音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CAR ツールで作成されたレポートにデータが存在しない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、呼詳細レコード(CDR)の分析およびレポート(CAR)ツールで作成されたレポートに一定期間のデータが表示されない原因、および Cisco CallManager 環境での解決方法を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CDR 分析およびレポート

  • Microsoft SQL Server

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.3 およびそれ以降

  • Microsoft SQL Server

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CDRレコードに基づいて呼び出しでレポートを提供する CAR はツールです。 提供されるレポートはゲートウェイを通してユーザ基礎の呼び出し、呼び出し、簡単コール品質および CDR 検索メカニズムが含まれています。 さらに、限られたデータベース管理(DB サイズに基づくレコードの削除)はまた提供されます。 この情報すべては ART データベースにインストールされています。

Cisco Unified CallManager は CDR および Call Management Records (CMR)の各コールに関連情報を記録します。 CDR および CMR は ART における基本情報 ソースとして動作し、ART データベースで保存されます(図を 1)参照して下さい。

図 1 — CDR および ART データベース間の関係

/image/gif/paws/68140/absent-data-car-reports-1.gif

問題

CDR 分析およびレポーティング ツールを実行するとき、レポートはある特定のある一定の時間のデータを表示する。

解決策

ユーザが ART/CAR を使用して日付の範囲のための CDR レポートを実行するとき、報告書作成は 30023 と失敗します: データは日付範囲によって『Error』 を選択 される メッセージに利用できません、または CAR ツールはある特定の日付範囲のための Generate レポートにできません。

SQL データベースにレコードがあったかどうか確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Programs > SQL > Enterprise Manager > Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 して下さい。

  2. Publisher Server > Databases の順に選択 して下さい。

  3. CallDetailRecord 表を CDR > Tables の順に選択 し、右クリックして下さい。

  4. Open Table > Return All Rows の順に選択 し、レコードがあった場合確認して下さい。

レコードを見る場合、問題は CDR データベースおよび ART データベースが同期からあることです。 問題を解決するために原因 1 のプロシージャに従って下さい。 レコードを見ない場合、その時間と日付 範囲のための CDR エントリがありません。 CDR生成のための条件を満たしたかどうか確認するために原因 2 のプロシージャを参照して下さい。 Cisco CallManager リリース 4.1(3) またはそれ以降を使用する場合、問題はまたコメント カラムのコンテンツが 256 文字を超過するとき引き起こされる場合があります。 これが問題のおよび問題を解決するステップのための原因であるかどうか確かめるために原因 3 を参照して下さい。 これらのソリューションが問題を解決しない場合、追加/除去 プログラムからの CDR をアンインストールし、ART データベースを手動で削除し、次に CCM Administration > プラグイン ページからの CDR を再インストールして下さい。

デバイス(MAC アドレス)によって関連付けられる複数のユーザがあればレポートは最後のためのだけ結果にそのデバイスによって関連付けられる「ごく最近の」ユーザを与えます。 たとえばユーザに基づいてデータベースが「最初にとして見る同じデバイスによって関連付けられる 2 人のユーザがあれば」、他のすべての関連するユーザ向けのレポートは空常にです。 これらは CAR/ART 内のデータベース クエリのこれら二つの型を対照するとき留意するべきちょうどいくつかの考慮事項です。 請求を実行したいと思うかまたは CDR の代りの他のレポートが現在「空アップするこれらのユーザで検索すれば」、デバイスによって関連付けられるすべてのユーザを疑わしい調べるために SQL を問い合わせる必要があり次にそのデバイスからによってほしいものを除いてすべてのアソシエーションを取除きます。

Cisco Unified CallManager が作成しなければ新しい CDRレコードは、c:\Program Files\Cisco\CallDetail がパブリッシャ および サブスクライバで共有されることをソース ディレクトリに読み書きにないエラーメッセージ ReadConfiguration は受け取られ、確かめます。 共有された場合、ccmcdr ユーザはこのフォルダに修正する権限があるかどうかセキュリティ設定を確認して下さい。

データは設定される日付からの CDR で利用できます。

原因 1

CDRDetailRecord 表を問い合わせる間、レコードを見れば、CDR データベースはすべての抜けた CDR が含まれています。 ただし、これらの抜けた CDR は ART データベースにありません。 この問題のための根本的な原因は CDR データベースおよび ART データベースが同期からあることです。

これら二つのデータベースを同期するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ART データベースを削除して下さい。

