コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CRS バージョン 3.x および 4.0.x のための CRS クイック トレース ガイド

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 9 月 30 日) | フィードバック


目次

TTS

概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express 環境の Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)サーバで速いトレースにガイドラインを提供したものです。 このドキュメントはあくまでガイドとして使用するものであり、すべての状況については説明しません。 この資料が述べる何を状況の問題を解決するために、よりより多くのデータを収集する必要がある場合もあります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x か 4.x

  • Cisco CRS バージョン 3.x または 4.x

    Cisco Unified CallManager と CRS 間の完全な互換性の情報に関しては Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)ソフトウェアおよびハードウェア互換性 ガイドの行列、とこのソリューションに関連する CRS バージョンを参照して下さい。

    Cisco CRS はこれらの製品に単一の一貫した、および管理が容易 な プラットフォームを提供します:

    • Cisco Unified Contact Center Express 版(Cisco Unified Contact Center Express)

    • Cisco IP 音声自動応答装置(IP IVR)

    • Cisco IP Queue Manager (IP QM)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

はじめに

各拡大にある特定の最小限の要件があります。 拡大の前に、これらのステップを実行して下さい:

  • 適切なトレースをつけて下さい(セクションをつけるためにトレースを参照して下さい)。

  • 問題をもし可能なら再生して下さい。

  • 各のためのログを現象カテゴリ集めて下さい(現象カテゴリ 表 セクションを参照して下さい)。

  • 問題を増やす前にログオンし、詳細を解決します詳細検査して下さい。

キー ワード

解決するときログで探すいくつかのキー ワードはここにあります:

  • 例外

  • Error

  • 失敗

  • Fault(障害)

  • OOS、OUT_OF_SERVICE または Out Of Service。

  • 最後の復元が完了しなかったことを RECOVERY_DETECTED、従ってそれは意味します。 この問題を解決するために試み、リストア プロセスを再度実行して下さい。

  • 見ればログの POTENTIAL_DEADLOCK_DETECTED は、DEADLOCK_AVOIDED を見ないがことを POTENTIAL_DEADLOCK_DETECTED、従ってそれは、エンジン 再始動における問題を解決することを試みます意味します。

つくべきトレース

このセクションは拡大の前につける必要があるトレースをリストします。

概要トレース情報

すべての CRS サーバ トレースはデバッグ トレースを表示します。 たとえば CRS トレースが ICD_HDM を示すとき、ICD_HDM のための CRS デバッグ トレースをつけて下さい。

100 にトレースする設定 された Java Telephony API (JTAPI) ログファイルの数を高め、MISC_DEBUGGING を除くすべてのデバッグ レベルを選択する時。 エンジンを再起動することを忘れないようにして下さい。 使用 回転ログ ファイル オプションがチェックされるようにして下さい。

CRS トレースが CCM を示すとき、CallManagerサービスおよび CTIManager サービス両方のためにことを推論できます:

  • オプションのトレースはチェックされます

  • 水平な Debug trace は詳しいに設定 されます

  • 他のトレースはすべてデフォルトに設定 されます

さらに、すべての CCM ノードからのこれらの CCM ログを収集して下さい:

  • C:\Program Files\Cisco\Trace\SDL\CCM (SDL トレースファイル)

  • C:\Program Files\Cisco\Trace\SDL\CTI (SDL トレースファイル)

  • C:\Program Files\Cisco\Trace\CCM (CCM トレースファイル)

  • C:\Program Files\Cisco\Trace\CTI (CTI トレースファイル)

CRS 4.0.x 既定のトレース

CRS 3.0.x システムのこれらのデバッグをつけるように CRS 4.0.x デフォルト トレースを一致するために、して下さい:

  • SS_CM

  • SS_RM

  • SS_RMCM

  • SS_TEL

トレース最小の

必要のトレースの最小レベルはここにあります:

最小トレースはすべての問題に必要です。 他の問題はすべてさまざまなカテゴリーで述べられる特定のトレースと最小トレースを、必要とします。

現象カテゴリ

現象カテゴリ 表はここにあります:

主要なカテゴリ 下位範疇
アプリケーション 管理問題 スクリプト アップロードかアプリケーション 設定
アプリケーション ロードおよび呼び出し問題 アプリケーション ロードおよび呼び出し問題
ASR/TTS/VXML
デスクトップ問題およびコール制御
IPIVR (ICM)関連 問題 IPIVR (ICM)関連 問題
問題の報告
スクリプト動作問題 スクリプト動作問題
サブシステムは発行します サブシステムは発行します(を含むマシン再起動/エンジン 始動問題)
アップグレードおよびインストール問題
VoIP モニタリングおよび記録問題 VoIP モニタリングおよび記録問題

