音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity のトレース コール情報

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity の問題をトラブルシューティングする場合、シスコのテクニカル サポート エンジニアが問題を診断するのに役立つトレースを収集する必要が生じる場合がります。 Unity の単一のマイクロ トレース、MiuGeneral 12 は、Cisco Unity で処理された各コールの有益な情報を提供します。 このトレースが提供するコール情報には、時間、ポート、コールの発信元、原因、発信者 ID、発信先 ID、およびリダイレクト ID が含まれます。 このドキュメントでは、トラブルシューティングにおけるこのトレースの有効性、および Cisco Unity AvCsMgr 診断ファイルからこの情報をフィルタリングする方法について説明します。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unity 診察道具を使用するトレースを設定 したり 診断ファイルを収集するのに方法のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity のすべてのバージョンに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

呼び出し情報をトレースして下さい

Cisco Unity からの呼び出し情報を収集し、フィルタリングするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. MiuGeneral 12 のためのマイクロ トレースを設定するのに Cisco Unity 診察道具を TAPI イベント使用して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Start > Programs > Unity > Unity Diagnostic Tool の順に選択 して下さい。

    2. ダブルクリックはマイクロ トレースを設定します

      unity-trace-call-info-1.gif

      Configure Micro Traces ウィザード ウィンドウへの歓迎は表示する。 [Next] をクリックします。

      unity-trace-call-info-2.gif

    3. TAPI イベントを MiuGeneral コンポーネントの下でチェックし、次に『Next』 をクリック して下さい。

      このメッセージ表示: を探します。

      The System now reflects the Micro Traces you configured

      unity-trace-call-info-3.gif

  2. AvCsMgr 診断ファイルを収集するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. Cisco Unity 診察道具では、新しいログファイルを開始するために開始する新しいログファイルをダブルクリックして下さい。

      unity-trace-call-info-4.gif

    2. 電話を作って下さい。

    3. 現在のログ ファイルを閉じるために開始する新しいログファイルをダブルクリックして下さい。

    4. 正しいログインを c:\CommServer\Logs ディレクトリ見つけて下さい。

      ファイル名の形式は xxxxxxxx が年および日付を表す、yyyyyy 時間、分、および第 2 を表します diag_AvCsMgr_xxxxxxxx_yyyyyy.txt であり。 AvCsMgr 複数の診断ファイルが通常利用できるので、何時に発生して解決したいと思う振る舞いを知る必要があります。

  3. AvCsMgr 診断ファイルから関連した行を得るのにテキスト フィルタリング ツールを使用して下さい。

    AvCsMgr 診断ファイルは通常多くの行が含まれているので、特定の呼び出し情報を与える行を得るためにファイル フィルタリング ツールを、Findstr またはグレップのような利用することは重要です。 呼び出し情報 詳細は MiuGeneral,12 および統合を両方含む行で見つけることができます。 たとえば、正規表現の AvCsMgr 診断ファイルのグレップを使用して .*MiuGeneral,12.*INTEGRATION.* は一組のこの出力例のような行という結果に示します終るかもしれません:

    13:12:59:141 (AvDiagnostics_MC,2195,MiuGeneral,12) [Thread 5768] 
    [Port 1] [84D3F74740F14E56B9C16F5EBC223839] [Thread 0x00001688] 
    [Port 1] INTEGRATION CallInfo received (Origin Internal | Reason Direct | 
    CallerID 80000 | CalledID 23000 | RedirectingID Unknown). 
    
    13:17:09:985 (AvDiagnostics_MC,2195,MiuGeneral,12) [Thread 3704] [Port 1] 
    [FC738513AD7D4408BD962B261DD2D7BF] [Thread 0x00000E78] [Port 1] 
    INTEGRATION CallInfo received (Origin Internal | Reason Direct | 
    CallerID 80000 | CalledID 23000 | RedirectingID Unknown).  
    
    13:17:19:282 (AvDiagnostics_MC,2195,MiuGeneral,12) [Thread 5776] 
    [Port 17] [2BF09FBABCE249E9A970607ED22BB56F] [Thread 0x00001690] 
    [Port 17] INTEGRATION CallInfo received (Origin External | 
    Reason Unavailable | CallerID Unknown | CalledID 0000 | 
    RedirectingID Unknown).
    
    13:17:21:297 (AvDiagnostics_MC,2195,MiuGeneral,12) [Thread 5776] 
    [Port 17] [2BF09FBABCE249E9A970607ED22BB56F] [Thread 0x00001690] [Port 17] 
    INTEGRATION CallInfo received (Origin External | Reason Unavailable | 
    CallerID Unknown | CalledID 0000 | RedirectingID Unknown). 
    
    13:17:27:204 (AvDiagnostics_MC,2195,MiuGeneral,12) [Thread 5732] 
    [Port 1] [1493D6EC9C784DAAA10D43A355547250] [Thread 0x00001664] 
    [Port 1] INTEGRATION CallInfo received (Origin Internal | Reason Direct | 
    CallerID 80000 | CalledID 23000 | RedirectingID Unknown).

    各行は有益な呼び出し情報を提供します:

    time =                 13:12:59:141   
    port =                 [Port 1]
    origin =               Origin Internal
    reason =               Reason Direct
    callerid =             CallerID 80000
    calledid =             CalledID 23000
    redirectingid =        RedirectingID Unknown  

関連情報


Document ID: 69977