コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICM MDS バッファの制限を設定するためのベスト プラクティス

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)/ IP Contact Center(IPCC)Enterprise 環境の要件をすべて満たすためにメッセージ デリバリ サービス(MDS)のバッファ割り当てレジストリのサイズを調整する方法を説明します。 またこのドキュメントでは、アップデートおよびメンテナンスの注意事項も説明します。

注: この資料は ICM 7.0 に記憶域管理 ファシリティが変更されたので適用しません。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM/IPCC 企業

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM エンタープライズバージョン 4.6.2、5.x および 6.x

  • Cisco IPCC エンタープライズバージョン 4.6.2、5.x および 6.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

メッセージ バッファ

1 つの MDSプロセスは Cisco ICM ルータおよび Peripheral Gateway (PG)の両方の側で動作します。 Node Manager (NM)プロセスは MDSプロセスを開始します。 MDSプロセスはシステムの側でクライアントにメッセージ交換 機能を提供します。 MDSプロセスはクライアントが送信 する受け入れ、関連した宛先にメッセージを提供しますメッセージを。 MDSプロセスはノードに常駐する割り当てクライアント各クライアントと交信を行うのに External Message Transport (EMT)接続を使用します。

標準 システム オペレーションの間に、MD クライアントはメッセージが着くとすぐメッセージを読み込み、処理します。 異常なイベントにより、たとえば、プロセス再同期化、一人以上のクライアントは不定期間の間休止します場合があります。 そのような期間の間に、メッセージはクライアントで着き続けます。 そのような時に、メッセージはクライアントのメッセージ 待 ち 行列に入ります。 クライアントがより、平均で、入力メッセージをクライアント プロセス メッセージ速く読み込むことを再開するときメッセージは着きます。 従って、インプットキューはゼロに結局縮まります。

MDSプロセスは緩衝域管理方式を設定します。 メッセージがキューにあるとき、総バッファ数は増加します。 クライアントがメッセージを読み込むとき、メッセージはキューおよびバッファ数低下を去ります。 キューサイズはバッファプールの利用可能 なバッファの 90% です。 設定できる最高 水準点は割り当てるように、バッファの最大数をメッセージを並べるために規定 します。 キューに加入するメッセージによりバッファが最高 水準点 レベルを超過すれば場合 MDSプロセスは失敗を宣言し、停止します。

MDSプロセスはメッセージ バッファのプールを維持します。 小さく、中間大きいプールの 3 つのサイズが、即ちあります。 これらのプールはメッセージのさまざまなサイズを取り扱います。 大きいバッファは十分に大きいです最大サイズ メッセージを保持するには。 システムはプロセス グローバル メモリから必要なときメッセージ バッファを割り当てます。 バッファがもはや必要ではない時、システムリリース プロセス グローバル メモリに戻るバッファ。

バッファ レジストリ

MDSプロセス

MDSプロセスに関しては、Cisco ICM バージョン 4.6.2 の最大割り当てられたバッファ レジストリのための運行パスはここにあります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\GelTel\ICR\<cust_inst>\<Node>\MDS\
CurrentVersion\Process

Cisco ICM バージョン 5.x および 6.x の最大割り当てられたバッファ レジストリのための運行パスはここにあります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,Inc.\<cust_inst>\<Node>\MDS\
CurrentVersion\Process

たとえば、図 1 Cisco ICM/IPCC バージョン 5.x および 6.x の PG1A の MDSプロセスの BufferLimit および BufferMaxFree のためのレジストリキーを表示する。

図 1 – BufferLimit および BufferMaxFree のための MDSプロセス レジストリ

/image/gif/paws/66960/BufferLimitGuide_01.gif

MD クライアント プロセス

MD クライアントに関しては、Cisco ICM バージョン 4.6.2 の最大割り当てられたバッファ レジストリのための運行パスはここにあります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\GelTel\ICR\<cust_inst>\<Node>\MDS\
CurrentVersion\Clients\<Client_ID>

Cisco ICM バージョン 5.x および 6.x の最大割り当てられたバッファ レジストリのための運行パスはここにあります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,Inc.\ICR\<cust_inst>\<Node>\MDS\
CurrentVersion\Clients\<Client_ID>

たとえば、図 2 Cisco ICM/IPCC バージョン 5.x および 6.x の PG1A の pgag プロセスの BufferLimit および BufferMaxFree のためのレジストリキーを表示する。

図 2 – BufferLimit および BufferMaxFree のための MD クライアント プロセス レジストリ

/image/gif/paws/66960/BufferLimitGuide_02.gif

メータリング統計情報を取得して下さい

/bin 引数とバッファ統計情報を得るために dumplog コマンドを使用できます。 十分なデータを得るために、データの少なくとも統計情報を表示するために 2 時間の価値を収集して下さい。 統計情報を理解するために、高トラフィック期間の間にデータの少なくとも 1 週を必要とします。 MD データの 2 時間を収集するために発行できる dumplog コマンドの例はここにあります:

C:\icm\lab60\ra\logfiles>dumplog mds /bin /hr 2

dumplog コマンドの部分的な出力はここにあります:


Events from September 20, 2005:
11:51:06 ra-mds MDS Process is reporting periodic overall metering statistics. 

