音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity ボイスメール: 無効なキーが押されたときに同じメッセージが繰り返される

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity ボイスメール システムにおいてグリーティングが再生された後に無効なキーを押した場合は、デフォルトのグリーティングが再生されます。 このドキュメントでは、ユーザがグリーティングの後に無効なキーを押した場合に、グリーティングを繰り返す方法について説明します。

前提条件

要件

Cisco Unity 管理の基本的な知識は必要です。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity 4.0 に基づいて作成されます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

エラー メッセージは無効 な エントリがコール ハンドラまたはサブスクライバ メッセージで間、作成されるとき発信者がどこにルーティングされるか定めます。 デフォルトで、発信者は「残念であることを言うプロンプト演じられます、ことを選択」聞かなかったし、開始グリーティング コール ハンドラに戻ります。 このメッセージが適切ではない場合、エラー メッセージを変更でき、それを調節するためにシステムの他のどのメッセージも好んで下さい。 無効なキーを押してもこの資料に同じメッセージを繰り返すために Cisco Unity を設定する方法を記述されています。

エラーに露出された場合コール ハンドラを設定して下さい

このセクションは方法の情報とコールがエラー--にさらされる場合コール ハンドラをメッセージを繰り返すために設定する示します。 レジストリのデフォルト値はエラー グリーティングを隠す 0 です。

手順説明

ユーザが無効なキーを押しても Cisco Unity を同じメッセージを繰り返すために設定するようにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity ツール ターミナルを開き、これらのステップを完了して下さい:

    1. 管理 ツールを拡張して下さい。

    2. Advanced Settings ツールをダブルクリックして下さい。

    3. 『Administration - Expose the error greeting for subscribers on the SA』 を選択 して下さい。

    4. 1.にレジストリキーを設定 して下さい

    5. 『Set』 をクリック し、次に終了して下さい

    unity-vm-repeat-greeting-1.gif

  2. Cisco Unity System Admin Webページを開いて下さい。

  3. プルダウン メニューから Call Handlers > Greetings の順に選択 し、『Error』 を選択 して下さい。

    unity-vm-repeat-greeting-2.gif

  4. メッセージ ページをスクロールし、『Select Call Handler』 をクリック して下さい。

  5. コール ハンドラをリストから選択し、『SAVE』 をクリック して下さい。

    unity-vm-repeat-greeting-3.gif

確認

この設定を確認するために無効なキーを間、サブスクライバかコール ハンドラの 1 人で押します。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 69651