アプリケーション 管理問題

これらはアプリケーション 管理問題に必要なトレースおよびログの最小レベルです:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MADM

        • ADM_CFG (3.x の ADM)

        • LIB_CFG (CRS 4.x だけ)

        • LIB_AXL (CRS 4.x だけ– JTAPI コンフィギュレーションアイテムだけに関しては)。

  • ログ

    • CRS サーバ

      • MADM (4.x だけ)

      • C:\Program Files\wfavvid\tomcat _appadmin \ログ\ * (CRS 3.x だけ)

    • CCM - プライマリ JTAPI プロバイダ

      • C:\Program Files\Cisco\Trace\AXL\ * (JTAPI コンフィギュレーションアイテムだけのために)

スクリプト アップロードまたはアプリケーション 設定問題

これらのトレースおよびログと共にアプリケーション 管理 Issues セクションにリストされているトレースおよびログを収集して下さい:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • APP_MGR

        • SCRIPT_MGR (CRS 4.x だけ)

        • PROMPT_MGR (敏速なアップロード問題のために必要とされるただ)

        • ENG

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

      • MADM (CRS 4.x だけ)

      • C:\Program Files\wfavvid\tomcat _appadmin \ログ\ * (CRS 3.x だけ)

アプリケーション ロードおよび呼び出し失敗

必要なトレースおよびログはここにあります:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • APP_MGR

        • ENG

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

ASR/TTS/VXML 問題

ASR[ASR]

これらのトレースおよびログは ASR 問題を解決して必要です:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • SS_MRCP_ASR (Xdebugging1 CRS 4.x だけ)

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の TRACELEVEL.MIVR.SS_NUAN_ASR.XDEBUGGING=true

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の TRACELEVEL.MIVR.SS_NUAN_TTS.XDEBUGGING=true

        注: 最後の 2 つのトレースは実施されるために CRS エンジンの再始動が要求します。

  • ログ

    • CRS サーバ

      • MIVR (デバッグ レベルのために)

    • スピーチ サーバ(CRS 3.x だけ)

      • C:\Program Files\Cisco システム\ WFNuance SpeechServer \ログ\ *.* -すべての設定されたスピーチ サーバから集めて下さい。 これらのログは CRS と同じ場所に配置することができます。

TTS

これらのトレースおよびログは TTS 問題を解決して必要です:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • SS_MRCP_TTS (Xdebugging1 CRS 4.x だけ)

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の TRACELEVEL.MIVR.SS_NUAN_ASR.XDEBUGGING=true

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の TRACELEVEL.MIVR.SS_NUAN_TTS.XDEBUGGING=true

        注: 最後の 2 つのトレースは実施されるために CRS エンジンの再始動が要求します。

  • ログ

    • CRS サーバ

      • MIVR (デバッグ レベルのために)

    • スピーチ サーバ(CRS 3.x だけ)

      • C:\Program Files\Cisco システム\ WFNuance SpeechServer \ログ\ *.* -すべての設定されたスピーチ サーバから集めて下さい。 これらのログは CRS と同じ場所に配置することができます。

VXML

これらのトレースおよびログは VXML 問題を解決して必要です:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • SS_VB

        • STEP_VOICEBROWSER (CRS 3.x だけで)

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

デスクトップ問題/コール制御

エージェントデスクトップ問題およびコール制御

Cisco Agent Desktop においての問題かコール制御はこれらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • JTAPI

      • MIVR

        • ICD_CTI

    • エージェントデスクトップ

      • Level=305 (レベル = CRS 3.x) (C:\program files\cisco\desktop\config\agent.ini のための 204 (3.x = fastcalllocal.ini))。 CRS 3.x では、トレースを設定 するために Cisco Agent Desktop を閉じ、再開して下さい。 CRS 4.x でトレースは動的に設定 されます。

  • ログ

    • CRS サーバ

      • JTAPI

      • MIVR

    • エージェントデスクトップ

      • C:\program files\cisco\desktop\log\agent *.*

      • C:\program files\cisco\desktop\log\ciscojtapi *.* (CRS 3.x だけ。とない CRS 4.x で存在 するこのファイル。)

Cisco スーパバイザ デスクトップにおいての一般的 な 問題

Cisco スーパバイザ デスクトップにおいての一般的 な 問題に関しては、これらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • Cisco Supervisor Desktop

      • Level=305 (レベル = CRS 3.x のためののための 204) C:\program files\cisco\desktop\config\supervisor.ini。 CRS 3.x でトレースを設定 するために Cisco スーパバイザ デスクトップを閉じ、再開して下さい。 CRS 4.x では、トレースは動的に設定 されます。