  *** Buffer Pool Statistics ***
  Current / High / Max Allocated Buffers = 374 / 397 / 65536
  Current / High / Max Freelist (Small) = 344 / 345 / 400
  Current / High / Max Freelist (Medium) = 10 / 10 / 10
  Current / High / Max Freelist (Large) = 5 / 5 / 5
  Buffer Allocs Small / Medium / Large / Total = 18938158 / 1043172 / 4749 /
 19986079
    Allocs from Freelist Small / Medium / Large / Total = 18937799 / 1042064 /
 4742 / 19984605
  Buffer Frees Small / Medium / Large / Total = 22322177 / 1060637 / 5161 /
 23387975
    Frees to Freelist Small / Medium / Large / Total = 18938143 / 1042074 /
 4747 / 19984964
  Dups = 3401911

  *** Synchronizer Statistics ***
  Total messages ordered = 4292869
    MDS duplicates = 308
    DMP duplicates = 0
  Local low priority input msgs / bytes = 1119811 / 107490676
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 12 / 3136
  Local high priority input msgs / bytes = 848853 / 24508284
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 2 / 148
  Local medium priority input msgs / bytes = 61373 / 3017131
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 7 / 11480
  Remote low priority input msgs / bytes = 131595 / 9598544
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 15 / 2472
  Remote high priority input msgs / bytes = 6236914 / 65565092
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 8 / 228
  Remote medium priority input msgs / bytes = 318 / 52698
    Current input queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest input queue msgs / bytes = 3 / 7476
  Remote low priority output msgs / bytes = 1118701 / 107385640
    Current output queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest output queue msgs / bytes = 8 / 3136
  Remote high priority output msgs / bytes = 4301262 / 93354648
    Current output queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest output queue msgs / bytes = 7 / 204
  Remote medium priority output msgs / bytes = 61289 / 3012988
    Current output queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest output queue msgs / bytes = 5 / 7476
  Current local low priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 16 / 3168
  Current local high priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0
  Current local medium priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 7 / 11524
  Current remote low priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0
  Current remote high priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0
  Current remote medium priority ordering queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0
  Current low priority timed delivery queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 336 / 32736
  Current high priority timed delivery queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0
  Current medium priority timed delivery queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 32 / 24416
  Clock rate fast / slow / normal = 0 / 0 / 0
  Output waits / notifies = 2641679 / 2642109

  *** State Transfer Statistics ***
  Attempts / Successful completions = 11 / 11
  Bytes received / transmitted = 383710 / 1185727

11:51:06 ra-mds MDS Process is reporting periodic per-client summary meters. 

  *** Client 128 Statistics ***
  Connects / Disconnects = 0 / 0
  Messages / Bytes received from client = 0 / 0
  Messages / Bytes sent to client = 0 / 0
  Current output queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0

  ..
  ..

11:51:06 ra-mds MDS Process is reporting periodic per-client summary meters. 

  *** Client 70 Statistics ***
  Connects / Disconnects = 0 / 0
  Messages / Bytes received from client = 0 / 0
  Messages / Bytes sent to client = 0 / 0
  Current output queue msgs / bytes = 0 / 0
    Highest msgs / bytes = 0 / 0

  ..
  ..

水位標

統計情報の最初の一部はバッファ割り振りのためのウォーターマークを表します。

図 3 –バッファプール 統計情報

BufferLimitGuide_03.gif

意味はここにあり、いくつかのスコープはこのレポート使用を命名します:

  • 最大割り当てられたバッファは使用中のバッファ 番号を表します(のピンク長方形を 3)参照して下さい。

  • 最大 Freelist は(小さい)使用中の小さい Freelist から(割り当てられるバッファを 3)見ますのグリーン長方形を表します。

  • 最大 Freelist (メディア)は使用中のメディア Freelist から(割り当てられるバッファを 3)見ますのブルー長方形を表します。

  • 最大 Freelist は(大きい)使用中の大きい Freelist から(割り当てられるバッファを 3)見ますの黒い長方形を表します。

このレポートは最後の時間の間にバッファ割り振りのピクチャを示します。 最大割り当てられたバッファ レジストリがメッセージ 宛先のため十分であるかどうか確認するのに週か 2 の間にこのレポートを使用して下さい。 2 つの MD バッファ要件は次のとおりです:

