コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

管理者ユーザが CRA 管理ページにログインできない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、管理者ユーザの [Cisco Customer Response Application (CRA) Administration(Cisco Customer Response Application(CRA)の管理)] ページへのログインの失敗について説明します。 この問題は、ユーザが Cisco Customer Response Solutions(CRS)サーバをインストール、再インストール、または再構築し、デフォルト パスワード ciscocisco でログインしようとしたときに発生します。 また、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境の問題の回避策も説明します。

注: 管理者はデフォルトユーザ名であり、ciscocisco は CRS のデフォルトパスワードです。 両方とも大文字/小文字の区別があります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express版 バージョン 3.x および それ 以降

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

管理者ユーザとして Cisco CRA 管理 ページにログイン することが不可能

問題

Cisco CRS サーバをインストールしたか、再インストールするか、または再製する後、管理者ユーザとして Cisco CRA 管理 ページにログイン することができません。 これはログイン障害のためのオペレーションのシーケンスです:

  1. Internet Explorer (IE)を開始して下さい。

  2. ブラウザウィンドウの Address フィールドで http:// <CRS サーバ Name>/AppAdmin を入力して下さい(の矢印 A を 1)参照して下さい。 ここでは、<CRS サーバ Name> は CRS サーバの IP アドレス、または変換ドメイン ネーム サービス(DNS)サーバができる有効な CRS サーバ名のどれである場合もあります。

    注: CRA 管理 ページにアクセスする代替方式は CRS サーバから Start > Programs > Cisco CRA Administrator > Application Administrator の順に選択 することです。

    図 1 –認証

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/68323-resetcrspw-01.gif

  3. ユーザー 識別記号 フィールドで管理者を入力して下さい(の矢印 B を 1)参照して下さい。

  4. Password フィールドで ciscocisco を入力して下さい(の矢印 C を 1)参照して下さい。

    注: 管理者ユーザ向けのデフォルトパスワードは ciscocisco です。

  5. 『Log On』 をクリック して下さい(の矢印 D を 1)参照して下さい。

    CRA 管理 ページへのログインは失敗し、不正 な ページは提示されます(のレッド長方形を 2)参照して下さい。

    図 2 –不正: CRS にログイン する失敗

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/68323-resetcrspw-02.gif

解決策 1

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ccndir.ini ファイルの名前を変更して下さい C:\winnt\system32\ccn フォルダに常駐する。

  2. C:\Program Files\wfavvid フォルダに常駐する Falsein に com.cisco.wf.ad min.installed エントリを appadmin.properties ファイル 設定 して下さい。

次の手順を実行します。

  1. C:\winnt\system32\ccn フォルダへのナビゲート。

  2. orany ccndir.ini に old.ccndir.ini の選択する他の名前と名前を変更して下さい。

  3. C:\Program Files\wfavvid フォルダへのナビゲート。

  4. appadmin.properties ファイルを見つけて下さい(Figure3 を参照して下さい)。

    図 3 – appadmin.properties ファイルを見つけて下さい

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/68323-resetcrspw-03.gif

  5. Notepad のようなワード プロセッサとの appadmin.properties ファイルを編集して下さい。

  6. 偽に appadmin.properties ファイルの com.cisco.wf.ad min.installed エントリを設定 して下さいFigure4 の矢印 A を参照して下さい)。

    図 4 – appadmin.properties ファイルを修正して下さい

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/68323-resetcrspw-04.gif

  7. ファイルを保存して、閉じます。

    問題はもはやこのプロシージャを完了した後発生しません。

  8. ciscocisco パスワードで管理者ユーザとしてアプリケーション管理者を、およびログイン起動させるために CRS サーバから Start > Programs > Cisco CRA Administrator > Application Administrator の順に選択 して下さい。

    ログオンは現在正常です。

    注: Cisco Unified CallManager の IP アドレスを変更した後 CRA 管理 ページにアクセスすることができなければ、CRS サービサビリティ ユーティリティの Cisco Unified CallManager IP アドレスをアップデートする必要があります。 情報に関しては Cisco CRS 管理 ガイド 4.1(1)アップデート Cisco CRS IP アドレス インフォメーション セクションを参照して下さい。

解決策 2

最初のクラスタ設定が設定される CRS 管理者ユーザと既に完了している場合、そしてユーザ名かパスワードを持たなかったら、これらのステップを完了して下さい:

  1. LDAP にアクセスして下さい(アクティブ ディレクトリか DC Directory)。

  2. ou=Cisco へのドリル ダウン、ou=CCN アプリケーションou=configurationsou=<profilename>.__$$CRS40$$ou=usergroup.xxxx。

  3. 右のペイン、ユーザの右クリックか。配列し、『Properties』 を選択 して下さい。

    Value フィールドでは、CRS のための管理者またはスーパバイザ ユーザのリストがあるはずです。 サフィックス(1)とリストされているユーザは CRS 管理者であると考慮されます。