      • レベル = 4

      • ICD_CTI

  • 記録 します

    • Cisco Supervisor Desktop

      • C:\program files\cisco\desktop\log\agent *.*

      • C:\program files\cisco\desktop\log\supervisor *.*

Cisco スーパバイザ デスクトップ(例においてのエージェントの状態問題: 抜けたエージェント)

Cisco スーパバイザ デスクトップにおいてのあらゆるエージェント問題に関しては、Cisco スーパバイザ デスクトップ セクションにおいての一般的 な 問題で述べられるトレースおよびログと共にこれらのトレースを収集して下さい:

  • トレース

    • Cisco Supervisor Desktop

      • C:\program files\cisco\desktop\config\FCCServer.cfg のための Level=4

Cisco スーパバイザ デスクトップにおいての問題の報告

これらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS は断絶します

      • MIVR

        • ICD_RTDM デバッグ(すべての CRS バージョン) + Xdebugging 1 (CRS 4.x だけ)

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の Set フラグ TRACELEVEL.MIVR.ICD_RTDM.XDEBUGGING=true

        • ICD_CTI

  • 記録 します

    • Cisco Supervisor Desktop

      • C:\program files\cisco\desktop\log\ *.log

      • C:\program files\cisco\desktop\log\ *.dbg

    • CRS サーバ

      • MIVR

IPIVR (ICM)関連 問題

これらのトレースおよびログは IPIVR に関する問題に必要です:

  • トレース

    • CRS は断絶します

      • MIVR

        • SS_ICM

        • LIB_ICM

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

問題の報告

史的記事問題

史的記事問題はこれらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • 史的記事クライアント

      • C:\program files\cisco cra 史的記事\スケジューラー\ sch.ini 変更ログ Level=4

      • C:\program files\cisco cra 史的記事\ hrcConfig.ini 変更ログ Level=3

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • ICD_HDM

        • CRA_HRDM

  • 記録 します

    • 史的記事クライアント

      • C:\program files\cisco cra 史的記事\ログ\ *

      • C:\program files\cisco cra 史的記事\スケジューラー\ ciscosch.log

      • C:\program files\cisco cra 史的記事\スケジューラー\ historicalreportscheduler.mdb

    • CRS サーバ

      • MIVR

    • 歴史的レポート サーバー(クライアントログイン問題に必要ではない)

      • データベースからの平文テキスト・ファイルへのエクスポート データ。

リアルタイム レポート問題

リアルタイム レポート問題はこれらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • ICD_RTDM デバッグ(すべての CRS バージョン) + Xdebugging 1 (CRS 4.x だけ)

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の Set フラグ TRACELEVEL.MIVR.ICD_RTDM.XDEBUGGING=true

  • ログ

    • CRS サーバ

      • MIVR

    • タイムスタンプにおける問題を示すスクリーン ショット

キューでスタックしている呼び出し

キューでスタックしている呼び出しはこれらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS サーバ

      • MIVR

        • ICD_RTDM デバッグ(すべての CRS バージョン) + Xdebugging 1 (CRS 4.x だけ)

        • ファイル C:\Program Files\wfavvid\system.properties (CRS 3.x だけ)の Set フラグ TRACELEVEL.MIVR.ICD_RTDM.XDEBUGGING=true

        • ICD_CTI.

      • JTAPI

    • callmanager

      • CCM

  • 記録 します

    注: キャプチャはコールがコールがスタックしている得た時間に開始した時間から記録 します。

    • クライアントの報告

      • 連絡先および CSQ IP ICD 統計リアルタイムレポートのスクリーン ショット。

      • タイムスタンプにおける問題を示すスクリーン ショット

    • CRS サーバ

      • JTAPI

      • .aef スクリプト。

    • callmanager

      • CCM

スクリプト動作問題

スクリプト動作においてのあらゆる問題に関しては、これらのトレースおよびログは必要です:

  • トレース

    • CRS は断絶します

      • MIVR

        • APP_MGR

        • ENG

        • SCRIPT_MGR (CRS 4.x だけ)

        • 関連ステップおよびサブシステム トレースを選択して下さい。

          • DB ステップ関連 問題のための例、:

            • SS_DB

            • STEPS_DB (CRS 3.x の DB_STEPS)

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

サブシステムは発行します

サブシステム問題はマシン再起動およびエンジン 始動問題が含まれています。 これらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS は断絶します

