2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity Connection の Windows Server 2003 をインストールするシスコ プラットフォーム設定ディスクは、サーバにインストールされている RAID コントローラのデバイス ドライバもインストールします。 Cisco プラットフォーム設定ディスクのデバイス ドライバは、RAID コントローラ ファームウェアの選択されたバージョン、および IBM RAID コントローラの RAID BIOS のみと互換性があります。 Cisco プラットフォーム設定ディスクを使用して RAID コントローラ ファームウェアまたは RAID BIOS の互換性のないバージョンを含む IBM サーバに Windows Server 2003 をインストールしようとすると、次のメッセージが表示されます。

The ServeRAID firmware and BIOS installed on your system must 
be upgraded or downgraded to be compatible with the RAID drivers on 
the Cisco Platform Configuration disc.  For information on upgrading or 
downgrading, refer to the Cisco Technical Note “Upgrading or Downgrading 
ServeRAID Firmware and BIOS on IBM Servers” on Cisco.com.

このドキュメントの手順を実行して、RAID ファームウェアと RAID BIOS を、Cisco プラットフォーム設定ディスクでインストールされた RAID コントローラ デバイス ドライバと互換性のあるバージョンにアップグレードしてください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS のアップグレードまたはダウングレード

該当する手順を完了して、RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS のアップグレードまたはダウングレードに必要なフロッピーディスクを作成します。

次に、最後の手順「Cisco Unity Connection サーバでの RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS のアップグレードまたはダウングレード」を完了して、RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS を、Cisco プラットフォーム設定ディスクにある RAID ドライバと互換性のあるバージョンにアップグレードまたはダウングレードします。

互換性のある RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS を含む 4 枚のフロッピーディスクの作成(プラットフォーム設定ディスク リビジョン 2.2.0.4 以降)

次の手順を実行します。

  1. 空の 3-1/2" 1.44 MB フロッピーディスクを 4 枚、用意します。

  2. DVD ドライブと 3-1/2" フロッピーディスク ドライブの両方を備えたコンピュータにログインします。

  3. DVD ドライブに Cisco プラットフォーム設定ディスク 2 またはディスク 4 を挿入します。

    両方のディスクに、同じ RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS が含まれています。

  4. RAID_FIRMWARE ディレクトリを参照します。

  5. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  6. フロッピーディスク ドライブに 1 枚目のフロッピーディスクを挿入します。

  7. DSK4W32.exe を 4 回実行します。つまり、4 つの RAID_FIRMWARE ディレクトリにある .img ファイルにそれぞれ実行します。 たとえば、IBM_FW_1_AACRAID_5.1.0.9247_ANYOS_NOARCH.IMG ファイルに次のコマンドを実行します。ここで、A: は、ローカル システムのフロッピーディスク ドライブです。

    dsk3w32.exe IBM_FW_1_AACRAID_5.1.0.9247_ANYOS_NOARCH.IMG A:
  8. 処理が完了したら、フロッピーディスク ドライブからディスクを取り出します。

  9. ステップ 6 からステップ 8 までを、他の 3 枚のフロッピーディスクおよび RAID_FIRMWARE ディレクトリの .img ファイルに対して繰り返します。

  10. コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

互換性のある RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS を含むフロッピーディスクの作成(Windows Server 2003 プラットフォーム設定ディスク リビジョン 2.2.0.2 以前)

次の手順を実行します。

  1. 空の 3-1/2" 1.44 MB フロッピーディスクを 1 枚、用意します。

  2. DVD ドライブと 3-1/2" フロッピーディスク ドライブの両方を備えたコンピュータにログインします。

  3. DVD ドライブに Cisco プラットフォーム設定ディスク 2 またはディスク 4 を挿入します。

    両方のディスクに、同じ RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS が含まれています。

  4. RAID_FIRMWARE ディレクトリを参照します。

  5. 39Y4858.exe を実行します。

  6. フロッピーディスク ドライブのドライブ文字を入力し、OS2.exe のウィンドウで Enter キーを押します。

  7. ライセンス契約が表示されるまで、繰り返し Enter キーを押します。

  8. Y を押してライセンス契約に同意し、Enter キーを押します。

  9. 3-1/2" フロッピーディスクをフロッピーディスク ドライブに挿入し、Enter キーを押します。

  10. 処理が完了したら、フロッピーディスク ドライブからディスクを取り出します。

  11. Esc キーを押して OS2.exe のウィンドウを閉じます。

Cisco Unity Connection サーバでの RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS のアップグレードまたはダウングレード

次の手順を実行します。

  1. 互換性のある RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS を含む 4 枚のフロッピーディスクの作成(プラットフォーム設定ディスク リビジョン 2.2.0.4 以降)」の手順で、PCD 2.2.0.4 以降でフロッピーディスクを作成した場合は、Cisco Unity Connection サーバのフロッピーディスク ドライブに 1 枚目のフロッピーディスクを挿入します。

    互換性のある RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS を含むフロッピーディスクの作成(プラットフォーム設定ディスク リビジョン 2.2.0.2 以前)」の手順で、PCD 2.2.0.2 でフロッピーディスクを作成した場合は、Cisco Unity Connection サーバのフロッピーディスク ドライブにフロッピーディスクを挿入します。

  2. サーバを再起動します。

  3. PCD 2.2.0.4 以降でフロッピーディスクを作成した場合は、画面上のプロンプトを実行して、アップグレードまたはダウングレードを完了します。 この手順の残りの部分は省略してください。

    PCD 2.2.0.2 でフロッピーディスクを作成した場合は、ステップ 4 に進みます。

  4. [IBM ROM Update Program] ページ上部に [No updates required] というテキストが表示される場合は、Ctrl-F キーを押します。

    これで、IBM ROM 更新プログラムにより、RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS がダウングレードされ、RAID コントローラのデバイス ドライバと互換になります。

  5. Enter キーを押して、ファームウェアと BIOS をアップグレードまたはダウングレードします。

  6. 「デバイス ドライバおよび管理ソフトウェアの、マイクロコードと同じレベルへのアップデート」に関するメッセージが表示されたら、Enter キーを押してメッセージをクリアします。 デバイス ドライバと管理ソフトウェアを更新する必要はありません。

  7. Enter キーを押して、RAID コントローラ ファームウェアと RAID BIOS が更新されたことを確認します。

  8. ドライブからディスクを取り出します。

  9. Enter キーを押してサーバを再起動します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68088