  • MDSプロセスに関しては

  • MD クライアントに関しては

ICM バージョン 4.6.2 に関しては、最大割り当てられたバッファ レジストリのための運行パスはここにあります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\GelTel\ICR\<cust_inst>\<Node>\MDS\
CurrentVersion\Clients\<Client_ID>

キーはここにあります:

  • BufferLimit

    BufferLimit は最大割り当てられたバッファを定義します(矢印 A を図 1 参照し、2)計算して下さい

  • BufferMaxFree

    BufferMaxFree は最大によって割り当てられる freelist を表します(矢印 B を図 1 参照し、2)計算して下さい

メータリング統計情報のほとんどの重要な情報は高い割り当てられたバッファの値です(図を 3)参照して下さい。 ターゲットは最大割り当てられたバッファの 65% と 75% 間の値を維持することです。 いつでものために見本抽出された期間の間に、数が 75% より高くなれば、BufferLimit の値を倍増して下さい。

注: 値は 2 の電源常にです。

バッファ割り振り エラーメッセージ

バッファプールが空である時、プロセス終了。 ログファイルはこのメッセージを表示する:

Fail: Buffer Pool Exhausted (xxxx buffers allocated).

注: xxxx はバッファ 番号を表します。 たとえば、1024、2048、4096 等。

ログファイルを表示するのに Dumplog ユーティリティを使用して下さい。

排出されるバッファプール: ケース 1

このログはバッファを使い果たした MD lgr プロセスの例を提供します(の矢印 A を 4)参照して下さい。

図 4 – MD LGR プロセスの Dumplog

BufferLimitGuide_04.gif

問題を解決するために現在の BufferLimit を拡張して下さい。 ただし、それから監視しますエラーが繰り返さないようにするためにプロセスをなります。

排出されるバッファプール: ケース 2

場合によっては、エラーメッセージが現れますが、現在の BufferLimit を拡張することで問題を解決できません。 このエラーメッセージはちょうど現象です。 たとえば、一連のログは MDSプロセスが停止する前に保存されます。 これらのログは MD クライアント間で割り当てられるバッファ 番号とのレポートを生成します。 通常、この数はバッファ割り振りに関連していないクライアントのいくつかの問題で狭くなるあなたのため十分です。

図 5 – MDSプロセスの Dumplog

BufferLimitGuide_05.gif

例は図 5 Open Peripheral Controller (OPC) プロセスのために並べられる 4085 のメッセージがある他のすべてのクライアントはバッファを割り当ててもらいませんことを示したもので。 この例は OPC プロセスが問題の原因である、ない最大バッファ割り振りサイズことを示したものです。

アップデート メモ

時折アップグレードを行うか、またはシステムに重要な変更点を行なうとき、バッファプールは制限に達します。 たとえば、バッファプールは周辺装置を追加するとき制限に達することができます。 この問題を防ぐために、バッファプール制限を高めて下さい。

4.6.2 から 5.0 か 6.0 にアップグレードを行う前に、Cisco は BufferLimit および BufferMaxFree 設定を倍増するために推奨します(図を 1)参照して下さい。 5.0 から 6.0 をからアップグレードするとき 4.6.2 から 5.0 をからアップグレードしたときに設定を倍増した場合 BufferLimit 設定を倍増する必要はありません。 前のアップグレードの間に BufferLimit 設定を高めたかどうか約確実ではない場合、説明されているバッファ使用状況統計情報をバッファを高める必要があったかどうか確認するために取得しますメータリング統計情報をチェックして下さい。

注: メモリ消耗は BufferLimit によって規定 されるバッファが(それらを除いてフリーリストで)事前割当てされないので問題ではないです。 さらに、バッファはシステム ヒープに結局リリースされます。 ただし、非常に大きい BufferLimit は(利用可能 システム RAM と比較される)根本的な通信輻輳を覆い、システム全体を減速できます。 状況によっては、よりよいソリューションはですのでプロセスを BufferLimit がアサートし達する、失敗するために可能性のある リソース制限があるシステムのフォールト トレランス 設計に頼ること。

メンテナンス メモ

アップグレードの後でまたは正常なシステム 保全の間に BufferLimit いくつかの統計情報を監視できます。 これらの統計情報をの前に検討して下さい、システムにあなたの直後に追加 キャパシティかコンポーネントを追加します。 MDSプロセスはバッファプール統計情報を定期的に記録します。 特定のバッファの高い 値が最大に密接である場合、BufferLimit その特定の設定を倍増して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 66960