      • MIVR

        • 対応するサブシステム デバッグ

        • ENG

  • 記録 します

    • CRS サーバ

      • MIVR

      • エンジンが開始しない場合、Windows アプリケーションを必要とし、システムイベント ビューアは記録 します

        注: 保存をオプションとして常に使用し、.txt 形式のファイルを保存して下さい。 .evt 形式のファイルを保存しないで下さい。 また、エクスポート オプションを使用しないで下さい。

アップグレードかインストール上の問題

アップグレードおよび問題バーの

アップグレードまたはバックアップと復元システム(バー)においての問題はこれらのトレースおよびログを必要とします:

  • トレース

    • CRS 4.x デフォルト

  • ログ

    • バー バックアップサーバ(一般的に CallManagerパブリッシャ)からのログ:

      注: これらのファイルを ZIP にし、ファイルを、BARS.zip 名付けて下さい

      • C:\Program Files\cisco\trace\BARS\ *.*

      • C:\Program Files\common ファイル\ Cisco \ログ\バー\ *.* (を含む\バックアップおよび\復元 フォルダ)

      • C:\winnt\system32\barbi.log

    • 各 CRS サーバから

      注: これらのファイルを ZIP にし、X が CRS ノード番号を表示するファイル CRSNodeX.zip を名付けて下さい。

      • C:\ ドライブにこれらのファイルをコピーして下さい:

        • C:\CalInstall.log

        • C:\CRSAutorun.log

        • C:\CRSMsiInstallLog.txt

        • C:\CRSMsdeInstallLog.txt

        • (存在 するそれ) C:\CRSMsiUnregister.log

        • C:\UpdateTool.log

        • C:\SQLInstallLog.txt

        • C:\jcuLog.txt

        • C:\SQLUtil.log

        • C:\Updatetool.log

      • CRSInstall と名付けられるフォルダにこれらのファイルをコピーして下さい

        • C:\Documents and Settings\ は < ログオンしましたアカウントを、一般的に「管理者" > \ローカル 設定\臨時雇用者\ CRSInstallation \ *.* (「管理者」ほとんどの場合)

      • WINNT と名付けられるフォルダにこれらのファイルをコピーして下さい

        • C:\Winnt\ *.*

          注: ファイルのこのセットは WINNT および明らかにない全体のディレクトリまたはすべてのファイルのルートのインストール失敗の日付に、作成されたファイルが含まれています。

      • MCVD と名付けられるフォルダにこれらのファイルをコピーして下さい:

        注: これらのファイルはエラーに出会ったプロセスの一部によって、ないかもしれないしまたはそうではないかもしれません。

        • C:\Program Files\wfavvid\log\MCVD\ *.*

    • MIVR と名付けられるフォルダにこれらのファイルをコピーして下さい:

      注: これらのファイルはエラーに出会ったプロセスの一部によって、ないかもしれないしまたはそうではないかもしれません。

      • C:\Program Files\wfavvid\log\MIVR\ *.*

    • MARC と名付けられるフォルダにこれらのファイルをコピーして下さい:

      • C:\Documents and Settings\ は < アカウントを、一般的に「管理者" > \ローカル 設定\臨時雇用者\ログ\ MARC \ *.* ログオンしました

    • Windows アプリケーションおよびシステムイベント ビューア ログ

      注: 保存をオプションとして常に使用し、.txt 形式のファイルを保存して下さい。 .evt 形式のファイルを保存しないで下さい。 また、エクスポート オプションを使用しないで下さい。

インストール上の問題

インストール上の問題はこれらのトレースおよびログを必要とします:

VoIP モニタリングおよび記録問題

これらのトレースおよびログは必要です:

  • トレース

    • Cisco Supervisor Desktop

      • Level=8000 C:\program files\cisco\desktop\config\supervisor.ini)

    • CRS サーバ

      • C:\Program Files\Cisco\Desktop\config\FCVoipmonsvr.cfg set level = 2 (ダイナミック)

      • C:\Program Files\Cisco\Desktop\config\ FCRasSvr.cfg 一定範囲 = 1 – 4、50,3000 – 8000

  • ログ

    • Cisco Supervisor Desktop

      • C:\program files\cisco\desktop\log\agent *.*

      • C:\program files\cisco\desktop\log\supervisor *.*

    • CRS サーバ

      • C:\Program Files\Cisco\Desktop\log\FCVoipmon *.*

      • C:\Program Files\Cisco\Desktop\log\ FCRas*.*

スニファートレースは頻繁に適切な音声 ストリームを受け取るかどうか判別して必要です。

  • 記録するため: エージェントデスクトップと記録サーバからのスニファー キャップ。

  • 監視するため: エージェントデスクトップと Cisco スーパバイザ デスクトップからのスニファー キャップ。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 69952