    注: サフィックス(2)とリストされているユーザはスーパバイザ ユーザであると考慮されます。

  4. AppAdmin にログイン するために管理者ユーザのユーザー アカウントの 1 つを使用して下さい。 パスワードを持たない場合、CCMAdmin かアクティブ ディレクトリを通してパスワードを変えて下さい。

ASP 0113 スクリプト時限エラーメッセージ

問題

CRA Appadminページにログイン することを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます: Active Server Pages エラー ASP 0113。 時間を計られるスクリプト。 この問題は Cisco Unified CallManager IP アドレスが最近変更されたらが、CRA クライアントの ccndir.ini ファイルはまだ古い IP アドレスを指します発生します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ccndir.ini ファイルを確認して下さいおよび/または修正して下さいクライアント デスクトップに c:\Winnt\system32\ccn ディレクトリにある。

    ここに示されているように LDAPURL プロパティのために正しい Cisco Unified CallManager IP アドレスを使用して下さい:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/68323-resetcrspw-05.gif

  2. 変更を行なった後、IIS サービスを再開して下さい。

「CRA Appadminページにアクセスした場合 I/O AXL エラー」

問題

CRA Appadminページに(ブランク画面に先行している)の 1 つをこれらのエラーメッセージ時ログイン受け取ります:

I/O AXL error

または

URL  /j_security_check

UCCX Webインターフェイスにログインに試みる時、アプリケーション時このメッセージと: AXL オペレーション時間は、もう一度試します。 許可ページに戻るのにブラウザ Back ボタンを使用して下さい。

解決策 1

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. CRS サーバで、C:\Program Files\wfavvid\ に行き、cet.bat ファイルをダブルクリックして下さい。

  2. 警告が現われると『No』 をクリック して下さい。

  3. 左ペインの AppAdminSetupConfig オブジェクトを右クリックし、作成オプションを選択して下さい。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 新しいウィンドウで、[com.cisco.crs.cluster.config.AppAdminSetupConfig] タブをクリックします。

  6. セットアップ状態の値を変更するためにドロップダウン リストから新しいインストールを選択して下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. ユーザネーム 管理者およびパスワード ciscociscoAppAdminSetupConfig オブジェクトを、ログイン作成した、セットアップを再度実行する後。

解決策 2

SSH コマンド・ラインからの Tomcat サービスを再開して下さい。 Cisco Unified Communications Manager サーバ、ログインのコンソールを使用し、このコマンドを入力するため: utils サービス再始動 Cisco Tomcat

UCCX App 管理者ページは白ページをロードしないし、表示する

問題

UCCX App 管理者ページは白ページをロードしないし、表示する。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. IIS および WWW サービスが動作していることを確かめて下さい。

  2. この位置で appadmin フォルダを削除して下さい: C:\ProgramFiles\wfavvid\tomcat _appadmin \ webapps

  3. Windows サービス ツールからの Cisco Unified CCX Node Manager サービスを再開して下さい。

UCCX インストール-ブランク Webページ ダイアログ

問題

UCCX v7.0.1 の初期セットアップの間に、ブランク Webページ ダイアログ ポップアップ ウィンドウは下部ので「Axlhandler 要求」メッセージと共に画面の上で Cisco Unified CM 設定 ページにアクセスするとき現われます。 また、ユーザは利用可能 な CTI マネージャ ボックスのパブリッシャだけに会います。

解決策

エラーの原因は AXL サービサビリティが認証にユーザグループに AXL サービサビリティ API へのアクセス権を得るために標準 CCM 管理者ユーザにロールを割り当てる必要があるそのような方法で設計されているのであります。 問題を解決するために、AXL ユーザに Cisco Unified CallManager の AXL admin ロールを追加して下さい。

エラー: ページは表示することができません

問題

AppAdminページはページをブラウザの表示する メッセージである場合もありません表示する。 世界的な配信 サービスを再開している間、それはステータスを停止することにはまり込みます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer および型を開いて下さい http://crsIPAddress:6293/appadmin/

  2. AppAdmin へのログインは Control Center ページに、行き。

  3. CRS 管理 Process オプション・ ボタンを選択し、『Restart』 をクリック して下さい。

  4. ブラウザを終了し、Start メニューから AppAdmin を普通起動させて下さい。

また、CSCsu22366登録ユーザのみ)を詳細については参照して下さい。

エラー: 更新ユーティリティは profile.ini ファイルを読み込むことができません。

問題

ユーザはアプリケーションにアクセスすることができ、このエラーメッセージは受け取られます:

"The Update Utility is unable to read the profile.ini file. Please check that
it exists."

解決策

このエラーの原因は破損した profile.ini ファイルです。

このエラーを解決するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. あらゆるはたらくサーバに行き、C:\Program Files\wfavvid\ClusterData パスから profile.ini ファイルをコピーし、破損ファイルを置き換えて下さい。

  2. 破損ファイルが置き換えられたら、サーバをリブートして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68323