ダイヤルとアクセス : Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning Platform (MSPP)

CTC パフォーマンス向上のための PC 上での CTC HEAP 変数のチューニング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 7 月 29 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Transport Controller(CTC)のセッション パフォーマンスを改善するために、PC で特定のシステム変数を調整するための手順について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CTC

  • CTC サポートされているプラットフォーム

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CTC

  • CTC サポートされているプラットフォーム

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CTC ヒープ変数を調整して下さい

Cisco の公式スタンスはネットワークは 50 のノードまたは CTCセッション 1人あたりのより少しが含まれている場合があることです。 50 以上のノードとネットワークのために Cisco Transport Manager (CTM)を使用して下さい。 CTC は追加処理を処理できません。 ただし、全面的な CTC パフォーマンスを改善するために PC のある特定の変数を調節できます。 この操作は PC のメモリー ヒープ アロケーションと助けることができます。 Cisco は PC のこれらの設定を推奨します:

  1. PC に物理的 な RAM の最低 1 GB があることを確認して下さい。

  2. 512 MB に CTC_HEAP 環境変数の値を設定 して下さい。 デフォルト値は 128 MB です。

  3. 128 MB に CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP 環境変数の値を設定 して下さい。 デフォルト値は 64 MB です。

  4. CTC 実行と同じ PC の同時アプリケーションの数を制御して下さい。 高頻度のアプリケーションは全体的な システム パフォーマンスを低下させます。

ステップバイステップ手順

CTC_HEAP および CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP 変数の値を設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Control Panel > System の順に選択 して下さい。

    System Properties ウィンドウは現われます(図を 1)参照して下さい。

    図 1 —システム 性質

    ctcheap_perf_01.gif

  2. Advanced タブに行って下さい(の矢印 A を 1)参照して下さい。

  3. 『Environment Variables』 をクリック して下さい(の矢印 B を 1)参照して下さい。

    Environment Variables ウィンドウは現われます(図を 2)参照して下さい

    図 2 —環境変数

    ctcheap_perf_02.gif

    システム 変数のリストはシステム 変数 セクションに現われます(の矢印 A を 2)参照して下さい。

  4. 『New』 をクリック して下さい(の矢印 B を 2)参照して下さい。

    新しいシステム 変数 ウィンドウは現われます:

    図 3 —新しいシステム 変数: CTC_HEAP

    ctcheap_perf_03.gif

  5. 変数名 フィールドの型 CTC_HEAPの矢印 B を 3)参照して下さい。

  6. Variable Value フィールドの型 512の矢印 A を 3)参照して下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. システム環境変数 ウィンドウで再度『New』 をクリック して下さい。

  9. システム 変数 Name フィールドの CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP を入力して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

  10. Variable Value フィールドの型 128の矢印 A を 4)参照して下さい。

    図 4 –新しいシステム 変数: CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP

    ctcheap_perf_04.gif

  11. [OK] をクリックします。

  12. CTC_HEAP および CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP の新しい値を確認するために Environment Variable ウィンドウをチェックして下さい(のレッド長方形を 5)参照して下さい。

    図 5 —環境変数: CTC_HEAP および CTC_MAX_PERM_SIZE_HEAP

    ctcheap_perf_05.gif

    CTC パフォーマンスはこれらの新しい値と改良します。

PC でインストールされるランダム アクセス メモリを確認して下さい

PC でインストールされるランダム アクセス メモリの総量を確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Start > Control Panel > System の順に選択 して下さい。

  2. General タブに行って下さい(図を 6)参照して下さい。

  3. ペインの下部のでハードウエア記述を点検して下さい。

    プロセッサスピードの下で PC でちょうどインストールされるメモリ総量を見ます。 CTC の最適化されたパフォーマンスのための RAM の少なくとも 1 GB があることを保証して下さい。

    図 6 —システム ウィンドウ- General タブ

    ctcheap_perf_06.gif


関連情報


Document ID: 68861