音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager サーバでの CDR データベースの再作成

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、CDR データベースが削除されたときに、Cisco CallManager サーバで Call Data Records(CDR)データベースを再作成する方法について説明します。 CDR データベースが削除されている間に、CDR プラグインを実行しようとすると、データベースが存在しないというメッセージを受信します。

前提条件

要件

Cisco はこの ドキュメント を 読む人はこれらのトピックのナレッジがあるはずであることを推奨します:

  • CDR 分析およびレポート

  • Cisco CallManager の管理

  • SQL データベース 管理

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CDR 収集が CDR Enabled フラグ(Cisco CallManagerサービス パラメータ)を通して有効に なる時、Cisco Unified CallManager は加入者サーバでフラットファイルにコールが完了するように CDR を書きます。 Cisco データベース レイヤ モニタ サービスはサブスクライバからパブリッシャ サーバ(か設定されたサーバ)に定期的に CDR ファイルを移動し、Cisco CDR 挿入サービスは設定された CDR データベースにレコードを追加します。 CDR データベースが削除される場合、この資料のプロシージャを使用してデータベースを再び作成する必要があります。

Cisco CallManager サーバでの CDR データベースの再作成

Cisco CallManager サーバの CDR データベースを再び作成するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Start > Programs > Microsoft SQL Server > Query Analyzer の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-1.gif

  2. Cisco CallManager サーバ(ローカルサーバ)にログイン して下さい。 右のデータベースサーバからクエリ アナライザを実行することを確かめて下さい。

    注: Cisco CallManager 3.x に関しては、ユーザ名 および パスワードを『SQL Server authentication』 を選択 し、入力して下さい。

    注: Cisco Unified CallManager 4.0 およびそれ以降に関しては、『Windows NT authentication』 を選択 して下さい。Windows NT 認証は、がシステム 支援 SQL 認証推奨されます。 リリース 4.0 および それ以降のミックス モード認証のための Cisco Unified CallManager を設定 することはサポートされません。 以前のバージョンからアップグレードされる Cisco Unified CallManager 4.x サーバは SQL サーバ 認証と壊れ、システムは Windows NT 認証に戻る必要があります。 Cisco CallManager 3.x から詳細については 4.x へアップグレードした後で SQL クエリ アナライザにログイン することが不可能なユーザを参照して下さい。

    /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-2.gif

  3. Query Analyzer ウィンドウから、mainSQL Query Analyzer ウィンドウに行き、>Open 『File』 を選択 して下さい。

    C:\Program Files\Cisco\Bin\CDR.sql を開き、[Query]、[Execute] の順に選択してクエリを実行します。 ツールバーの緑色の矢印をクリックし、F5 を押してクエリを実行することもできます。 これにより、CDR データベースが作成されます。

    cdr-recreate-ccm-svr-3.gif

  4. SQL Enterprise Manager に移動し、[Microsoft SQL Servers]、[SQL Server Group]、[local]、[Databases]、[CDR]、[Users] の順に選択します。 次に、[New Database User] を右クリックして選択します。

    /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-4.gif

  5. ログインネーム プルダウン メニューから、(だけ CiscoCCMCDR なら既にそこに) 『CiscoCCMCDR』 をクリック し、パブリックおよび db_owner がチェックされることを確かめて下さい。

    /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-5.gif

  6. Cisco CallManager サーバを再起動して下さい。

  7. CDR Enabled フラグが有効に なるようにするためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. Cisco CallManager Administration ウィンドウで Service > Service Parameters の順に選択 して下さい。

    2. サービスとしてサーバおよび Cisco Unified CallManager として CallManager を選択して下さい。

    3. Service Parameters ウィンドウで、システム > CDR Enabled フラグを選択し、本当にこのパラメータを設定 して下さい。

    4. [Update] をクリックします。

      cdr-recreate-ccm-svr-6.gif

      詳細については CDR サービスパラメータの設定を参照して下さい。

  8. Cisco CDR サービス全員がパブリッシャ および サブスクライバ サーバで実行されていることを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

    1. Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 して下さい。

    2. サービス Cisco CDR 分析およびレポート スケジューラーおよび Cisco CDR が挿入開始することを確認して下さい。

      そうでなかったら、これらのサービスを選択し、これらのサービスを開始するために『Start Service』 をクリック して下さい。

      /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-7.gif

  9. Cisco データベース レイヤ モニタ サービスを再開し、パブリッシャ および サブスクライバの間で複製を得るかどうか見るためにこれらのステップを完了して下さい。

    1. Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 して下さい。

    2. Cisco データベース レイヤ モニタ サービスを選択して下さい。

    3. このサービスを停止するために『Stop Service』 をクリック して下さい。

    4. サービスを再度開始するために『Start Service』 をクリック して下さい。

      /image/gif/paws/70259/cdr-recreate-ccm-svr-8.gif

確認

あらゆるエラーメッセージへの動作しないで CDR プラグインを実行できるはずです。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70259