コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICM 設定の変更を追跡する dumpcfg 管理ツールの使用

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、データベース管理のツールである dumpcfg のユーティリティ プログラムを説明します。 dumpcfg のツールの主要な機能は、Logger データベースの Config_Message_Log テーブルをダンプし、意味のある形式でテーブルを表示することです。 Config_Message_Log テーブルは、IP コンタクト センター(IPCC)エンタープライズ環境の設定変更を記録しています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

  • Cisco IPCC

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC 企業版

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ICM システムは設定 データベースの挿入、削除および更新を把握します。 システムは Config_Message_Log と指名されるデータベーステーブルでこの設定履歴を保ちます。

Config_Message_Log はそのデータベースシステム 表ストア設定メッセージです。 Config_Message_Log はこれらの要素が含まれています:

  1. RecoveryKey: RecoveryKey は仮想 な時間をトラッキングするのに ICM ソフトウェアが内部で使用する値です。 このキーは各新記録のための 1 つによって増分する 12 ディジット 設定 シーケンス順序番号に変換することができます。

  2. LogOperation: LogOperation はコンフィギュレーション変更の種類を示します。 「追加すれば」「アップデート」は LogOperation のための例です。

  3. TableName: TableName はコンフィギュレーション変更が影響を与える表の名前を表します。

  4. DateTime: DateTime は一組のメッセージが記録 された 日時を示します。

  5. ConfigMessage: ConfigMessage はトランザクションのすべての設定メッセージをリストします。

Config_Message_Log をダンプして下さい

Config_Message_Log 表はネイティブ状態で幾分秘密です。 従って、Config_Message_Log 表を理解するために、データを抽出する必要があり読解可能で、有意義な形式にデータを変換します。 dumpcfg ユーティリティはデータを処理し、このリストの情報を表示することができます:

  • だれがどんなオペレーションを実行されたか

  • 変更をしたときに発生して下さい

  • どのプログラムが変更を行なったか

Config_Message_Log 表の詳細を表示するために、dumpcfg ユーティリティ プログラムを実行できます。 コンフィギュレーション変更の監査証跡は現われます。 ロガー データベースに対して dumpcfg ユーティリティを実行できます。 このユーティリティ用の構文はここにあります:

dumpcfg <database>[@server] <low recovery key> [high recovery key]

この構文:

  • < データベース > はロガー データベースのケース センシティブの名前を、たとえば、lab60_sideA 表します。

  • @server は ICM Admin Workstation (AW)またはロガーのホスト名を表します。

    注: 疑わしいサーバでコマンドを実行する場合「@」文字が付いている @server を代わりにして下さい。

  • < 低いリカバリ キー > は[高いリカバリ キー]設定 シーケンス順序番号(Config_Message_Log 表の RecoveryKey フィールド)を表し。 すべての変更をトラッキングするために、ICM はこの設定 シーケンス順序番号を増分します(のピンク長方形を 1)参照して下さい。

これらの変更の完全なダンプするを生成 するためにこのコマンドを実行して下さい:

dumpcfg lab60_sideA@. 0

lowRecoveryKey の値をゼロに設定して下さい(0)、highRecoveryKey を廃棄すれば(の矢印 A を 1)参照して下さい。

図 1 dumpcfg プログラムの部分的な出力を表示する。

dumpcfg を実行し、ASCII テキストファイルで出力を保存することはこの構文と dumpcfg-output.txt を、実行しますコマンドを指名しました:

dumpcfg lab60_sideA@. 0 > dumpcfg-output.txt
図 1 – dumpcfg ユーティリティおよび部分的な出力

/image/gif/paws/69985/dumpcfg_icmconfig_01.gif

これらの方法の 1 つの設定からの実際のシーケンス番号を判別できます:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 69985