音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity サーバ: 交換機リカバリ後ボイスメール メッセージを取得できない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、メールボックスの状態の確認に失敗したことにより、Cisco Unity サーバのボイスメール メッセージをサブスクライバが検索できない理由を説明します。 この資料はまたソリューションを提供したものです。 この問題は致命的な障害による Microsoft Exchange サーバを回復 するためにこれらのタスクが実行された後発生する場合があります:

  1. Microsoft Exchange サーバを再インストールして下さい。

  2. バックアップ メディアからのユーザのデータを復元する。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Unity

  • Microsoft Exchange

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity バージョン 4.0(x)

  • オフ ボックス Microsoft Exchange 2003 SP1 パートナー サーバ

  • Cisco CallManager

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Microsoft Exchange サーバは致命的な障害が使用不可能な原因になります。 Exchange サーバは再インストールされ、すべてのデータはバックアップ メディアから回復 されます。 Permissions ウィザードおよび問題なく実行されるメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード両方。 これらのステップの後で、音声メールはまだはたらきません。 サブスクライバが音声メールにログインするとき、このエラーを受け取ります:

The system is temporarily unable to complete your call.

きちんと開始グリーティングおよびコール転送伝達関数。 内部および外部 の 発信者音声メール メッセージを残すことができます。 ただし、サブスクライバはそれらを取得できません。

同様に、これら二つのエラーはイベント ログインで Cisco Unity サーバ検出されます。

  • Event Type:	Error
    Event Source:	CiscoUnity_ConvMsg
    Event Category:	Network 
    Event ID:	10045
    Date:		10/9/2002
    Time:		17:42:19 PM
    User:		N/A
    Computer:	SYSTESTCLUST1
    Description:
    Unity was unable to retrieve the mailbox for the subscriber to verify the status 
    of the mailbox. Unity needs to know if the mailbox has the ability to send and 
    receive mails. Possible reasons could be a missing mailbox, which can be 
    determined through DBWalker or a corrupt memory. 
    Technical information IAvDohMailUser::get_PrimaryMailbox returned [0x8004000c]
    on line 199 of file 
    e:\views\cs_UE4.0.0.245\un_Core2\ConversationEng\AvStateSvr\AvSGetMailboxStatus.cpp.
    Check the return code through DohErrorTest tool. 
  • Event Type:	Error
    Event Source:	CiscoUnity_ConvMsg
    Event Category:	Network 
    Event ID:	10046
    Date:		10/9/2002
    Time:		17:42:19 PM
    User:		N/A
    Computer:	SYSTESTCLUST1
    Description:
    Unity was unable to determine the mailbox status for the subscriber. Unity 
    needs to know if the mailbox has the ability to send and receive mails. 
    Technical details - GetMailboxStatus returned [0x8004000c] on line 98 
    of file e:\views\cs_UE4.0.0.245\un_Core2\ConversationEng\AvStateSvr\AvSGetMailboxStatus.cpp. 

原因

データが Exchange サーバに復元するとき、すべてのサブスクライバは Active Directory (AD) /Exchange データベースの MailboxStorageObjectID 新しい値を受け取ります。 Cisco Unity サーバの SQL データベースにまだ Exchange サーバの 1 つを一致する MailboxStorageObjectID 古い値があります。 従って、Cisco Unity サーバと Exchange サーバ間の MailboxStorageObjectID 組合わせを誤まられた値によりメールボックス ステータス確認の失敗を引き起こします。 メールボックス ステータス確認の失敗はサブスクライバが音声メール メッセージを正常に取得することを防ぎます。 Cisco Unity サーバは AD の ObjectID によってサブスクライバのメールボックスを捜します。 これはこの資料の Problem セクションに示すようにイベントログの 2 つのイベント エラーの発生という結果に終ります。

解決策 1

問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. MailboxStore 表で MailboxStoreObjectID すべての値を見つけるために SQL データベースを問い合わせて下さい(図を 1)参照して下さい。 次の手順を実行します。

