音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CDR データベースのコピーまたは別のサーバへの移行

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、CallManager サーバから別の Microsoft 構造化照会言語(SQL)のデータベース サーバに呼詳細レコード(CDR)データベース(DB)をコピーする方法を説明します。 CDR データベースは QoS、トラフィック、ユーザのコール量、課金、およびゲートウェイの情報を保持します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Microsoft SQL Server

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows 2000 Server

  • Cisco CallManager

  • Microsoft SQL Server バージョン 7 および それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

サポートされたデータ ソース

データ変形サービス(DTS)インポート/Export ウィザードは(OLE) DB Object linking and embedding データ ソース間のデータをコピーする単純な方法を提供します。 送信元および宛先に接続した後、コピーされているデータに変換をインポートしか、またはエクスポートし、適用するためにデータを選択できます。

DTS インポート/Export ウィザードで、これらのデータ ソースに接続できます:

  1. ほとんどの OLE DB および開放型データベース接続 (ODBC)データ ソース、またユーザが指定する OLE DB データ ソース

  2. テキストファイル

  3. Microsoft SQL Server の 1つ以上の例への他の接続

  4. Oracle および Informixデータベース(Oracle または Informix クライアントソフトウェアをインストールしてもらわなければなりません。)

  5. Microsoft Excel スプレッドシート

  6. Microsoft Access および Microsoft FoxPro データベース

  7. dBase かパラドックス データベース

トポロジ

この資料では、データ ソースは DOC2 と指名される Cisco CallManager サーバでありデータの変換先はインストールされる Cisco Unified CallManager なしで DOCS 4 と指名される Microsoft SQL サーバです。 両方のシステム実行 Microsoft Windows 2000 サーバ。

図 1 –データ ソースおよびデータの変換先

movedata_01.gif

CDR データベースをコピーして下さい

CDR データベースをコピーするために、DTS インポート/Export ウィザードを実行して下さい。 それは 2 つのステップで構成されています。

  1. CDR データベースを縮めて下さい。

  2. CDR データベースをエクスポートして下さい。

CDR データベースを縮めて下さい

CDR データベースを縮める 1 つの方法は dbcc shrinkdatabase SQL コマンドを発行することです:

図 2 –圧縮 CDR データベース

movedata_02.gif

  1. [Start] > [Run] を選択します。

  2. Open フィールドでは、cmd を入力し、そして『Enter』 を押して下さい。

    MS DOS ウィンドウは現われます。

  3. 発行して下さい osql - E コマンド(の矢印 A を 2)参照して下さい。

    - E パラメータ要求現在のウィンドウ ログイン アカウントを使用する Windows 認証接続。 これは SQL サーバの例に接続するセキュア方法です。

  4. CDR データベースを指すために使用司令官コマンドを発行して下さい(の矢印 B を 2)参照して下さい。

  5. CDR トランザクションログをバックアップするために no_log コマンドでバックアップ ログ司令官を発行して下さい(の矢印 C を 2)参照して下さい。

  6. CDR データベースを縮めるために dbcc shrinkdatabase (司令官)コマンドを発行して下さい(の矢印 D を 2)参照して下さい。

    DBCC がエラーメッセージを表示する場合、システム アドミニストレータに連絡して下さい。

CDR データベースを縮めることができる 2 つの他の方法があります。 圧縮を詳細については CDR/CAR データベース サイズ参照して下さい。

CDR データベースをエクスポートして下さい

CallManager Server にある CDR データベースをエクスポートするために DTS インポート/Export ウィザードを実行して下さい:

  1. Start > Programs > Microsoft SQL Server > Import and Export Data の順に選択 して下さい。

    DTS インポート/Export ウィザードのための最初のウィンドウは現われます。

  2. [Next] をクリックします。

    データ ソース ウィンドウが現われる選択。

    図 3 –データ ソースを選択して下さい

    movedata_03.gif

  3. データ ソース ドロップダウン リストから、『Microsoft OLD DB Provider for SQL Server』 を選択 して下さい(の矢印 A を 3)参照して下さい。

