音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager の無応答時着信転送が、パーティション名の変更が原因で失敗する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Call Forward No Answer(CFNA)が Cisco CallManager 環境で動作せず、ソリューションを提供する原因の 1 つを説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

パーティションはディレクトリ番号(DN)および同じような到達可能性特性のルートパターンで論理 グループを構成します。 DN およびルートパターンのようなデバイスはパーティションに一般的にあります。 これらはユーザがダイヤルする DN と関連付けられるエンティティです。 わかりやすくするために、パーティション名は通常特性を、「LALongDistancePT のような」、"LA911PT," 等反映します。 DN かルートパターンがある特定のパーティションに置かれるとき、この操作はどのデバイスがそのデバイスか Route リストを呼出すことができるか規定 するルールを作成します。

問題

コールが入るとき誰も電話に答えて利用可能ではない場合、電話は発信者がハングアップするまで鳴ります。 Cisco Unified CallManager は Cisco Unity 音声メールにコールを転送しません。 それは Cisco Unified CallManager と Cisco Unity 間の通信が壊れていることにようです。

図 1 可能性のある 設定を示します。 カバレッジ/宛先 フィールドの "1000" は矢印 A が図 1 示すと同時に Cisco Unity 音声メールパイロットを表します。

図 1 –自動転送 設定

cfnafailure1.gif

解決策

問題の根本的な原因はパーティション名名義変更です。 それにより前方マネージャは同期およびコール転送から失敗する出ます。 CFNA は Cisco Unified CallManager 4.x のパーティション名を変更する場合そのパーティションのすべての行のためにはたらき終えます。

パーティション名を変更した後、Cisco データベース レイヤ モニタおよび Cisco Unified CallManager を再起動して下さい。

次の手順を実行します。

  1. [Start] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Services] の順に選択します。

  2. Cisco データベース レイヤ モニタを右クリックして下さい。

    矢印 B を図 2.参照して下さい

    図 2 –サービス

    cfnafailure2.gif

  3. ポップアップ ボックスで『Restart』 を選択 して下さい。

  4. Cisco Unified CallManager を右クリックして下さい。

    矢印 A を図 2.参照して下さい

  5. ポップアップ ボックスで『Restart』 を選択 して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68068