音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VT Advantage と IP Phone の通話障害 - ベアラ機能

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、カメラに関連付けられた 7940、7941、7960、7961、7970、および 7971 IP Phone が、Cisco VT Advantage のインストール後にコールを完了できない 1 つの原因について説明し、その解決策を提供します。 この解決策は、ビデオ カメラ アタッチメントを含む新しい 9951 シリーズの IP Phone にも適用されます。

この問題は Cisco Unified Video Advantage のインストールの前にありません。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • VT アドバンテージ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 4.x

  • VT アドバンテージ 1.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Bチャネルは ISDNインターフェイスの基本的 な コンポーネントです。 それはどちらの方向でも 64,000 ビット/秒(64 キロビット/秒)を運びます。

ベアラケーパビリティと呼ばれる番号は ISDNコールのセットアップの間に ISDN Q.931 セットアップメッセージの一部として(正確に「ベアラケーパビリティ」を意味します)送信されます。 この数はエンコードの特定の種類が許可されるかどうか尋ねるネットワーク交換機器へ要求です。 Telco交換機 機器がそれを可能にする場合、これは発信側機器に戻って示され、コールは宛先に試みられます。

この表の最初の 4 つの行は音声コールのためのよくあるベアラケーパビリティを示します。 最後の 3 つの行はコールを引き起こす場合があるよくあるベアラケーパビリティを示しますサード パーティ H.323 デバイスから失敗するために起きる。

bearer cap 情報転送能力 ユーザ情報レイヤ 1 プロトコル
0x8090A2 音声 G.711 u-Lawスピーチ
0x8090A3 音声 G.711 A-law
0x9090A2 3.1 KHz オーディオ G.711 u-Lawスピーチ
0x9090A3 3.1 KHz オーディオ G.711 A-law
0x8890A2 非制限デジタル情報 G.711 u-Lawスピーチ
0x8890A3 非制限デジタル情報 G.711 A-law
0x8890 非制限デジタル情報 64 キロビット/秒(64k データ呼び出し)

問題

Cisco Unified Video Advantage をインストールした後、カメラと対応づけられる 7970 電話からのコールはコールを完了できません。 この問題は Cisco Unified Video Advantage をインストールする前にありません。

接続失敗 シーケンスはここにあります:

  1. コールは 7970 となされますカメラが含まれている。

  2. コールはゲートウェイで到着します。

  3. ゲートウェイは Telco にコールを発信します。

  4. Telco はコールを拒否します。

図 1:トポロジ

7970-fail-vta-bearer-1.gif

解決策

作成されるトレース出力を解析するためにゲートウェイのデバッグ isdn q.931 コマンドを発行するときこれらの項目は識別されます:

  • 情報転送機能—制限されていないデジタル情報。

  • 情報転送 モード—回線 モード 情報。

  • 情報転送 rate — Multirate、64 キロビット/秒基礎比率、比率 = 384 キロビット/秒、== 6 B チャネル。

  • ユーザ情報 レイヤ1 protocol — H.221 および H.242。

この問題は情報転送機能に集中します。 それはゲートウェイと Telco 間の互換性の問題です。 情報転送機能は制限されていないデジタル情報のために設定 されることを ISDN Q.931 セットアップメッセージのベアラケーパビリティが示すのでカメラ レシーブ 単方向音声との 7970 からのコール。 これが起こる原因は、発信側 H323 デバイスが H225 SETUP メッセージ内に非制限デジタル情報の bearer cap を設定するためです。 ゲートウェイは Q.931 セットアップメッセージの Telco に透過的にその情報を渡します。 Telco はこのベアラケーパビリティを処理することができ、コールを拒否します。

ソリューションは Cisco IOS を修正することですか。 ISDN Q.931 セットアップメッセージのベアラケーパビリティを上書きするゲートウェイコンフィギュレーション。 適切ようにスピーチまたはオーディオ 3100 Hz ののためのゲートウェイを設定 するのに音声ポート設定モードでベアラケーパビリティ コマンドを使用して下さい。

ゲートウェイとして動作するこの出力例は Cisco AS5300 のための設定を示します:

test-5300-2(config)#voice-port 0:D
test-5300-2(config-voiceport)#bearer-cap ?
  3100hz   enable 3100hz
  speech   enable speech
esc-5300-2(config-voiceport)#bearer-cap speech



!--- Sample output of the IOS configuration
!--- <some output omitted>.


!
voice-port 0:D
 bearer-cap Speech
!

問題はどんな Telco がサポートするか一致するためにゲートウェイのベアラケーパビリティを修正した後解決します(スピーチかオーディオ 3100 Hz の)。

状況によってはこのソリューションは Cisco Unified Video Advantage から H.323 ゲートウェイ作業に音声コールを作る十分ではないです。 Cisco Unified Video Advantage が登録されている Cisco Unified CallManager のいくつかのコンフィギュレーション変更を行なう必要があります。

H.323 ゲートウェイ領域の方の VT アドバンテージ領域からのどれもに呼び出しのためのビデオ コール帯域幅を設定 するためにこれらのステップを完了しないで下さい。

  1. VT アドバンテージおよび H.323 ゲートウェイが両方属する領域を識別して下さい。 これをするために、デバイスが属するそれからデバイス プールが属する領域を見つければデバイス プールを見つけるために。

  2. Cisco CallManager Administration ページに行き、システム >Region を選択して下さい。

  3. VT アドバンテージが属するクリックし、H.323 ゲートウェイが属する対応した領域のためのビデオ コール帯域幅の下で『None』 をクリック して下さい領域を。

    /image/gif/paws/67141/7970-fail-vta-bearer-2.gif

  4. [Update] をクリックします。

  5. 変更が実施されることができるようにそれぞれ領域のデバイスすべてを再起動して下さい。

Cisco Unified CallManager で VT アドバンテージを設定する方法に関する詳細については VT アドバンテージ 設定例を使用するために CallManager を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 67141