スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst 2948G-L3 と Catalyst 6500 シリーズ スイッチ間でのトランクの設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2008 年 4 月 7 日) | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Catalyst OS(CatOS)が稼働する Catalyst 6500 シリーズ スイッチと Catalyst 2948G-L3 スイッチ間での IEEE 802.1Q トランクの設定例を紹介しています。 このドキュメントで取り上げているのは、コア スイッチとして Catalyst 2948G-L3、アクセス レイヤ スイッチとして Catalyst 6500 を置いたネットワーク例です。 802.1Q トランクのしくみを手短に説明した後に、Catalyst 6500 スイッチと Catalyst 2948G-L3 スイッチでの設定を説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS を実行する Catalyst 2948G-L3 スイッチ ルータか。 ソフトウェア release12.0(18)W5(22b)

  • CatOS 8.5 ソフトウェアが稼働する Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

トランキングにより、複数の VLAN からのトラフィックが、2 台のデバイス間のポイントツーポイント リンク上で伝送されます。 トランキングには、Cisco 独自のプロトコルである Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)プロトコル、あるいは、802.1Q(IEEE 標準)の 2 つの方法があります。 このドキュメントでは、特に 802.1Q トランキングを取り上げています。 例では、Catalyst 6500 内の VLAN が、802.1Q トランク リンク経由で Catalyst 2948G-L3 に拡張されています。

Catalyst 2948G-L3 は Cisco IOS が稼働するルータで、すべてのインターフェイスはデフォルトでルーテッド インターフェイスとなっています。 Catalyst 2948G-L3 上で VLAN の概念を使用するには、ブリッジ グループを使用する必要があります。 各ブリッジ グループは個別の VLAN とみなされます。 これらのブリッジ グループは、接続されたスイッチの VLAN 番号に対応します。 Catalyst 2948G-L3 で VLAN 間ルーティングをサポートするには、Integrated Routing and Bridging(IRB)と Bridge Virtual Interface(BVI)の設定により、異なる VLAN 間で IP ルーティングを行います。

Catalyst 2948G-L3 では、VLAN Trunking Protocol(VTP)、Distributed Diagnostics and Service Network(DDSN)Transfer Protocol(DTP)、および Port Aggregation Protocol(PAgP)などのレイヤ 2 プロトコルはサポートされていません。 Catalyst 2948G-L3 上の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(7)W5(15d) 以前のリリースでは、802.1Q サブインターフェイスでのブリッジングがサポートされていません。

Catalyst 2948G-L3 は End Of Life(EoL; 廃止)となっています。 情報および推奨の置き換え製品については『Cisco Catalyst 2948G-L3 と 4908G-L3 スイッチの End of Life (EoL) / End of Support (EoS)』を参照してください。

設定

この例では、Catalyst 2948G-L3 は VLAN 間ルータとして配置されています。 Catalyst 6500 では CatOS が稼働しており、802.1Q トランク リンクを使用して Catalyst 2948G-L3 スイッチに接続されています。 Catalyst 6500 は 2 VLAN があるアクセスレイヤスイッチで、20 および 30 設定されます。 これら二つの VLAN 間のルーティングは Catalyst 2948G-L3 によって提供されます。 Catalyst 6500 と Catalyst 2948G-L3 間での 802.1Q トランクの設定、および、Catalyst 2948G-L3 スイッチでの VLAN 間ルーティングの設定は、このドキュメントで説明されています。

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/69164/cat2948G-l3-cat6500-trunk-config.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

Catalyst 6500
Current configuration:
!
version 8.1
!
hostname 6500 
!
Catalyst 6500(enable)# 
 
set vtp mode transparent


!--- In this example, the VTP mode is set to be transparent.
!--- Set the VTP mode accordingly. This depends on your network.


!
#module 3 : 48-port 10/100BaseTX Ethernet

set vlan 20 3/20

set vlan 30 3/40


!--- The ports are assigned to the single VLAN and are 
!--- used as access ports.




set trunk 3/30 nonegotiate dot1q



!--- Port 3/30 is configured as dot1q trunk port and 
!--- the trunk mode is set to nonegotiate.
!--- Trunk mode should be nonegotiate because 2948G-L3 does not support DTP.




set port enable 3/20,3/30,3/40




!--- Use the set port enable command 
!--- to enable a port or a range of ports.
 


!--- Output is suppressed.

