音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Personal Communications Assistant の拡張性

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Personal Communications Assistant(Cisco PCA または CPCA)は、スロットリング メカニズムを実装しており、ブラウザの要求により Cisco Unity サーバに課される負荷を制御します。 スロットリング メカニズムは、サーバの過負荷が始まると、ユーザに「Server is busy(サーバがビジー状態です)」というメッセージを返します。 コンフィギュレーション ファイルで定義されているパラメータ セットでは、スロットリングを制御します。 これらのパラメータの値を変更して、サーバにより多くの負荷を許可した場合、結果として、「Server is busy(サーバがビジー状態です)」というメッセージを受け取らないまま、システムに同時接続するユーザ数が増加します。 ただし、Web トラフィックからの負荷の増加は、サーバにボイスメール トラフィックを処理するための容量が十分に残っていないことを意味します。

パラメータは Cisco Unity インストール プログラムの制限によるハードウェアプラットフォームに関係なく同じ値に最初に設定 されます。 インストーラによる値が設定はローエンド プラットフォームのために適切より多くのロードを処理するにはできるハイエンド プラットフォームのために余りにも厳しくないです、ではない。 これはハイエンド プラットフォームが豊富な可能性 独自ににスケーリングしないことを意味します。 この資料は方法で手順をハイエンド プラットフォームの最適値にパラメータを変更する提供したものです。 これらのスロットル パラメータの値は注意深く選択されました。 プロシージャに示すようにプラットフォームに適切なこの資料で値だけ使用して下さい。 また機能を変更するために Cisco Unity または再実行 Cisco Unity Setup をアップグレードしたらことにそれデフォルト値にパラメータをリセットするかもしれません注目して下さい。 この場合、このプロシージャを繰り返す必要があります。

この文書に記載されている情報を使用する前に Cisco Unity がきちんとインストールされ、はたらくようにして下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

これで物以外サーバまたはソフトウェア リリースのこの文書に記載されている情報をセクション使用しないで下さい。 この操作は Cisco Unity Setup を不安定にすることができ Cisco はそれをサポートしません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco PCA スロットル パラメータを変更して下さい

スロットル パラメータは XML ファイルにあります。 プラットフォームに関しては第 2 および 3 の上にありました、ファイルを編集し、パラメータを変更するために Cisco Unity の Webサーバを再起動して下さい。 プラットフォーム オーバーレイ第 1 の場合、ようにこのプラットフォームのサポートされたロードをデフォルト スロットル パラメータ値可能にこのプロシージャをスキップできます。

Cisco PCA へのアクセスは Webサーバが再起動する間、破壊されます。

次の手順を実行します。

  1. <commserver> \ cscoserv \ ciscopca \ WEB-INF \ディレクトリを見つけて下さい。

    Cisco Unity インストールのルート ディレクトリは <commserver> です。 たとえば、C:\commserver。

  2. ファイル web.xml を見つけ、それのコピーを撮って下さい。

  3. Microsoft Notepad のようなテキストエディタとのファイルを開いて下さい。

  4. 適当ように、プラットフォームに基づいて 3 つからこれらの値の 1 つをから、設定 する max-requests の値を変更して下さい:

    プラットフォーム オーバーレイ数 max-requests 設定の値
    1 デフォルトと 3 (同じ-この値を変更する必要無し)
    2 6
    3 10

  5. ファイルを保存し、テキストエディタを閉じて下さい。

  6. サービス MMC コントロール パネルからの Cisco Tomcat Service を再開して下さい。

  7. フェールオーバーが使用中である場合、ステップ 1 からセカンダリ Cisco Unity サーバのステップ 6 を繰り返して下さい。

警告 警告: 機能を変更するために Cisco Unity または再実行 Cisco Unity Setup をアップグレードする場合デフォルト値にパラメータをリセットするかもしれません。 これが起こる場合、この資料のステップを繰り返して下さい。

偶然 web.xml ファイルの他のコンテンツを変更すれば:

  • Tomcat サービスは開始しないために場合があります。

  • サービスが再開された後 Cisco PCA はアクセス可能ではないかもしれません。

電流 web.xml ファイルのコンテンツを先に撮られるバックアップコピーと比較し、これが起こる場合他の変更がないことを確かめて下さい。


関連情報


Document ID: 69299