音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Cisco Unity Connection ディザスタ リカバリ

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2006 年 1 月 31 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity Connection ボイス メッセージおよびデータを Cisco Unity Connection ディザスタ リカバリ バックアップ ツールを使用して定期的にバックアップすることによって、障害時に Cisco Unity Connection ボイス メッセージおよびデータを確実に回復できます。

注: 現在、サード・ パーティ バックアップ・ ソフトウェアは Cisco Unity Connection と併用するための修飾されません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity Connection バージョン 1.1(1) および それ 以降

  • Cisco Unity Connection 障害回復 ツール バックアップバージョン 2.0.6 およびそれ以降

  • Cisco Unity Connection 障害回復 ツール 復元 バージョン 2.0.10 および それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity Connection データをバックアップして下さい

Cisco Unity Connection 障害回復 バックアップ ツールを使用して Cisco Unity Connection データをバックアップして下さい、ツール ターミナルで利用可能である。 (更新バージョンは CiscoUnityTools.com で利用できます)。 データおよび音声 メッセージの規則的 な バックアップを行うためにスケジューリング 機能を使用して下さい。

注意 注意: バックアップ ツールは Cisco Unity Connection システムで動作しませんきちんと実行しない。

障害回復 バックアップ ツールを使用する方法の情報に関しては障害回復 ツール ヘルプを参照して下さい。 障害回復 ツール ヘルプにアクセスできます:

注: 障害回復 ツール ヘルプはツール ターミナルで利用可能の現在バックアップ ツール ヘルプの最初のページだけです。

注: Cisco Unity Connection バックアップに必要なハードディスクの空き容量の量が設定の量によって、ユーザの数決まり、各ユーザが Unity 接続サーバで持っている音声 メッセージの量。

Cisco Unity Connection サーバのリストア データ

Cisco Unity Connection サーバのリストア データ、適当であるこのセクションの手順すべてをする時。

Cisco Unity Connection サーバのソフトウェアを再インストールして下さい

障害回復の間に、Cisco Unity Connection の新しい、フル機能装備インストールにリストア データなります。 バックアップから、復元する原因に基づいて Cisco Unity Connection サーバのすべてのソフトウェアを再インストールしなければならないかもしれません。 たとえば、第 2 RAID アレイが 2 つの RAID アレイを用いるシステムに失敗したら、接続はもはやありませんが、接続 Registry エントリはあります。 これは接続設定が動作することを防ぎます。 すべてのソフトウェアを、Cisco Unity Connection サーバの Windows サーバ 2003 年を含む、再インストールして下さい。 (Cisco プラットフォーム 設定ディスクが付いている Install ウィンドウ、接続設定は失敗します。) Cisco Unity Connection インストレーションガイドCisco Unity Connection 1.x システム章をインストールするための必須タスクの外観では、Part 1 のタスク 7 によって 2 つに任せて下さい: Cisco Unity Connection サーバのインストールおよび設定

注: 電話 システムが影響を受けていなかった場合、タスク 3.をスキップできます。

Cisco Unity Connection Configuration assistant を完了する間、Configuration assistant を終えるためにちょうど足りるだけのデータを入力できます。 たとえば、複数の電話 システムで統合を設定したら、接続データを復元することができる前にこと設定再生する必要はありません。 すべてのコンフィギュレーションデータは Cisco Unity Connection データベースで保存されます。 Configuration assistant の間に入力するどの値でも時バックアップからのリストア データ上書きされます。

Cisco Unity Connection Disaster Recovery Restore ツールを使用するリストア データ

ツール ターミナルで利用可能である Cisco Unity Connection Disaster Recovery Restore ツールを使用して Cisco Unity Connection データを復元する。 更新バージョンは CiscoUnityTools.com で利用できます。

障害回復 バックアップ ツールを使用する方法の情報に関しては障害回復 ツール ヘルプを参照して下さい。 障害回復 ツール ヘルプにアクセスできます:

注: 障害回復 ツール ヘルプはツール ターミナルで利用可能の現在バックアップ ツール ヘルプの最初のページだけです。

復元 SSL 証明書

バックアップ ツールは SSL 証明書をバックアップしません:

  • Cisco Unity Connection に Cisco PCA か IMAP アクセスを確保するためにインストールして下さい。

  • TTS によって Exchange 電子メールにアクセスを設定するとき Cisco Unity Connection サーバの原証明 ストアに追加して下さい。