    1. Start > Programs > Microsoft SQL Server > Query Analyzer の順に選択 して下さい。

    2. データベース選択のドロップダウン リストから ART データベースを選択して下さい(の赤い矢印を 2)参照して下さい。

      図 2 — SQL クエリ アナライザ

      absent-data-car-reports-2.gif

    3. これらの SQL クエリ コマンドを実行して下さい:

      • Tbl_Load_History からの削除

      • Tbl_Error_Id_Map からの削除

      • Tbl_Billing_Data からの削除

      • Tbl_Billing_Error からの削除

      • Tbl_Dump_PkID からの削除

      • Tbl_Dump_CallDetailRecord からの削除

      • Tbl_Dump_CallDetailRecordDiagnostic からの削除

  2. Cisco CAR スケジューラー サービスを再開して下さい。

    それは CDR ロード設定によって CDR をロードし始める必要があります。 Cisco は普通 通話処理に影響を与えないように時間後にこのプロセスを行うことを推奨します。

原因 2

レコードを見ない場合、その時間と日付 範囲のための CDR エントリがありません。 CDR生成のための条件を満たしたかどうか確認して下さい。 CDRレコードはこのような状況で作成されます:

  • CallManagerサービス パラメータ CDR は有効に なり、有効に なる コール 診断は本当に設定 されます。

  • コールは確立され、大きい話期間をより 0 過します。

  • コールは失敗し、エラーを反映する原因コードがあります。

CDR生成を有効に するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Service メニューに行き、Cisco CallManager Administration ページから『Service Parameters』 を選択 して下さい。

  2. クラスタの各サーバに Cisco CallManagerサービスを選択して下さい。

  3. システム セクションの下で CDR Enabled フラグにスクロールして下さい。 本当にこのパラメータの値を設定 して下さい。

  4. 診断を Clusterwide パラメータ(デバイス-概要)セクションの下で有効に されて呼出し、このパラメータに本当の値を割り当てるためにスクロールして下さい。

  5. [Update] をクリックします。

  6. システム メニューに行き、Cisco CallManager Administration ページから『Enterprise Parameters』 を選択 して下さい。

  7. Configuration ページ エンタープライズ パラメータの CDR パラメータ セクションにスクロールして下さい。

  8. CDR ファイル タイムインターバル(最小値)のための 1 つを入力して下さい。

  9. CDR 形式のために『CDRs will be inserted into database』 を選択 して下さい。

  10. 値は CDR UNC パスのための CallManagerのインストールの間に設定 されます。 値が空または無効ではないことを確かめて下さい。

  11. Cisco CallManager サーバがスタンドアロンである場合、クラスタ ID のための StandAloneCluster として値を入力して下さい。 さもなければ、Cisco CallManager クラスタの ID を入力して下さい。

  12. ローカル CDR パスのために Cisco Unified CallManager によって書かれているローカル CDR ファイルのためのディレクトリを入力して下さい。 値は空または無効ではないはずですまたは Cisco Unified CallManager は CDR を書くことができません。

  13. Value フィールドをクラスタ化 CDR 接続 ストリングのために空のままにして下さい。

  14. [Update] をクリックします。

  15. theService メニューに行き、Cisco CallManager Administration ページから『Service Parameters』 を選択 して下さい。

  16. Cisco データベース レイヤ モニタ サービスを選択して下さい。

  17. Clusterwide パラメータ(すべてのサーバに適用するパラメータ)セクションの下で最大 CDRレコードにスクロールして下さい。 1500000 として値を設定 して下さい。

  18. [Update] をクリックします。

  19. Tools メニューに行き、Cisco CallManager Serviceability ページから『Control Center』 を選択 して下さい。

  20. これらのサービスがクラスタでそれぞれのために断絶するアクティブになることを確かめて下さい。

    • Cisco RIS Data Collector

    • Cisco Database Layer Monitor

  21. パブリッシャ CallManager の Cisco CDR 挿入サービスをアクティブにして下さい。

時々、911 へのゼロおよび最小期間呼び出しは CDR データベースで(911 が間違ってダイヤルされたように)呼び出しがすぐにハングアップされる場合現れません。 この問題はゼロ期間の CDR パラメータによって呼出されるログ呼び出しが偽に設定 されるとき起こる場合があります。 このパラメータが有効に ならなければ、サーバは CDR データベースのゼロ期間の呼び出しを記録 しません。 これには決して接続されない呼び出しが含まれています。 この場合、CallManagerサービス パラメータに行き、ゼロ期間 フラグのログ呼び出しが本当に設定 されることを確かめて下さい。

