コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

キュー ノード障害の原因

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)Enterprise または IP Contact Center(IPCC)Enterprise 環境でキュー ノード障害が発生する 3 つの原因について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM 企業

  • Cisco IPCC 企業

  • ICM スクリプト

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 5.x および それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Voice Response Unit (VRU)で 1つ以上のためのキュー コールを送信できます:

  • スキル グループ

  • 企業スキルグループ

  • キュー ノードを使用するスケジュールされたターゲット

エージェントがスキル グループかスケジュールされたターゲットの 1 つで利用可能になる場合、システムはそのエージェントにコールをルーティングします。

単一 キュー ノード内のターゲットの 2 つの型を(たとえば、スキル グループおよびスケジュールされたターゲット)参照できません。 ただし、異なるターゲット タイプにコールをキューに入れるために多重キュー ノードを次々に実行できます。

キュー ノード障害の原因

このセクションはキュー ノードの失敗のための原因を説明します。

理由 1: VRU にコールを転送する失敗

キュー ノードを発行するとき、コールは VRU に転送する必要があります。 コールが VRU に達しない場合キュー ノードは失敗します。

VRU へのコール転送が失敗するかどうか確認するためにこれらの操作を行って下さい:

  • ルート要求 トレースをつけるために RTRTRACE ユーティリティを実行して下さい。

  • ネットワーク VRU トレースをつけるために RTRTRACE ユーティリティを実行して下さい。

  • rtr プロセスのログを調査して下さい。

  • ルート 呼詳細(RCD)を検査して下さい。

原因 2: ルーティング ターゲットは同じ MRD にありません

キュー ノードはまたキュー ノードにあるルーティング ターゲットが同じメディア ルーティング ドメイン(MRD)に属さないと失敗します。 MRD はメディアと関連付けるサービスおよびスキルグループ の 収集です。 ICM ソフトウェアはスキル グループおよび特定のメディアと関連付けるエージェントにタスクをルーティングするのに MRD を使用します。 キュー ノードのルーティング ターゲットが同じ MRD に属さない場合、キュー ノードは失敗します。

キュー ノード障害を引き起こした Dialed Number (DN)がルーティング ターゲットの 1 つと同じ MRD に属することを設定を確認して下さい。

理由 3: キューは最大キュー 長さに達します

キュー領域が利用できない場合、キュー ノードは失敗します。 これらの条件の 1 つが満たされるとき、キュー領域が完全であることを推論できます:

Cal_Type_Half_Hour 表の RouterQueueCallTypeLimitToHalf フィールドか RouterQueueGlobalLimitToHalf フィールドが使用されたコール タイプのための 0 を超過する場合、最大値によって並べられる呼び出し制限の 1 つを経験します。


関連情報


Document ID: 66283