  • Exchange への設定されたアクセス カレンダーに記録し、連絡するとき Cisco Unity Connection サーバの原証明 ストアに追加して下さい。

その結果、これらの証明書を手動で 復元する必要があります。 Cisco Unity Connection インストレーションガイドの適当なプロシージャをして下さい。

Cisco Unity Connection インストレーションガイドのこのセクションのプロシージャをして下さい
手動で SSL 認証を Cisco Unity Connection に Cisco PCA か IMAP アクセスを確保するためにインストールしました。 保護 Cisco PCA および IMAPSSL 認証を作成し、インストールすることは Cisco Unity Connectionにアクセスします
場合の設定されたアクセス TTS によって Exchange 電子メールに Cisco Unity Connection サーバの原証明 ストアに追加される。 Cisco Unity Connection サーバを TTSによって Exchange 電子メールにアクセスの設定Exchange 証明書を信頼するために設定する方法
Exchange への設定されたアクセス カレンダーに記録し、連絡する場合の Cisco Unity Connection サーバの原証明 ストアに追加される。 Cisco Unity Connection サーバを Exchange にアクセスの設定Exchange 証明書を信頼するために設定することは章がカレンダーに記録し、接触します

再実行して下さい Cisco Unity Connection Network Security ウィザード(別途の音声認識 サーバだけ)を

別途の音声認識 サーバがある場合、接続サーバおよび音声認識 サーバの Cisco Unity Connection Network Security ウィザードをサーバ間の IPsec を再構成するために再実行するのにこのプロシージャを使用して下さい。

Cisco Unity Connection サーバと音声認識 サーバ間の接続を保護するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. G:\Cisco Systems\Cisco Unity 接続\ TechTools ディレクトリに参照し、Cisco Unity Connection サーバの NetworkSecurityWizard.exe を実行して下さい。

  2. 外観 ページで『Next』 をクリック して下さい。

  3. の隣で受け入れます Windows ファイアウォールコンフィギュレーション ページのデフォルト 設定をクリックして下さい。

  4. チェックは IPSec構成 ページの音声認識 トラフィックのための IPSec を設定します

  5. 音声認識 Server フィールドの IP アドレスで音声認識 サーバの IP アドレスを入力して下さい。

  6. 音声認識 IPSec 認証 フィールドのための事前共有キーで 15 文字かより大きいキーまたはパスフレーズまたはパスフレーズ入力して下さい。

    この値が接続サーバと音声認識 サーバ間のネットワークトラフィックを暗号化するのに使用されています。 規定 する パスフレーズかキーを書いて下さい。 トラフィックを暗号化し、復号化するのに接続サーバおよび音声認識 サーバが同じ値を使用する必要があるのでこのプロシージャでそれを以降再度必要とします。

  7. 確認 Pre-Shared Key フィールドのステップ 6 で入力した値を再入力して下さい。

  8. [Next] をクリックします。

  9. 確認ページで『Configure』 をクリック して下さい。

  10. 実行設定 ページで『Next』 をクリック して下さい。

  11. 完了 ページで『Finish』 をクリック して下さい。

  12. 音声認識 サーバの G:\Cisco Systems\Cisco Unity 接続\ TechTools に参照し、NetworkSecurityWizard.exe を実行して下さい

  13. 外観 ページで『Next』 をクリック して下さい。

  14. の隣で受け入れます Windows ファイアウォールコンフィギュレーション ページのデフォルト 設定をクリックして下さい。

  15. チェックは IPSec構成 ページの Cisco Unity Connection トラフィックのための IPSec を設定します

  16. Cisco Unity Connection Server フィールドの IP アドレスで Cisco Unity Connection サーバの IP アドレスを入力して下さい。

  17. 事前共有キーのステップ 6 か Cisco Unity Connection IPSec 認証 フィールドのためのパスフレーズで入力した同じ 15 文字かより大きいキーまたはパスフレーズ入力して下さい。

  18. 確認 Pre-Shared Key フィールドのステップ 6 で入力した値を再入力して下さい。

  19. [Next] をクリックします。

  20. [Configure] をクリックします。

  21. 実行設定 ページで『Next』 をクリック して下さい。

  22. 完了 ページで『Finish』 をクリック して下さい。

注: バックアップが管理者ユーザ向けに動作することになっている時不成功なログオン イベントを参照したら問題を解決するために障害回復 ツール(土)の管理者パスワードを再設定して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68130