Catalyst 2948G-L3
Current configuration:
!
version 12.0

hostname 2948G-L3
!

interface FastEthernet 20
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 bridge-group 20



!--- The bridge-group 20 command adds the  
!--- Fast Ethernet 20 interface to bridge group 20.



interface FastEthernet 40
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 bridge-group 30
 


!--- The bridge-group 30 command adds the  
!--- Fast Ethernet 40 interface to bridge group 30.

 
!

 interface Fast Ethernet 30
  no ip address
  no ip redirects
  no ip directed-broadcast
 
 
 int fast ethernet 30.1
  encapsulation dot1q 30 
  bride-group 30
  exit
 
  
 int fast ethernet 30.2
  encapsulation dot1q 20
  bridge-group 20
  exit
 
  
 int fast ethernet 30.3
  encapsultion dot1q 1 native
  bridge-group 1
  exit



!--- Fast Ethernet 30 acts as a trunk port that carries VLANs 30 and 20.
!--- Subinterfaces that belong to the same VLAN (network or subnet) must 
!--- be configured to belong to the same bridge group.




!--- VLAN 1 is the native VLAN by default.


 
bridge irb
 


!--- The bridge irb command enables IRB on
!--- the router, which allows you to route traffic within the bridge groups.



 
bridge 30 protocol ieee
bridge 20 protocol ieee
 


!--- Choose IEEE as the Spanning Tree Protocol (STP).



 
bridge 30 route ip
bridge 20 route ip
 


!--- The bridge number route ip command allows you  
!--- to route IP traffic between the BVI interface 
!--- and the other IP interfaces on the router.



 
interface bvi 20
 ip address 192.168.20.1 255.255.255.0
 exit
  
 
interface bvi 30
 ip address 192.168.30.1 255.255.255.0
 exit
  


!--- Creates BVI interfaces for bridges 20 and 30. These interfaces act 
!--- as the gateway for VLANs 20 and 30.




!--- Output is suppressed.

注: 10/100 インターフェイス上の f1 〜 f4 や f45 〜 f48 などの Catalyst 2948G-L3 上の隣接ポートでは、すべて同一 VLAN カプセル化を使用する必要があります。 VLAN カプセル化は ISL か 802.1Q のいずれかです。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

Catalyst 2948G-L3 での show コマンド

  • 2948G-L3#show vlan
    virtual LAN ID:  30 (IEEE 802.1Q Encapsulation)
    
       vLAN Trunk Interface:   FastEthernet30.1
    
     This is configured as native Vlan for the following interface(s) :
    FastEthernet30
    
       Protocols Configured:   Address:              Received:        Transmitted:
            Bridging        Bridge Group 20                 1                   0
    
    Virtual LAN ID:  20 (IEEE 802.1Q Encapsulation)
    
       vLAN Trunk Interface:   FastEthernet30.2
    
       Protocols Configured:   Address:              Received:        Transmitted:
            Bridging        Bridge Group 30               921                   0
  • 2948G-L3#show bridge 20
    
    Total of 300 station blocks, 298 free
    Codes: P - permanent, S - self
    
    Bridge Group 20:
    
        Address       Action    Interface
    0009.11b9.1a75    forward   Fa30.2

Catalyst 6500 の show コマンド

  • show trunk:このコマンドで、次の出力に示されるようにトランク設定が確認されます。

    Console> (enable) show trunk 3/30
    * - indicates vtp domain mismatch
    # - indicates dot1q-all-tagged enabled on the port
    $ - indicates non-default dot1q-ethertype value
    Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
    --------  -----------  -------------  ------------  -----------
     3/30     nonegotiate  dot1q          trunking      1
    
    Port      Vlans allowed on trunk
    --------  ---------------------------------------------------------------------
     3/30     1-1005,1025-4094
    
    Port      Vlans allowed and active in management domain
    --------  ---------------------------------------------------------------------
     3/30     1,20,30
  • show vlan:このコマンドで、次のように対応する VLAN に該当するポートが表示されます。

    VLAN Name                             Status    IfIndex Mod/Ports, Vlans
    ---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
    
    1    default                          active    6       1/1-2
                                                            3/1-19,3/21-39,3/41-48
    20   VLAN0020                         active    71      3/20
    30   VLAN0030                         active    69      3/40
    1002 fddi-default                     active    7
    1003 token-ring-default               active    10
    1004 fddinet-default                  active    8
    1005 trnet-default                    active    9

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

PC2#ping 192.168.20.3

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.20.3, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/4/4 ms

PC1#ping 192.168.30.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.30.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/4/4 ms

PC1#ping 192.168.20.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.20.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/4/4 ms

コマンドの概要

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 69164