IP : Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning Platform (MSPP)

CTM サーバでのディスク クリーンアップとディスク領域のメンテナンス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Transport Manager(CTM)プラットフォームでのディスクのクリーンアップおよびディスク領域の維持についてのヒントを紹介します。 CTM サーバを効率的に維持し、パフォーマンスを最大限にするには、不要なファイルを削除し、最低限のファイルのみ保持する必要があります。

注: 削除して特定のファイルについて確実ではない場合 Cisco Technical Assistance Center (TAC)登録ユーザのみ)とのサービス リクエストを開いて下さい。 登録ユーザではない場合、あなた自身を登録し、次に Cisco TAC のサービス リクエストを開くことをユーザ登録に行って下さい。

前提条件

要件

Cisco は CTM のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CTM バージョン 4.6.x および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CTM サーバアプリケーションの最適なパフォーマンスに関しては、ログおよび他のテンポラリファイルを書くためにアプリケーションのための十分なディスクスペースを確認して下さい。 次の理由でいくつかのこれらのファイルはディスクに残ります:

  • ファイルはシステム アドミニストレータによって操作を必要とします。

  • ファイルは解決するために必要な情報を Cisco エンジニア チームに与えて必要です。

ディレクトリおよびファイルのメンテナンス

Cisco は強く CTM サーバのすべてのファイル システムを規則的にチェックすることを推奨します。 検討する必要があるディレクトリおよびファイルのリストはここにあります:

そのうちのいくつかを取除き、他を保って下さい。 このセクションはディスクをクリーンアップするために行う必要がある操作を説明します。 これらのディスク操作を行うために、CTM サーバにログイン するのに root アカウントを使用して下さい。

ログファイル

CTM ログファイルの名前年と、月接続される server.log がおよび日付は含まれています(図を 1)参照して下さい。 CTM ログファイルはログ ディレクトリに常駐します。

CTM ログファイルにアクセスするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ログ ディレクトリにディレクトリを変更して下さい(の矢印 A を 1)参照して下さい。

  2. ls はログ ディレクトリのすべてのログファイルを表示するために- l 『Enter』 を押し、(の矢印 B を 1)参照して下さい。

    推奨事項は最新 4 つのログファイルだけ保存することです(の矢印 C を 1)参照して下さい。 すべての古いログファイルを削除して下さい。 たとえば、RM server.log.2005-11.13 コマンドは server.log.2005-11-13 と名付けられるファイルを削除します。

    図 1 –ログファイル

    diskclean_ctm_01.gif

ONS15xxxService ログおよびトレースファイル

問題を解決することを試みると同時に Cisco TAC エンジニア チームは ONS15454NEService のようなサービスのトレースを有効に するように要求できます。 このサービスは showctm コマンド 出力が表示するプロセスの 1 つです。 サービスの水平な既定のログはマイナーで普通設定 されます。 すべてのサービスのためのマイナーで水平なログによって 2 つのログファイルは各プロセスのためにあります。 CTM サーバが開始するとき、CTM は .bak 拡張を用いる前のログファイルの名前を変更し、次に .log 拡張を用いる新しいログファイルを開始します。

たとえば、ONS15454NEService* をチェックするプロシージャはここにあります:

  1. /opt/CiscoTransportManagerService/log にディレクトリを変更して下さい(の矢印 A を 2)参照して下さい。

  2. ls を- l ONS15454NEService* コマンド発行して下さい(の矢印 B を 2)参照して下さい。 すべての関連ファイルは現われます。

    ONS15xxxService ログファイルの前のバージョンは ONS15454NEService-1.log.bak です(の矢印 D を 2)参照して下さい。 現在のログ ファイルは ONS15454NEService-1.log です(の矢印 C を 2)参照して下さい。

    図 2 –サービス ログ ファイル

    diskclean_ctm_02.gif

    .bak サフィックスと ONS15xxxService ログファイルを取除くことができます。 トレースするために水平なログをおよび有効に されて アーカイブ ログ モードを設定 する場合、トレースファイルはまた /opt/CiscoTransportManagerServer ディレクトリのファイル拡張子の一部として日時と現われます(図を 3)参照して下さい。

    図 3 – /opt/CiscoTransportManagerServer ディレクトリのトレースファイル

    diskclean_ctm_03.gif

Cisco は CTM かネットワーク上の問題を解決したいと思わなければログをマイナーで水平保存することを推奨します。 左がチェックを外した場合、トレースファイルはすぐにディスクの大きいエリアを消費し、CTM を失敗させます。 解決する間、だけ水平なトレースするためにログを変更して下さい。 トレースがつく間、トレースファイルのサイズを監視して下さい。 テストが完了するときトレースをオフにすることを忘れないでいて下さい。 もはや必要とされないときすべてのトレースファイルを取除いて下さい。 古いトレースファイルを削除するために RM コマンドを使用できます。

コア ファイル

CTM サーバのプロセスが異常に終了するとき、オペレーティング システムはクラッシュの時にプロセスのメモリ内部状態が含まれているコア ファイルを全部書くことができます。 プロセスが停止した、および変数の値を使用して下さい行その時検出するのにコア ファイルを。 コア ファイルは /opt/CiscoTransportManagerServer/bin ディレクトリに常駐します。 Cisco エンジニア チームは問題を解決するのにコア ファイルを使用します。

コア ファイルにアクセスするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. /opt/CiscoTransportManagerServer/bin にディレクトリを変更して下さい(の矢印 A を 4)参照して下さい。

  2. すべてのコア ファイルを表示するために ls を- l core* コマンド発行して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

    矢印 C は図 4 /opt/CiscoTransportManagerServer/bin ディレクトリのすべてのコア ファイルを表示する。

    コア ファイルを削除するのに RM を使用できます。 たとえば、RM core.454NEService-1.10481

    図 4 –コア ファイル

    diskclean_ctm_04.gif

/var/tmp ディレクトリ

/var/tmp ディレクトリは検討する、システム アドミニストレータとして、必要があるもう一つのディレクトリです。 時折 CTM サーバの一部として組み込まれる Cisco Transport Controller (CTC) アプリケーションは /var/tmp ディレクトリの CTC 関連のファイルを作成します。 例は取除く必要がある ctc-ELE*jar ファイルです。

ctc-ELE*jar ファイルを取除くためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. /var/tmp にディレクトリを変更して下さい(の矢印 A を 5)参照して下さい。

  2. ls を- l ctc-ELE* コマンド発行して下さい(の矢印 B を 5)参照して下さい。

  3. 結果を確認し、名前が ctcELE から始まるすべてのファイルを取除くために RM ctc-ELE* コマンドを発行して下さい。

    図 5 – /var/tmp ディレクトリ

    diskclean_ctm_05.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68476