    1. [Start]、[Programs]、[Microsoft SQL Server]、[Query Analyzer] の順に選択します。

    2. ドロップダウン リストから『UnityDb』 を選択 して下さい(の矢印 A を 1)参照して下さい。

    3. このクエリを実行して下さい(の矢印 B を 1)参照して下さい:

      select distinct MailboxStoreObjectId from MailboxStore
    4. MailboxStoreObjectId 2 つの値は表示する。 その間で、1 つの値は失敗するおよび他再インストールされ、復元する新しいもののためである古い Exchange サーバのためです。 本番に今ある Exchange サーバのための現在の MailboxStoreObjectId はであるどれ識別して下さい。

      現在の MailboxStoreObjectId を見つけるためにどちらか見つけはたらいている、MailboxStoreObjectID がである、または新しい サブスクライバを作成し、次に Cisco UnityDb の Subscriberの表の MailboxStoreObjectId を捜すことができますもの表示できますユーザを。

      図 1 —クエリ MailboxStoreObjectId - MailboxStore 表

      /image/gif/paws/68823/unity-svr-vm-exchg-recover-1.gif

  2. Subscriberの表で MailboxStoreObjectID ヌル値のすべてのサブスクライバを見つけるために SQL データベースを問い合わせて下さい(図を 2)参照して下さい。 次の手順を実行します。

    1. [Start]、[Programs]、[Microsoft SQL Server]、[Query Analyzer] の順に選択します。

    2. ドロップダウン リストから『UnityDb』 を選択 して下さい(の矢印 A を 2)参照して下さい。

    3. このクエリを実行して下さい(の矢印 B を 2)参照して下さい。

      select MailboxStoreObjectId from Subscriber
    4. NULL MailboxStoreObjectID 値のすべてのサブスクライバを識別して下さい。

      図 2 —クエリ MailboxStoreObjectId - Subscriberの表

      /image/gif/paws/68823/unity-svr-vm-exchg-recover-2.gif

    5. MailboxStoreObjectId 正しい値のそれらのサブスクライバをテストして下さい。 音声メール メッセージをチェックし、確認して下さい音声メール メッセージをエラーなしで取得できることを。

  3. サブスクライバの NULL MailboxStoreObjectID のすべてのサブスクライバは音声メール メッセージを取得する問題に直面します。 この問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. [Start]、[Programs]、[Microsoft SQL Server]、[Query Analyzer] の順に選択します。

    2. ドロップダウン リストから『UnityDb』 を選択 して下さい(の矢印 A を 3)参照して下さい。

    3. 適切な値と NULL MailboxStoreObjectId 値を取り替えるためにこのクエリを実行して下さい(の矢印 B を 3)参照して下さい:

      update Subscriber set MailboxStoreObjectId=’{abcd-efgh}’ where 
      MailboxStoreObjectId is NULL
      図 3 — Subscriberの表の適切な値と NULL MailboxStoreObjectId 値を取り替えて下さい

      unity-svr-vm-exchg-recover-3.gif

      注: 5E0BB043-DF95-4144-82A5-63B28BC8BC82BD1 値は MailboxStoreObjectId 正しい値を表します(の矢印 B を 3)参照して下さい。

すべてのサブスクライバのための音声メールは問題無しで今機能します。 MailboxStoreObjectId それぞれカラムで NULL が正しい Exchange サーバ ID があるのを今あるすべてのサブスクライバ。 これを確認するためにいくつかがの前の NULL サブスクライバあるように音声メールを確認して下さい。

注: これらのステップを完了した後サブスクライバが音声メールにアクセスできなければ場合、setup.exe を Cisco Unity サーバ C:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync から実行し、Cisco Unity サーバを再起動して下さい。 詳細については Scenariosand ソリューション Cisco Unity を参照して下さい。

解決策 2

これはまたいくつかの Exchange サーバ 権限問題が原因で起こる場合があります。 問題を解決するためにこのプロシージャを完了して下さい:

  1. Start > Programs > Administrative Tools > Active Directory Users and Computers の順に進んで下さい。

  2. マネジメントコンソールの View メニューに行き、進んだ機能が選択されることを確かめて下さい。

    注: このオプションが選択されない場合、セキュリティおよび Exchange Advanced タブはユーザアカウント オブジェクトのために目に見えません。

  3. Properties ウィンドウを得、次を確認するためにユーザをダブルクリックして下さい:

    • [Security] タブに移動します。 権限ボックスでは、権限として送信が UnityMsgStoreSvc アカウントがあるように(選択不可能にされたチェックマーク)確認されることを確かめて下さい。

    • Exchange Advanced タブに行き、『Mailbox Rights』 をクリック して下さい。 権限ボックスでは、完全なメールボックス アクセス 権が UnityMsgStoreSvc アカウントがあるように(選択不可能にされたチェックマーク)確認されることを確かめて下さい。

解決策 3

この問題は同期に関する問題が原因で発生する場合があります。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、Cisco Unity がインストールされている位置に参照して下さい(デフォルトは C:\CommServer です)。 それから、TechTools フォルダに参照して下さい。

  2. DohPropTest.exe を実行します。

  3. [DohPropTest] ログイン ダイアログボックスで、[Password] ボックスを空にしたまま [OK] をクリックします。

  4. 警告ダイアログ ボックスで、DohPropTest の読み取り専用 の モードを開始するために『Ignore』 をクリック して下さい。

  5. ディレクトリ Monitor ダイアログボックスを表示するために GC モニタをクリックしそして TotalResync をクリックして下さい。

  6. [DohPropTest] を閉じます。

    注: Cisco Unity または Exchange サーバのディスクスペースの欠如はこれのような問題を引き起こす場合があります。 80%キャパシティを越えるディスクを一杯にすることは重要なパフォーマンス低下という結果に終ります。 ディスクが完全にいっぱいになる場合、データベースは育つことができないし Cisco Unity は停止します。 Cisco Unity のディスクスペース問題の 1 主要なソースは Exchsrvr \ MDBDATA フォルダでバックアップされるログファイルです。 この問題を解決するために、ディスクスペースを自由に使えるようにし、Cisco Unity をリブートして下さい。

解決 4

この問題はメッセージ記憶装置 アカウント(UnityMsgStoreSvc)が原因でではないです管理者グループのメンバー発生する場合があります。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Start > Programs > Microsoft Exchange > Active Directory Users and Computers の順に進んで下さい。

  2. ドメインコントローラを拡張し、右のペインの管理者グループBuiltin フォルダの下でナビゲート して下さい。 右クリックして [Properties] を選択します。 それから、Members タブに行って下さい。 [Add] ボタンをクリックします。

  3. messagestore アカウント UnityMsgStoreSvc を選択し、Add ボタンをクリックし、『OK』 をクリック して下さい。

    これは管理者グループに UnityMsgStoreSvc アカウントを追加します。

  4. [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

解決策 5

時々フェイル・セイフは音声メールをチェックするために Cisco Unity が呼出され、音声メールが Microsoft Outlook インボックスに提供されるとき発生します。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、D を実行して下さい: /sync 設定される/setup.exe /commserver/configuration。

  2. 電話を通して音声メールをチェックして下さい。

問題

問題は音声 メッセージを含む Unity 4.0(5) のコブラ エクスポートを奪取 する不可能です。 新しい Unity 接続 7.1 サーバにコブラそれらをインポートできるようにしかメッセージを取得しないために Cisco Unity サーバ バージョン 4.0(5) VM のコブラ エクスポートを実行する時。 次のエラー メッセージが表示されます。 AvCsMgr サービスは UnityMsgStoreSvc アカウントと関連付けられません

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. それが Exchange 完全な管理者として追加される場合 Exchange システムマネージャから UnityMsgStoreSvc アカウントを削除して下さい。

  2. services.msc をチェックインし、ドメイン\ UnityMsgStoreSvc アカウントに AvCsMgrservice のためのログオンをリセットして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68823