音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager クラスタで管理ユーティリティを使ったパスワード同期確認

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager クラスタの SQLSvc、CCMServiceRW、CCMService、CCMCDR および CCMUser のパスワードの同期を確認するために管理ユーティリティを実行する方法について説明します。

症状

管理ユーティリティ(adminutility.exe)を実行するとき可能性としてはこれらの現象に出会うことができます:

  • パブリッシャの SQLSvc については監査エラーを見ます。 サブスクライバに登録されている電話は Call forward all (CFA)を行うことができません。 サブスクライバからデータベースへの変更を行なうことがまた CCMAdmin ページにできません。

  • AdminUtility は NTサービス アカウントのパスワードが変更された後サービスを停止しないし、開始します。

  • SQLSvc および CCMServiceRW アカウントに関するパブリッシャにアカウント 認証失敗があります。

クラスタのすべてのサーバをリブートするときこれらの現象をすべて解消できます。 これは AdminUtility がサービスを停止しない Cisco バグ ID CSCsb08117登録ユーザのみ)と関連しています。 この問題は Cisco Unified CallManager 4.1(3)sr2 で修正されます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Microsoft SQL

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 3.3(x) および CallManager 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

パスワード同期をチェックして下さい

このプロシージャは C:\Program Files\Cisco\Bin ディレクトリにある AdminUtility.exe を呼び出します。 それを実行するのにパブリッシャ サーバのローカルな システム管理者 アカウントを使用して下さい。 管理ユーティリティは加入者サーバでうまく実行することができません。

Cisco CallManager クラスタの SQLSvc、CCMServiceRW、CCMService、CCMCDR および CCMUser があるようにパスワード同期を確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. [Start] > [Run] の順に選択します。

  2. Run ウィンドウから開いたプロンプトで adminutility を入力して下さい(図を 1)参照して下さい。

    図 1 — AdminUtility を実行して下さい

    admin-util-pwd-synch-1.gif

  3. CallManager AdminUtility ログイン ウィンドウを表示するために『OK』 をクリック して下さい(図を 2)参照して下さい。

    図 2 — Cisco Unified CallManager

    admin-util-pwd-synch-2.gif

  4. ユーザパスワードを入力して下さい(の矢印 A を 2)参照して下さい。

  5. 『OK』 をクリック して下さい(の矢印 B を 2)参照して下さい。 図 3 表示する。

    図 3 — Cisco Unified CallManager AdminUtility -チェック パスワード同期の前

    admin-util-pwd-synch-3.gif

  6. パスワードを同期することを望むユーザをチェックして下さい。

    この場合ユーザパスワードのどれも(同期されないので、の矢印 A によって 3)指される疑問符をチェックしますユーザ全員を参照して下さい(図を 3)参照して下さい。 彼らは SQLSvc、CCMServiceRW、CCMService、CCMCDR および CCMUser です。

  7. Options メニューをクリックして下さい(の矢印 A を 4)参照して下さい。

    図 4 — Cisco Unified CallManager AdminUtility -同期されるパスワードを確認して下さい

    /image/gif/paws/67914/admin-util-pwd-synch-4.gif

  8. ドロップダウン リストから『Check Password Synchronized』 を選択 して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

    Check Password Synchronized ウィンドウは表示する(図を 5)参照して下さい。

    図 5 —同期されるパスワードを確認して下さい

    admin-util-pwd-synch-5.gif

  9. パスフレーズを入力して下さい(の矢印 A を 5)参照し、パスフレーズを再びタイプして下さいの矢印 B を 5)参照して下さい。

    注: パスフレーズは SQLSvc、CCMServiceRW、CCMService、CCMCDR および CCMUser アカウントのためにそれと異なっています。

  10. パスワード同期をチェックした結果を表示するために『OK』 をクリック して下さい(図を 6)参照して下さい。

    図 6 — Cisco Unified CallManager AdminUtility -パスワード同期 チェックの後

    admin-util-pwd-synch-6.gif

    矢印 A と矢印 A 間のパスワードによって同期されるカラムを図 6 図 3 比較するとき、SQLSvc、CCMServiceRW、CCMServiceRW、CCMService、CCMCDR および CCMUser すべてのためのそれぞれパスワードが Cisco CallManager クラスタで同期されることがわかります。 「?」 シンボルは未知数を表し、「Y」は同期されたパスワードを表します。

    注: CCMPWDChanger ツールは、Directory Manager、CCMSysUser、CCMAdministrator、および IPMASysUser のパスワードを変更するために使用します。 時々パスワードを同期するのにそれらが AdminUtility を使用する前にそれがことユーザーが変更パスワード必要となります。 CCMPWDChanger を Cisco Unified CallManager から実行するために、Start > Run の順に選択 し、CCMPWDChanger をタイプし、『Enter』 を押して下さい。

    注: IPMASysUser がアプリケーションログの障害監査を得る場合、CCMPWDChanger のパスワードを変え、IPMASysUser があるようにレジストリキーを確認して下さい。 クラスタのすべての CallManager Server の CTIManagers をリセットして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 67914