音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity for Lotus Domino - Lotus Domino Directory への手動アップデート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ここでは、「Installing the DUC administration component for Cisco - To manually update the Domino Directory」というタイトルの「csUCAdminGuide.nsf」セクションに記載されている手順の詳細を示します。

csAdmin インストールの設計上、IBM Lotus Domino Unified Communications(DUC)csAdmin インストールを実行したときに更新できるのは names.nsf だけです。 Cisco Unity 4.0(5) 以降でセカンダリ サブスクライバ アドレス帳を設定する場合は、次の手順を使用します。

このドキュメント内の手順では、以下のやり方について説明します。

  1. csucadmin.ntf デザイン テンプレートとセカンダリ サブスクライバ アドレス帳データベースを開く。

  2. 設計要素の名前を変更する。

  3. テンプレートからデータベースに設計要素を手動でコピーする。

注意 注意: 以下の手順を開始する前に、変更する予定の Lotus データベースをバックアップします。

Cisco Unity 7.0 Error: ""8004010f /web/common/include/saconstinc.asp,- 122" には、IBM Lotus Domino と統合された Cisco Unity 7.0(2) の問題のトラブルシューティングの詳細が記載されています。

前提条件

要件

Lotus Domino の管理と設計についての知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.0(5) 以降

  • Lotus Domino R6 以降

  • Lotus DUC 1.2.2 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

テンプレートとデータベースを開く

次の手順を実行します。

  1. Lotus Domino Designer を開きます。

  2. すべてのデータベースにアクセス可能な管理者としてログオンします。

  3. [File] > [Database] > [Open] の順に選択します。

  4. [Server] ドロップダウン リストから Domino サーバを選択します。

  5. [Choose a Notes Database] ウィンドウの [Look in] ドロップダウンで、Domino データのディレクトリを参照します。

  6. [File name] フィールドに「csucadmin.ntf」と入力します。

    /image/gif/paws/68176/man-upd-unity-lotus-dir-1.gif

  7. [Select] をクリックします。

  8. [Open] をクリックします。

    次のようなウィンドウが表示されます。 左側に csucadmin テンプレートがブックマークとして表示されます。

    man-upd-unity-lotus-dir-2.gif

  9. セカンダリ サブスクライバ アドレス帳として追加するアドレス帳を開きます。 この例では、セカンダリ サブスクライバ アドレス帳の名前として contacts.nsf が使用されます。

  10. [File] > [Database] > [Open] の順に選択します。

  11. [Open Database] ウィンドウの [Server] ドロップダウンで contacts.nsf が保存されたサーバを選択します。

  12. リストから [contacts.nsf] を選択するか、そのファイルを参照します。

    /image/gif/paws/68176/man-upd-unity-lotus-dir-3.gif

  13. [Open Database] ウィンドウで、[Open] をクリックします。

    これらの手順が完了したら、Domino Designer に csucadmin(設計要素を含むテンプレート)と連絡先の両方のブックマークが表示されます。

    /image/gif/paws/68176/man-upd-unity-lotus-dir-4.gif

設計要素の名前変更

更新を実行するには、設計要素を csucadmin.ntf からセカンダリ アドレス帳にコピーします(この例では、セカンダリ アドレス帳の名前として contacts.nsf が使用されます)。 一部の Domino ディレクトリに、すでに、[Subforms] ビュー内の $GroupExtensibleSchema 要素と $PersonExtensibleSchema 要素が含まれている場合があります。 セカンダリ アドレス帳においてこれが該当する場合は、設計要素のコピーを続ける前に、次の手順を実行して既存の要素の名前を変更します。

  1. [Contacts] ブックマークをクリックします。

  2. [Shared Code] をクリックしてから、ブックマーク ビューで [Subforms] をクリックします。

  3. $PersonExtensibleSchema をダブルクリックします。

  4. 変更が失われる可能性があることを示すウィンドウで [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/68176/man-upd-unity-lotus-dir-5.gif

  5. [Design] メニューに移動して、[Subform Properties] を選択します。

  6. [Subform] ウィンドウで、設計要素の新しい名前を入力します。

  7. ウィンドウを閉じます。

  8. $PersonExtensibleSchema サブフォームを閉じ、[Yes] をクリックして、サブフォームを保存します。

  9. $GroupExtensibleSchema に対してこれらの手順を繰り返します。

DUC 設計要素のコピー

csucadmin.ntf から contacts.nsf に次の 8 つの設計要素をコピーします。 これを行うには、csucadmin で 1 つの要素を強調表示して、それをコピーしてから、contacts.nsf に貼り付けます。 8 つすべての設計要素に対してこれを繰り返します。

  • [Forms]

    • Unity の場所

  • [Views]

    • Unity の場所

    • ($UnityLocLookup)

    • ($UnityNameLookup)

  • [Subforms]([Shared Code] の下)

    • $CSUnityDLSubform

    • $CSUnityUserSubform

    • $GroupExtensibleSchema

    • $PersonExtensibleSchema

次の手順を実行します。

  1. ブックマーク ビューの cscuadmin から [Forms] をクリックします。

  2. [Unity Location] を右クリックして、[Copy] を選択します。

    man-upd-unity-lotus-dir-6.gif

  3. contacts.nsf に切り替えます。

  4. ブックマーク ビューで [Forms] をクリックします。

  5. 中央のウィンドウ内で右クリックして、[Paste] を選択します。 Unity の場所の設計要素が表示されます。

    /image/gif/paws/68176/man-upd-unity-lotus-dir-7.gif

  6. 残りの設計要素に対してこれらの手順を繰り返します。 Domino ディレクトリにすでに [Subforms] ビュー内の $GroupExtensibleSchema 要素と $PersonExtensibleSchema 要素が含まれている場合は、これらの要素をコピーする前に、設計要素の名前変更の手順に従ってください。


関連情報


Document ID: 68176