音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Express

オーストラリアで Cisco CallManager Express と Cisco Unity Express がサマータイムにより受ける影響

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

オーストラリアでの多くの州では、2006 年にメルボルンで行われたコモンウェルス ゲームズにより夏時間が変更されました。

オーストラリアでは、夏時間の終了が 3 月の最終週から 4 月の第 1 週に変更されました。 この変更の影響は、夏時間の終了時刻が 2006 年 3 月 26 日(日曜日)午前 3 時ではなく、2006 年 4 月 2 日(日曜日)午前 3 時になったことです。 この変更は 2006 年だけに適用されます。

夏時間はオーストラリア国内の次の州に影響します。

  • ビクトリア

  • タスマニア

  • サウスオーストラリア

  • ニューサウスウェールズ

  • オーストラリア首都特別地域(ACT)

このドキュメントでは、Cisco CallManager Express および Cisco Unity Express に対する夏時間の変更の影響と、その回避策について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager Express および Cisco Unity Express のすべてのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

システム時刻リソースを使用するすべての Cisco CallManager Express および Cisco Unity Express アプリケーションは、この夏時間の変更の影響を受けます。 アプリケーション サーバで手動による介入を行い、時刻を変更してこのイベントの影響を最小限に抑えることを強くお勧めします。

問題

ローカル時刻の変更に対応するため、Cisco CallManager Express および Cisco Unity Express のシステム時刻を調整します。 システム時刻が調整されない場合、2006 年 3 年 26 日から 2006 年 4 月 2 日までの間は、システムが正確な時刻よりも 1 時間先の時刻で動作します。 この場合、ログ ファイル、レポート、および表示機能での誤ったタイム スタンプや、クライアント サーバ同期での問題などが発生します。

解決策

Cisco CallManager Express

手動で Cisco CallManager Express の時刻を変更し、Cisco CallManager Express をネットワーク タイム プロトコル(NTP)サーバとして設定します。 次の手順では例を示します。

  1. オーストラリア メルボルンの時刻を変更します。

    clock timezone est +11
    clock summer-time pdt recurring
    ntp server ip-address
  2. 2006 年 4 月 2 日(日曜日)午前 3:00(0300)以降、これを次のように変更します。

    clock timezone est +10
  3. Cisco CallManager Express で次のコマンドを追加します(Cisco CallManager Express を Cisco Unity Express の ntp master として設定)。

    ntp clock-period 17179371
    ntp master
    ntp update-calendar
    ntp server 10.32.152.1
    ntp server 171.68.10.80
    ntp server 171.68.10.150
    !

Cisco Unity Express

Cisco CallManager Express を NTP サーバとして使用します。 『Cisco CallManager Express の手順』のステップ 3 の例に基づき、次の出力例を使用して設定を行います。

ntp server 10.32.152.1

NM-Cisco Unity Express モジュールをルータに初めて挿入するときに、工場出荷時にインストールされているソフトウェアは、IP アドレッシングおよびその他の基本設定が完了した時点ですでに稼働しています。 ルータと Cisco Unity Express モジュールの両方で NTP 設定が完了したら、クロックを同期するためアプリケーションを再起動する必要があります。


関連情報


Document ID: 69615