音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager の保留音の音量調整

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager のデフォルトの保留音(MOH)の音量レベルを変更する手順について説明します。 ドロップしたオーディオ ファイルの変換中に、Default MOH Volume Level パラメータによって音量レベルを制御します。 最大および最小の音量レベルはそれぞれ 0 および -48 デシベル(dB)です。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco MOH Audio Translator

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

MOH オーディオ ソースを追加するには、適切な品質の音楽ファイルが必要です。 最適な形式は MP3 または Waveform Audio (WAV)です。 他の形式では、歪んだ音楽などの問題が発生する可能性があります。 Cisco MOH Audio Translator サービスは、オーディオ ソース ファイルをさまざまなコーダ/デコーダに変換し、MOH 機能がオーディオ ソースを使用できるようにします。 Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションのインストール時に、Cisco CallManager によりこのサービスが自動的にインストールされます。

MOH Audio Translator サービスは、入力ディレクトリに保存されたオーディオ ファイルを自動的に変換します。 インストール プログラムはインストール時にディレクトリ C:\Cisco\DropMOHAudioSourceFilesHere を作成します。

MOH Audio Translator がオーディオ ファイルを入力ディレクトリに追加すると、このファイルは 5 つの WAV ファイルと Extensible Markup Language (XML)ファイルに変換されます。 これらのファイルはディレクトリ C:\ProgramFiles\Cisco\TFTPPath\MOH に保存されます。

これらのファイルのサフィックスは次のとおりです。

  • alaw.wav

  • au

  • g729.wav

  • ulaw.wav

  • wb.wav

  • xml

たとえば、オーディオ ファイルが atest.wav 場合、次のファイルに変換されます。

  • atest.alaw.wav

  • atest.au

  • atest.g729.wav

  • atest.ulaw.wav

  • atest.wb.wav

  • atest.xml

図 1 を参照してください。

図 1 – 変換後の WAV ファイル

moh1.gif

MOH 音量調整

Cisco MOH Audio Translator サービスがオーディオ ソース ファイルを変換するときに、[Default MOH Volume Level] パラメータによって MOH 音量がデシベル単位で指定されます。

このパラメータを変更するには、次の手順を実行します。

  1. [Start] > [Programs] > [Cisco CallManager] > [version number] > [CallManager Administration] を選択します。

  2. メニュー バーで [Service] をクリックし、[Service Parameters] を選択します。

    図 2 を参照してください。

    図 2 –[Service Parameters] の選択

    /image/gif/paws/68150/moh2.gif

  3. [Server] ドロップダウン リストからサーバ名を選択します。

    図 3 の矢印 A を参照してください。

    図 3 –[Service Parameters Configuration]: 1

    /image/gif/paws/68150/moh3.gif

  4. [Service] ドロップダウン リストから [Cisco MOH Audio Translator] を選択します。

    図 3 の矢印 B を参照してください。

  5. [General Parameters] セクションの上にある [Advanced] ボタンをクリックします。

  6. [Clusterwide Parameters] セクションの下で [Default MOH Volume Level] を見つけます。

    /image/gif/paws/68150/moh4.gif

  7. 音量を設定します。

    デフォルトは -24 dB です。 最小値は -48 dB、最大値は 0 dB です。 このパラメータを変更すると、60 秒以内に自動的に変更内容が反映されます。

このパラメータの変更は、変更発生時点以降に処理されるオーディオ ファイルにのみ影響します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68150