音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 7.0

MCS 7815I 3.0 xxx1 および MCS 7815 I1 xxx1(2005 年 3 月前に出荷)DVD-ROM ドライブがブートしないことがある

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

IBM 社製の Cisco MCS-7815I-3.0-xxx1 および MCS-7815-I1-xxx1 サーバの中には、ブート可能な DVD-R や DVD+R ディスクを起動しない場合もある DVD-ROM ドライブが含まれています。 ただし、それらのドライブは DVD-ROM ディスクを起動します。 この問題を解決するには、まず DVD-ROM ドライブが影響を受けているかどうかを判断し、DVD-ROM ドライブのファームウェアをアップグレードする必要があります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は行進 2005 年の前に提供された Cisco MCS-7815I-3.0-xxx1 および Cisco MCS-7815-I1-xxx1 サーバに基づいています。

この問題が発生するのは、JVC/LiteOn(JLMS)製造のモデル XJ-HD166S でファームウェア バージョン DUS1の DVD-ROM ドライブが搭載されているサーバだけです。 これらのサーバの DVD-ROM ドライブには複数の製造会社のものが使用されており、すべてのマシンが該当するわけではありません。 行進 2005 年で始まって、サーバは LiteOn ドライブのための更新済ファームウェア(バージョン DUS2)とまたは異なる DVD-ROM ドライブと提供された。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

DVD-ROM ドライブが影響を受けていたかどうか確認して下さい

DVD-ROM ドライブが影響を受けていたかどうか確認するためにこのセクションの適当な手順を完了して下さい:

Windows がインストールされている場合 DVD-ROM ドライブが影響を受けていたかどうか確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. Programs > Administrative Tools > Computer Management の順に選択 して下さい。

  2. システム ツールを拡張し、コンピュータマネジメントの左ペインで『Device Manager』 をクリック して下さい。

  3. コンピュータマネジメントの右のペインの DVD/CD-ROM ドライブを拡張して下さい。

    DVD-ROM ドライブと CD-ROM ドライブのリストにドライブ モデル JLMS XJ-HD166S がない場合は、サーバにはこの問題に該当する DVD-ROM ドライブは搭載されていません。

    DVD-ROM ドライブと CD-ROM ドライブのリストにドライブ モデル JLMS XJ-HD166S がある場合は、サーバにこの問題に該当する DVD-ROM ドライブが搭載されています。 ファームウェアをアップグレードする必要があるかどうか判別しこのプロシージャと続けて下さい。

  4. JLMS XJ-HD166S をダブルクリックします。

  5. JLMS XJ-HD166S Properties ウィンドウの Details タブをクリックして下さい。

  6. Property リストで『Device Instance ID』 をクリック して下さい。

    [Value] に DUS1 があれば、この DVD-ROM ドライブのファームウェアをアップグレードする必要があります。

    [Value] に DUS2 以降のものがあれば、この DVD-ROM ドライブのファームウェアをアップグレードする必要はありません。

  7. JLMS XJ-HD166S Properties ウィンドウを閉じるために『Cancel』 をクリック して下さい。

  8. [Computer Management] を閉じてください。

Windows がインストールされていない場合 DVD-ROM ドライブが影響を受けていたかどうか確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. サーバを起動、あるいは再起動します。

  2. 「設定されるのための F1 を設定/…」押しなさい時 F1 を押して下さい メッセージが現れます。

  3. 矢印は設定/セットアップユーティリティでデバイスおよび I/O ポートに、および『Enter』 を押します。

    Primary Master の値が「JLMS XJ-HD166S」ならば、このサーバには、この問題に該当する DVD-ROM ドライブが搭載されています。

  4. Configuration/Setup ユーティリティを終了します。

ディスクが DVD-R、DVD+R、または DVD-ROM ディスクだったかどうか確認して下さい

ディスクを回して下さい。 DVD-R および DVD+R ディスクは裏面が(通常は紫か青に)染色されています。 DVD-ROM ディスクでは、焼付けではなくプレスで製造されており、これが金属色になっています。

DVD-ROM ドライブ ファームウェアをアップグレードして下さい

JVC/LiteOn XJ-HD166S ドライブの DVD-ROM ドライブ ファームウェアをアップグレードするためにこのセクションで適当なプロシージャを行って下さい。

Windows がインストールされている場合 DVD-ROM ドライブ ファームウェアをアップグレードして下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity Utilities登録ユーザ専用)のダウンロード ページにアクセスします。

  2. 自己解凍型実行可能モジュール FW_DUS2_LiteOn-XJHD166S.exe をダウンロードします。

  3. FW_DUS2_LiteOn-XJHD166S.exe の内容を解凍します。

  4. DUS2WIN.exe をリムーバブル メディアか、ブート障害のある DVD ドライブが搭載されたサーバのハードディスクにコピーします。

  5. ブート障害のある DVD ドライブが搭載されたサーバで、該当の DVD=ROM ドライブがホスト プレーナー ボードに物理的に接続されていて、さらに関連する IDE ポートがシステム BIOS で有効になっていることを確認してください。

  6. サーバにログオンして下さい起動不可能な DVD ドライブが含まれている。

  7. DUS2WIN.exe を実行します。

  8. 画面上に表示されるプロンプトに従ってください。 リブートは不要です。

Windows がインストールされていない場合 DVD-ROM ドライブ ファームウェアをアップグレードして下さい

次の手順を実行します。

  1. Download ページ他の Cisco Unity の コンポーネントに行って下さい。

  2. 自己解凍型実行可能モジュール FW_DUS2_LiteOn-XJHD166S.exe をダウンロードします。

  3. FW_DUS2_LiteOn-XJHD166S.exe の内容を解凍します。

  4. DUS2DOS.exe を 3.5 インチ フロッピーディスクにコピーします。

  5. 次の手順で、ブータブル DOS フロッピーディスクを作成します。

    1. Windows がインストールされていて 3.5 インチ フロッピーディスク ドライブが搭載されているサーバに、3.5 インチ 1.44 MB フロッピーディスクを用意します。

    2. このフロッピーディスクをフロッピーディスク ドライブに挿入します。

    3. フロッピーディスクドライブを右クリックし、Windowsエクスプローラの形式をクリックして下さい。

    4. チェックは MS-DOS 起動ディスクを作成します

    5. [Start] をクリックします。

    6. プロセスが終わるときドライブから起動可能な DOS フロッピーディスクを取除いて下さい。

  6. 起動不可能な DVD ドライブが含まれているサーバのフロッピーディスクドライブで起動可能な DOS フロッピーディスクを挿入して下さい。

  7. サーバを再起動します。

  8. ブータブル DOS フロッピーディスクを抜き取り、DUS2DOS.exe の入ったフロッピーディスクを挿入します。

  9. dus2dos.exe を入力し、コマンド・ラインで『Enter』 を押して下さい。

  10. [Y] キーを押して、処理を続けます。

  11. そのサーバに DVD ドライブが複数搭載されている場合は、JLMS XJ-HD166S DVD ドライブを選択します。

  12. Enter キーを押します。

  13. アプリケーションが終わるときフロッピーディスクを取除いて下さい。

  14. サーバを再起動します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68089