです。 複製が完了しなかったことをあらゆるエージェントのためのどのその他のステータスでも示します。

    確認情報詳細については確認することをことをフェールオーバー および フェールバック 機能正しく参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70313