2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2006 年 2 月 23 日) | 英語版 (2015 年 12 月 20 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Aironet 1232 AG アクセス ポイント(AP)の Return Materials Authorization(RMA; 返品許可)の情報について説明します。

AIR-AP1232AG の部品は、MP31G 802.11g 無線と RM22A 802.11a 無線装備の AP1200 で構成されます。 RMA では、部品番号 AIR-AP1232AG で AIR-AP1232AG の部品を直接注文することはできません。 Aironet 1232 AG AP 用に注文する部品を決定するには、このドキュメントの「Aironet 1232 AG AP RMA 表」を参照してください。

前提条件

要件

RMA が必要な Aironet 1232 AG シリーズ AP を所有していること。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Aironet 1232 AG シリーズ AP だけに基づくものです。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

RMA に関する情報

このセクションの表は、Aironet 1232 AG AP の RMA を作成するために使用する部品番号について説明しています。

この表では、各規制区域ごとに使用する部品番号を提供しています。

この表の使用方法: Aironet 1232 AG AP の RMA を提出する必要がある場合は、部品番号 AIR-AP1232 AG-x -K9(x は規制区域によって異なります)は使用できません。 代わりに、AIR-AP1231G-x -K9 と AIR-RM22A-x -K9= を異なる 2 つの品目として注文する必要があります。

シスコのお客様で、1232 AG AP を交換する必要があるとお考えの場合は、TAC Service Request Tool登録ユーザ専用)を使用して、シスコ テクニカルサポートでサービス リクエストを作成してください。 シスコ テクニカルサポートでは、リクエストを評価し、必要に応じてご使用の AP に対する RMA を作成します。 このツールを使用するには、次のいずれかが必要です。

Aironet 1232 AG AP の RMA 表

RMA に出す AP 部品番号 注文する AP 部品番号 注文する無線モジュールの部品番号 規制区域
AIR-AP1232AG-A-K9 AIR-AP1231G-A-K9 AIR-RM22A-A-K9= FCC
AIR-AP1232AG-C-K9 AIR-AP1231G-E-K9 AIR-RM22A-C-K9= 中国
AIR-AP1232AG-E-K9 AIR-AP1231G-E-K9 AIR-RM22A-E-K9= ETSI1
イスラエル区域には非適用     イスラエル
韓国区域には非適用     韓国
AIR-AP1232AG-J-K9 AIR-AP1231G-J-K9 AIR-RM22A-J-K9= TELEC2(日本)
AIR-AP1232AG-N-K9 AIR-AP1231G-A-K9 AIR-RM22A-N-K9= 北米(FCC を除く)
AIR-AP1232AG-P-K9     日本 2
AIR-AP1232AG-S-K9 AIR-AP1231G-E-K9 AIR-RM22A-S-K9= シンガポール
AIR-AP1232AG-T-K9 AIR-AP1231G-A-K9 AIR-RM22A-T-K9= 台湾

1 ETSI = European Telecommunication Standards Institute(欧州通信規格協会)

2 TELEC = Telecom Engineering Center


関連情報


Document ID: 69113