  4. サーバ ドロップダウン リストから、『(local)』 を選択 して下さい(の矢印 B を 3)参照して下さい。

  5. 認証のためのこれらの 1 つを選択して下さい:

    • CallManagerのバージョン 4.x を実行する場合、使用 Windows Authenticationオプション・ボタンをクリックして下さい(の矢印 C を 3)参照して下さい。

    • CallManagerのバージョン 3.x またはそれ以前を実行する場合、Use SQL Server Authenticationオプション・ボタンをクリックして下さい(の矢印 D を 3)参照し、ユーザ名 および パスワード フィールドに入力して下さい。

  6. データベース ドロップダウン リストから、『CDR』 を選択 して下さい(の矢印 E を 3)参照して下さい。

  7. [Next] をクリックします。

    宛先 ウィンドウが現われる選択。

    図 4 –宛先を選択して下さい

    movedata_04.gif

  8. 宛先 ドロップダウン リストから、『Microsoft OLD DB Provider for SQL Server』 を選択 して下さい(の矢印 A を 4)参照して下さい。

  9. サーバ ドロップダウン リストから、『DOC4』 を選択 して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

  10. 認証に関しては、使用 Windows 認証をクリックするか、またはサーバセットアップに基づいて SQL サーバ 認証を使用して下さいの矢印 C を 4)参照して下さい。 『Use SQL Server Authentication』 を選択 する場合、ユーザ名 および パスワード フィールドに入力して下さい。

  11. データベース ドロップダウン リストから、『<new>』 を選択 して下さい(の矢印 D を 4)参照して下さい。

    作成 Database ウィンドウは現われます。

    図 5 –データベースを作成して下さい

    movedata_05.gif

  12. Name フィールドでは、CDR を入力して下さい(の矢印 A を 5)参照して下さい。

  13. ソース CDR のサイズに基づいてデータファイル サイズおよびログファイルのサイズを調節して下さい(の矢印 B を 5)参照して下さい。

  14. [OK] をクリックします。

  15. [Next] をクリックします。

    規定 表コピーかクエリ ウィンドウは現われます。

    図 6 –表コピーかクエリを規定 して下さい

    movedata_06.gif

  16. ソース Databaseオプション・ボタンからのコピー表およびビューをクリックして下さい(の矢印 A を 6)参照して下さい。

  17. [Next] をクリックします。

    『Source』 を選択 表および意見ウィンドウは現われます。

    図 7 –表および意見を『Source』 を選択 して下さい

    movedata_07.gif

  18. リストされた表すべてを選択するために『Select All』 をクリック して下さい(の矢印 A を 7)参照して下さい。

  19. [Next] をクリックします。

    保存、スケジュールおよび反復実験パッケージ ウィンドウは現われます。

    図 8 –保存、スケジュールおよび反復実験パッケージ

    movedata_08.gif

  20. すぐに動作するか、データを複製するか、またはパッケージを後で実行されるためにスケジュールできます。 この資料の例に関しては、『Run immediately』 をクリック して下さい(の矢印 A を 8)参照して下さい。

  21. [Next] をクリックします。

    DTS インポート/Export ウィザード ウィンドウを完了することは現われます。

    図 9 – DTS インポート/Export ウィザードの完了

    movedata_09.gif

  22. サマリ テキストボックスの情報が正しいことを確認して下さい。 その場合、『Finish』 をクリック して下さい。 さもなければ修正を必要とするウィンドウに達すること必要である、同様に何回も『Back』 をクリック して下さい。

  23. 実行が正常である場合、2 つのウィンドウは現われます。 1 つは図 10)および他が正常な Copy ウィンドウであることを実行パッケージ ウィンドウです(参照して下さい(図 11 参照して下さい)。

    図 10 –パッケージの実行

    movedata_10.gif

    図 11 –正常なコピー

    movedata_11.gif

  24. 図 11. 『OK』 をクリック して下さい

  25. 図 10. 『Done』 をクリック して下さい


関連情報


Document ID: 66974