原因 3

Cisco CallManager リリース 4.1(3) またはそれ以降では、コメント カラムのコンテンツが 256 文字を超過するとき、CAR/ART レポートを送る試みは 30023:Data を『Error』 を選択 される日付の範囲に利用できません受け取ります。 この問題は Cisco バグ ID CSCsb99593登録ユーザのみ)によってトラッキングされます。

問題がレコードのロードが原因であるかどうか確かめるためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Start > Programs > Microsoft SQL Server > Query Analyzer の順に選択 して下さい。

  2. データベース選択のドロップダウン リストから CDR データベースを選択して下さい。

  3. CallDetailRecord からのクエリ選定された最大値(len(comment))を実行して下さい。 戻り値が以上 256 ある場合、問題を解決するためにステップを実行して下さい。

    1. データベース選択ドロップダウン リストから ART データベースを選択して下さい。

    2. これらの SQL コマンドを実行して下さい。

      • 表 Tbl_Billing_Data を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Billing_Error を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Error_Id_Map を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Load_History を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Event_Log を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Error_Log を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Dump_Calldetailrecord を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Dump_Calldetailrecorddiagnostic を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Dump_Pkid を切捨てて下さい

      • 表 Tbl_Billing_Data を変えますカラム コメント varchar(2048) NULL を変えて下さい

      • 表 Tbl_Billing_Error を変えますカラム コメント varchar(2048) NULL を変えて下さい

      • 表 Tbl_Dump_CallDetailRecord を変えますカラム コメント varchar(2048) NULL を変えて下さい

    3. ローダーをデフォルト ローダー時間を実行するか、または奪取 するために設定して下さい。

    4. CAR スケジューラーを開始して下さい。

原因 4

CAR データが、およびエラー[読み込まなければルート例外は javax.net.ssl.SSLHandshakeException です: sun.security.validator.ValidatorException: 見つけられる信頼できる証明書は DirectoryConfiguration.ini からの DC Directory ログ、ディセーブル SSL および UMDirectoryConfiguration.inias ある特定の inthese ステップに]現われません:

  1. テキスト エディタを使用して、C:\dcdsrvr\DirectoryConfiguration.ini を開き、useSSL=false であることを確認します。

  2. C:\dcdsrvr\Config\UMDirectoryConfiguration.ini を開き、UseSSL=false を確認して下さい。

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Cisco Systems、株式会社 > ディレクトリ設定を参照し、その UseSSL=false を確認して下さい。

  4. Windows サービスからの IIS、Cisco Tomcat および Cisco CAR サービスを再開して下さい。

原因 5

CDR によって報告される呼び出しの数は Cisco Agent Desktop エージェント コール ログで現れる呼び出しの数を一致する。 この問題は CDR データベースのサイズがより多くのレコードが含まれているとき発生する場合があります。 この場合、問題を解決するために圧縮を CDR データベース参照して下さい。

原因 6

Cisco Unified CallManager 4.x から 6.0.1 へアップグレードした後、CAR は CAR データベースに CDR フラットファイルをロードすることができません。 これはまたエラーメッセージ データという結果にではないです選択される日付の範囲のために利用可能終る場合があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. CLI から、このクエリを実行して下さい: 車から SQL 選定された max(Error_Record_Id)を実行して下さい: tbl_error_id_map <value A> は戻りました。

  2. 上記のクエリの結果を <value A> として得、これを実行して下さい: SQL アップデート 車を実行して下さい: tbl_system_preferences が param_value= <value A+1> を param_name='MAX_ERROR_RECORD_ID 設定 した

    たとえば、車からの max(Error_Record_Id): tbl_error_id_map は 101 として 100 つを、使用します MAX_ERROR_RECORD_ID を戻します。

これらのステップが問題を解決しなかった場合、このプロシージャを行って下さい:

  1. Cisco Unified CallManager CAR ページに行って下さい。

  2. システム > スケジューラー > CDR ロードに行って下さい。

  3. 連続的なロードを 24/7 つのボックス チェックして下さい。

  4. ロード CDR 及び CMR エリアに行き、時間間隔をロードして、および期間が正しく設定されることを確かめて下さい。

  5. CallManager サービサビリティ ページに行って下さい。

  6. Tools > Control Center の順に進んで下さい。

  7. パブリッシャを選択し、Cisco CAR スケジューラー サービスを再開して下さい。


関連情報


Document ID: 68140