音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CDR Analysis and Reporting で日付別のクエリーを実行できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco 呼詳細レコード(CDR)分析およびレポート(CAR)が、最新のデータの表示に失敗する理由、および Cisco CallManager 環境での解決策について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • CAR

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.3 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題 1

CAR を実行するとき、日付までにクエリは時折失敗します。 それ以上のリサーチはこれらの失敗が日付と関連していることを明らかにします。 クエリは古い日付の間はたらきますが、最近の日付のクエリは一貫して失敗します。

エラーメッセージはどちらかそれを言います:

  • データはある特定の範囲によってだけ利用できます。

  • データはある特定の日付までだけ利用できます。

注:  電話が複数のユーザに対応づけられる場合、User レポートを表示できません。

図 1 を参照してください。

図 1 – Query エラー

carfailure1.gif

解決策 1

この問題は Administrator Reporting Tool (ART) データベースと CDR データベース間の同期に関する問題です。 ART データベースは CDR データベースからの更新済毎日ではないし、ART データベースのコンテンツは CDR データベースのそれよりより少ない電流です。

次の手順を実行します。

  1. CDR Enabled フラグをチェックして下さい。

    それはパブリッシャおよびすべての加入者サーバの本当に設定 する必要があります。

    次の手順を実行します。

    1. Service メニューを選択し、Cisco CallManager Administration ページのドロップダウン リストから『Service Parameters』 を選択 して下さい。

    2. サーバ ドロップダウン リストから『CallManager』 を選択 して下さい。

    3. サービス ドロップダウン リストから『Cisco CallManager』 を選択 して下さい。

    4. CDR Enable フラグにシステム セクションの下で行き、ドロップダウン リストから図 2.に示すように『True』 を選択 して下さい

      図 2 –サービスパラメータ: CDR Enabled フラグ

      /image/gif/paws/68010/carfailure2.gif

  2. Cisco CDR 挿入がパブリッシャ サーバでだけアクティブになることを確認するために、これらのステップを完了して下さい:

    1. Tools メニューをクリックし、Cisco CallManager Serviceability ページのドロップダウン リストから『Control Center』 を選択 して下さい。

    2. 左ペインのパブリッシャ サーバを選択して下さい。

    3. Cisco CDR 挿入がアクティブになることを確認して下さい。

      図 3 の矢印 A を参照してください。

      図 3 –コントロール センター: Cisco CDR 挿入

      /image/gif/paws/68010/carfailure3.gif

      Cisco CDR 挿入がアクティブにならない場合、ステップ 3.に行って下さい。

  3. Cisco CAR スケジューラー タスクがパブリッシャ サーバで動作していることを確認するために、これらのステップを完了して下さい:

    1. Tools メニューをクリックし、Cisco CallManager Serviceability ページのドロップダウン リストから『CDR Analysis and Reporting』 を選択 して下さい。

    2. CAR のためのログオン ページのユーザネームおよびパスワードを入力して下さい。

    3. システム メニューをクリックし、ドロップダウン リストから『Control Center』 を選択 して下さい。

    4. CAR スケジューラー タスクが動作していることを確認して下さい。

      図 4 の矢印 A を参照してください。

      図 4 –コントロール センター: Cisco CDR 分析およびレポート スケジューラー

      /image/gif/paws/68010/carfailure4.gif

      シンボルはこのタスクが動作していることを意味します。 このシンボルが四角形である場合、このタスクを開始するために『Start』 をクリック して下さい。

問題 2

CDR レポートは設定された日より数日のためのレコードを示します。

一定量の日のための CDR レポートを表示することを試みるときレポートは実際の設定された日より少数を示します。

解決策 2

Cisco データベース レイヤ モニタの下でサービスパラメータで設定される最大 CDRレコードの不十分な数はこの問題を引き起こす場合があります。

古い CDRレコードは自動的に削除され、CDR レポートの数が最大 CDRレコードで規定 される値を超過するとき最近の CDRレコードは CallManager で利用できます。

Cisco データベース レイヤ モニタ サービスのための最大 CDRレコード サービスパラメータはシステムの CDR レポートの最大数を制限することを可能にします。

1 日 1 回、Cisco Unified CallManager は CDR レポートの数が最大 CDRレコード パラメータで規定 される値を超過する場合システムの CDR レポートの数をチェックし、CDR レポートを削除します。

これを最大 CDRレコード値の変更によって解決するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Service メニューを選択し、Cisco CallManager Administration ページのドロップダウン リストから『Service Parameters』 を選択 して下さい。 サーバ ドロップダウン リストから CallManager Server を選択して下さい。

  2. サービス ドロップダウン リストから『Cisco Database Layer Monitor』 を選択 して下さい。

  3. Clusterwide パラメータの下で最大 CDRレコード パラメータの十分な値を設定 して下さい。

    /image/gif/paws/68010/carfailure5.gif

    これらのステップを完了した後、そして CDR レポートを表示することを試みて下さい。

問題 3

CDR レポートはレコードがおよび Tomcat ログこのエラーにないことを示すことを示します:

java.lang.OutOfMemoryError: PermGen space

解決策 3

この問題は Cisco バグ ID で文書化されています。 回避策は tomcat.service を再起動することです。 なお、この問題を避けるために CAR Web サービスをディセーブルにし、/開始する停止するためにサービサビリティ GUI で利用可能 な他の Web サービス。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 68010